LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

妄想にとりつかれる

moyamoya
はー。
どうやら軽躁状態がまだ続いているようで、昨日は一日中、また考えごとをしていた。
ふつうの人の考えごとと違うのは、意図せず、次から次へとテーマが浮かび、それについて真剣に考えてしまうところである。

従って、第三者から見れば、「この人、一日中ポカンとして、何してるの?」って感じだと思う。
ほんとに一生懸命考えているから、時間がすぐ経つよ。
とにかく、食事以外のときは、ずっと考えている。

昨日はなんだか社会的なことを考えていて、少子化の原因ってなんだろう・・・、とか、空き家問題って、たぶん少子化問題のときみたいに、具体的な策が出ないままズルズルいくんだろうな・・・、とか、子は宝で国力そのものなのに、それをおざなりにしたのは、国会議員その他中枢が、男ばっかりだからだよ・・・、とか、持論を展開していた。
ほんとうのことを調べようとしないのは、これはやっぱり病気で、ほんとうのことを知りたいからではないからだと思う。

それにしても、ちょっと悩ましいのは、「わたしって、人生の最後まで、安心して住むところがなくなるかも・・・」ということである。
マンションを買ったときは、実はマンションってものが、(平均?)寿命が50~60年で、生きている間に取り壊される可能性があるなんて、考えてもみなかった。
というか、誰もそんなこと、あまり考えていなかったんじゃないの?
家って、一生の買い物なのに、わたしが買ったときは、誰一人マンションの耐久年数のことなんて、話していなかった。

もし高齢になって、また二軒目の家を買うか、借家住まいしろって話なら、とんでもない国だよね。
オランダにいた人の話では、その国では、なにもかもが無茶苦茶ボロなんだけど、修理しまくって、丁寧に丁寧に使うんだということだった。
オランダ人から見れば、日本人は、なぜそんなに使えるものを、簡単につぶしてまた次つくるの? って感じじゃないのかな。
ここで「内需拡大」という言葉が、わたしのあたまに浮かぶ・・・。

国力が衰えると、外部からいろんなものが入ってくるんじゃないかと思うんだけど、それが外国人になるのかなあ。
戦争なき侵略というのか、日本国内で、あちこちで外国人や外国文化が拡大していき、ミックスが増え、日本国籍のパスポートを持っている人が減少、日本の象徴・天皇家の形は変わり、ペルー・フジモリ大統領みたいに、ナントカ系日本人が首相になっていたりして、いつの間にかあれ? ここ日本ですか? ・・・みたいになるかもしれないな。
そのとき、わたしは生きているんだろうか。

こういう妄想をしているのは、ふつうの人の妄想じゃなくて、たぶんほんとの病気の妄想。
これでも軽い方です。
ひどいと、妄想がどんどん雲のように膨れ上がって、収集がつかなくなる。
なんか、今日も一日、じっと座ってあれこれ妄想していそうです。





-

300冊の本を整理

hondana

昨日は、母が「マンションの片づけをしよう」と言うので、面倒くさいなと思いながらも、ついていった。
じつは、去年の秋に、わたしは躁を起こして、「持ってる本、全部捨てる!」ととんでもないことを言って、600冊のうち半分くらいを捨ててしまったのだが、この度、生き残った300冊をどうにか回収して、本棚に戻した。

でもこうして見ると、偶然なのか、好きな本はそれなりに残っている・・・。
本棚は2つあるのだが、今回はあふれずに、ちゃんと収まる!
見ていて、気持ちのいい光景だ。
1つの本棚には、ふつーの本やマンガがあって、もう1つの本棚は、「ミナミの帝王」「ナニワ金融道」などの雑誌版、その裏には「美味しんぼ」約100巻が来る予定である。
「ミナミの帝王」「ナニワ金融道」が、わたしは好きなんだよねー。
まともな仕事をせず、カネ、カネと、邪道なアイデアを出して、借金したり、金儲けに目を血走らせている人を、どうしようもないな~と思いつつ、こういう人たちは生命力があって、しぶといなと感心して読んでいる。

そしてわたしは、いったんこうして収まった本は、母が死んで、わたしが孤独になったとき、ひっそりとした部屋のなかで、本棚から静かに抜き取り、ゆっくりとページがめくるんだと思う。
老人が古書を読んでいるのが、なんとなくわかる・・・。
あんな感じで、わたしも老眼鏡を付け外ししながら、じーっと本を眺めていたりするんだろうな。

どんな本を読んでいるかって、その人の内面を推しはかることができると思うので、わたしは誰かに、「こんな本のラインナップですよ、どうですか」と訊いてみたいと一瞬考えたが、「ああそうか・・・、これから自分は一人なんだ」と改めて、いままでの自分ではないことを身に沁みて思った。
この部屋に、誰かを入れるということも、たぶんないだろうな・・・。
元彼Sちゃんは別として、そこまで親しい人をつくってはいけない。
いまのわたしの症状は、安定しているように見えるけど、1ケ月後の自分が、どんなふうになっているかなんて、わからない。

