LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

やっちまった感

camera3

先日実家で、わたしが30歳頃の写真が出てきた。
わたしはそれを見て、ドキーッとした。
別人だ・・・! キリッとした眉に、少し落とした視線、ピンと伸ばした背筋、フォーマルな服装、どこを取っても紛れもない一社会人だ。

次の瞬間、「あ・・・! やっちまったかも・・・!!」とギクッとした。
わたしはちょっと前、マンションの書棚を整理していたのだが、そこに20~30代の写真すべてが、残されていた。
それを、なんのてらいもなく、わたしはドバッとゴミ袋に捨てたのだ。
「あれって、もうどこからも出てこないぞ。一生のうちで、いちばん輝いていた時期。これでよかったの?」と、わたしはとんでもないことをしたと気づいた。
そうなのよ・・・、これって、躁の特徴なの。
気が大きくなっているから、家を買ったりローンを組んだり、自分があとで困るようなことをするんだよね。
今回のわたしの場合、お金ではなかったけれど、女のいちばん美しかった時の写真って、一財産といえるんじゃないなあ。
うーん・・・。こうやって、双極性障害(躁うつ病)1型の人は、大きなモノを失い続ける、そのたびに落胆する、の繰り返しなんだろうな。
自分自身の手でやっちまうんだから、後悔も大きいんだよね。
こういう人生だと思って、グズグズ泣きながら耐え忍ぶしかないんだろうな・・・。

一応、フェイスブックに一連のことを書いて、これからは安全なように、こちらにアップしますと書いておいたら、高校の同級生(女)が反応してくれていた。
ということは・・・、わたしはもう行っていない高校陸上部の同窓会で、彼女がわたしの近況を話すだろうか。
「ゆみ、なんかおかしいで。フェイスブックで、20~30代の写真、全部捨てたって。この延長線上に、自分はいないからって。なんかあったのかなあ?」

たぶん、この話で凍りつくのは、その20~30代、わたしと親密にしてくれていた、独身4人組だろうと思う。
当時、社会の第一線で活躍し始めた彼女らは、わたしがいつまで経っても社会復帰しないので、「ゆみは働きもせんと、家でなにしてんの・・・」と次第にわたしを突き放し、気まぐれにメールに返信したりしなかったり、わたしの意見はなかったことにしたり、2人になると返事だけになったり、自分たちがまるで社会のお荷物と付き合ってあげましょう、といわんばかりの、どこか一方的な関係になっていった。
でも、そういう冷遇をされていたことに気づいたのは、10年以上経ってからである。
嫌がらせも言われたみたいだけど・・・、わたしは鈍感なので、そのときは気づかなかった・・・。
まー20~30代の写真を、全部処分したとわかれば、彼女らだって「楽に生きていたわけじゃないんだ」となにか気づくだろう。
わたしが病気を通して言えることは、ふつうにしている人でも、結構思い詰めていて、突然人をびっくりさせるようなことを起こすかもね、ってところである。
出家か自殺みたいなこととか。
「もう、あんたらとの過去は捨てたよ」って、どっかの暗闇に入っていくようなことね。

わたしは数ヶ月もまえから、「もう、健常者との付き合いは、基本これから無理だな・・・」と思っていたので、写真を捨てたのは、きっとそういう心理が働いたのかもしれない。
まさに、健康だった日々との決別。
でもなぜか、もう終わりだ・・・、みたいな悲壮感はない。
周りが、「そんなに人生を悔やんでいたの?」