それから、フト考えた。
このマンション、その歳くらいになったら、取り壊しになるんじゃないのかな。
いま、マンションの耐久年数がどーのこーの言っているから、いつかそうなるかもしれないな。
そうすると、わたしは、母が長生きした場合、せっかく本を綺麗に片づけたのに、そこでは満足に楽しめなかったということになる。
何歳のときに、それが起こるのかわからないけど。
やっぱり、未来って想像がつかないな・・・。

実家は狭くてボロなので、300冊を納めることができるかどうかわからない。
2階に置くと、床が抜けるしね。
まー・・・、瓦が落ちかけたボロ家で、破れた黄色い本を読んでいる、白髪のおばあさんでも、わたしはいいけどね。

-

お金の流れと人生ゲーム

jinsei_game

昨日は、いい風に当たりながら、そういえばわたしがこの実家を出て、マンションで発病したあと、お金の流れはどうなっていたんだろう? といまさらながら、考えていた。

発病前は、もちろん覚えている。
薄給なのに、わたしはガツガツとお金を貯め、実家にいるのが嫌なので、マンションを買って、とっとと出ていった。
しかしその数年後、リストラをくらい、うつ病(当時診断)になりながら、この先どうしよう・・・、と思ったのだが、上司に「30過ぎて、資格もなしに独身でやっていくのは無理」と言われ、理学療法士の学校を受験することに決めた。
あとから考えると、このとき受験をせずに、当時持っていた貯金をはたけば、マンションのローンは、ほぼ完済できていた。

でも、そのときのわたしからすれば、いま自分に投資しておかなければ、一生しょぼい事務員だ、という強い抵抗があり、いくら持ち家があっても、それは受け入れられないという感じだった。
まーいま考えても、そういう選択になるな。
自分の一生の仕事が一般事務、しかも今度はかなり格下の会社で、年下の女の子の先輩のもと、地味に終わっていくなんて耐えられなかった。

そんで、理学療法士の学校で、2回目のうつ病(当時診断)発症、倒れる。入院。退学。
もうこのときは、あの世をさまよっていたので、ほとんどの記憶がない。
このへんから、わたしの金銭感覚がなくなったのである。
たぶん、わたしの貯金はほとんどなくなっていたが、両親がどうにかしてくれていた。
その状態が、わたしが、障害厚生年金を受給できるようになるまで続く。

ちなみに、障害厚生年金とは、厚生年金を納めている途中で、ケガや病気で働けなくなった場合、支給されるのだが、発病してから数年間、わたしはこの制度を知らなかった。
こういうことは、調べないと誰も教えてくれないから、困ったときは、いろいろ情報を集める必要があると思う。

思い返してみると、わたしが発病したのが、父が引退してから、わずか3年のことで、せっかく余生を楽しもうとしていた矢先である。
肉体的・精神的にもそうだが、金銭的にも、両親には多大な迷惑をかけてしまった。
結果的に、わたしは彼らの余裕の老後資金を、見るも無残に食いつぶしている。
いまから考えても仕方ないけど、リストラのとき、もしマンションのローンを完済して、事務員になっていれば、病気にもならず、親に迷惑もかけず、まあまあの生活ができたのかもしれないな・・・。

まー考えても仕方ない。
いままでを振り返って、つくづく、人生って人生ゲームそのものだなあ・・・、と思った。
あのとき、こうすれば。このときこうすれば。家族が増えて、家を建てて、お金が増えて。
その間、各自いろんな道を通っているけれど、ゴールで顔を合わせて、「わたしはこんな人生でした」みたいな感じになるのかな。
わたしは、さんざん壊れた車で、家族はいないわ、お金はないわ。
みんなに勝つのはあきらめたけど、ゴールまでのこれからの期間、これまでの教訓を生かして、いちばん自分が好きな道を通っていきたいと思う。

-

返信が来ない

smartphone4

まえに、元彼Sちゃんにラインしてから、一週間経つので、昨日また様子を伺ってみた。
しかし、返事が来なかった。
え? いままでにこんなことはなかった。

確かに、このところ、ラインしても返事が遅くなり、わざと寝る間際に遅らせている感じがしていた。
このまえだって、パソコンが壊れたから、スカイプができないと話してきたが、なんでその話を寝る間際にするんだろう? と思った。
パソコンが壊れていたのだって、怪しい。

昨日はそれで、わたしは「今日もたぶん、寝る間際まで待たされるんだろうなー」とラインを待ちながら、パソコンを見ていたら、なんとスカイプのSちゃんがオンになっていた。
Sちゃんがいま、パソコンを見ていて、しかもそれをわたしに知られてもいいという意思表示だ。
わたしは、えーっ・・・と思い、ちょっとそっくり返ってしまった。
これって、ほんとうの無視だ・・・。

わたしは、案外動揺しなかったが、「これはSちゃんの、堂々たるお別れ宣言だな」と考えてしまった。
ほかに理由が見つかるか・・・。
町内会の事務とか、用事をしていたにしても、ラインに返事くらいするよな・・・。
お父さんが肝臓ガンで即死したとしても・・・、なんでパソコン??

こういう「あーじゃないか、こーじゃないか」という憶測は、大抵ハズレている。
だいたいは、見た目どおりのことが起こっているのだ。
Sちゃんはわたしのラインを無視して、パソコンのモニターに向かっている。
それは、動かない事実だ。

Sちゃんのスカイプは、何時からオンになっていたか知らないが、消えたのは、わたしが発見してから10分後くらいだった。
まだ、寝るにはちょっと早い時間だった。
「緑が綺麗だからラジオを買って、おにぎりを食べよう」って言っていたのは、ほんの一ケ月前なんだけどな・・・。
あれは、酔っ払って気分がよくて、口にしたんだろうか。

どっちにしろ、こんな状態では、わたしが人を振り回すどころか、わたしがSちゃんに振り回される。
病状によくない・・・。
いくら、最後の健常者の友人といっても、離れていくのは止められない。・・・

わたしは、いよいよ友人0かあ、と思った。
人間って、ほんとうに一人でも生きていけるのかな・・・。
それとも、いま一人者が多いし、なんかのタイミングで出会えたりするのかな。

-

シングルの老後資金

tutyou

昨日は、他に考えることがないので、将来のお金について考えた。
またしても、老後の資金についてである・・・。
しかし、老後資金なんて、いくら要るのかわからなくて、困っている人が多いんじゃないだろうか。

わたしは、いまのシングル女性の老齢年金の平均を調べてみた。
ほんとうかどうか知らないが、平均11.2万円。
えー。働いているのに、意外と少ない・・・。
母に聞いてみたら、「平均はあくまで平均だから、わからないわよ」とのことだった。
しかしこれって、生活保護より安い金額・・・、もしほんとうなら、生活保護が叩かれるわけだ。
持ち家じゃなければ、やっていけないよね。

先日、どっかの団地住まいのおじいさんが、生活保護を申請して拒否され、病気で死んだというニュースがあった。
でもその人、書いてあるとおりだと、「年金10万円、家賃1万円ちょい」だったんだよね。
たぶん、普段からお金を貯めておくっていう習慣がなかったんだと思うけれど、わたしは「それで生活保護は甘いでしょ・・・」と思ってしまった。

障害厚生年金を受給しているわたしには、とても心苦しいのだが、シングル女性で、老齢年金11.2万円相当の人は、貯金は大丈夫なんだろうか。
もし借家住まいなら、明らかに足らないので、終身年金保険が必要になると思うのだが・・・。
もちろん、働いているんだから、交際費もあるだろうし、化粧品・美容費もかかるだろう。
そして、なかには必ず、老後の蓄えを達成できなかった人が出てくるはず。
これは、男性でも同様である。
障害者も必死だが、健常者も必死だな。
これからも、生活保護老人は、増える一方だろうな。

わたしは、もうどこかへ旅行へ行ったりするのは、一生あきらめた。
母や元彼Sちゃんに誘われたら、ついていくけど。
この半年間、お金を使ったのは、「デスノート」800円、入れ墨風ネックレス300円、整形外科とアレルギーの薬代だけである。
こういうのは、わたしは苦ではない。
わたしが躁のとき、散財という症状で、ゲーム8本とか買ったりしたが、それも値段が800~3000円だったので、もともとケチな人なんだろうと思う。

それにしても、わたしの頑固なところは、「超高齢社会なんだから、どうにかなるさ」とあきらめきれないところだな。
制度なんて、これからいくらでも変わっていくのに、なんでもっと楽になれないかな。
きっと、一人で生きていくのが怖いから、いまある確かなものに、すがりたいんだろうな。

-

快適・布団生活

futon4
昨日も暇だったわたしは、一昨日の考え事の続きをした。
「マンションに住むにしても、あそこは居心地が悪すぎる」

昔はそれでよかったのだ。
仕事で、家にいることなんて、ほとんどなかったから。
でもいまは、ほとんど家にいる状態になっている。
日当たり悪い、狭い、家具がいっぱいのあの部屋じゃ、しんどいだろうな・・・。

それで、わたしはまず、日当たりの面について考えてみた。
しかし、日照時間だけは動かしようがない。
実家のリビングが北向きで、やたら暗いのだが、そうは感じないので、どうしているのか尋ねたところ、「LEDに変えてから、明るくなってん」とのことだった。
ふーん。この自然な明るさがいいね。
考えたらこれまでは、仕事から帰ったあと、落ち着いて酒を飲むために、リビングはわりと暗めに設定してあった。
でも、いまは酒はやめたし仕事はできないし、このスタイルにいまの自分を合わせる必要はない。
部屋を少しでも明るくするために、電気をLEDに変えるのもいいな。

スタイルを変えるとしたら、オッドマン付きチェアも要らないだろう。
一日中、ゴロゴロするなら、やっぱり腹ばいになれないと苦しい。
最初、「ソファベッドがいいか?」と思ったが、あれも場所を取るしなあ・・・。
もしかしてベストは、外国人も絶賛する「布団」?
布団はたためるし、人が来たときは、押入れにしまえる。
そして、もっとも魅力的なのは、コタツとのコラボである。

まず、リビング全体にラグを敷く。
部屋の適当なところに布団を敷く。
布団の半ばから90°の角度で、コタツを配置する。
朝、起きたらコタツの電気パチン、上布団をたたんで、コタツに入る。

つまり一日中、コタツで寝ている人とあまり変わらないのだが、日本人の生活って、やっぱり椅子じゃないと思うよ。
なんか、地面に座ったり横になったりしたいんだよね。
コタツがあれば、足だけ冷たいー! ってことにもならず、本を読みたいと思えば、そのままゴロン。
怠惰な生活を送るには、ピッタリだなー。

あと、これは重要なんだけれど、うちのマンションのリビングは、窓から空が広く見えないの・・・。
空が好きなわたしにとっては、これは非常に痛い。
空を見たくなったら、いちいち外に出なきゃいけないのか。
この事実に、高齢になってから耐えられるかなー。
その頃になれば、あきらめもついているか・・・。

実家の南向きの部屋は、空がよく見えるので、いまは気持ちよく過ごせている。
ただここは、駅から相当離れていて、買い物がとても不便だったりする。
ゴチャゴチャした駅前か、空のよく見える僻地か。
でもどんなところでも、自分の生活スタイルに合った、創意工夫をできたらいいかなと思う。

-

一人で住む場所

sofa4

昨日は、床に寝そべり、窓を見ながら、「この家に、あとどのくらいいられるかな・・・」とふと考えた。
父が亡くなり、猫も母も亡くなれば、わたしは完全に一人になる。

父母は、わたしに「この家を維持することは、絶対できない」と断言している。
維持って、なにをするんだろうな?
そこをわかっていないところが、まず駄目なんだろうな。
なんでも、町内会のいろいろな役割分担などが、できないだろうということである。
そんなに難しいものなのか?
でも、人付き合いの上手い母でも、「ほんまに嫌やわ」と言っているくらいだから、病気で人に近づけないわたしは、無理なんだろうな。

ここを失くして惜しいのは、やはり小学生の頃から、住んでいた場所だということだろう。
たとえ一人になっても、住み慣れた家と、環境があれば、なんとか耐えていけるような気がする。
誰もいない一軒家で、一人炊事をして、掃除をして、天気がよければ、散歩やジョギング。
南向きの部屋で陽光を浴びながら、のんびりFMを聴いたり、本を読んだり、ネットしたり、昼寝したり。
でもそれは、夢なのかなあ。
建物も古くなっていくし、修理修繕も出てくるだろうし、わたしには対応できない問題も出てくるかもしれない。

わたしは駅前に、マンションを持っているが、これは若い頃買ったもので、いまのところ使っていない。
マンションに速やかに移動しないのは、日当たりと面積の問題である。
母は、「充分じゃないの」と言うが、やっぱり実家と比べて狭いよ・・・。
それに、日当たりの問題は重要で、やはり南向きの方がいい。
以前、同じマンションで南向きの家を見たが、全然明るさが違うんだよね。
なんでわたしが、南向きを買わなかったかというと、じつはお金が貯まったら、2軒目を買う予定だったからだ。
まさか、仕事で干されるとは。
そういうわけで、なんだか中途半端な物件を持っている。

ただ、いつかはマンションに移動しなければならないので、わたしは「家具を入れ替えれば、住みやすくなるのでは」と、いろいろ考えた。
いま、オッドマン付きチェアがあるが、アレををソファベッドに変えたら、ゴロンと横になれて、楽ちんになるな・・・。
あと、歳をとったら、冷えないようにコタツを入れるといいな・・・。
しかし通常のマンション住まいの人は、コタツはどこに置いているんだろうな?
和室? リビング?? テレビはどこに??

そんなことを考えていたら、一日が過ぎていった。
まだ、父も母も猫も、そろっているのにね。
母だって、100歳まで生きないとも限らないのにな。
未来って、先がまったく見えない。
そのなかから、小さな楽しみを見出すことが、希望の一つかもしれないな。

このカテゴリーに該当する記事はありません。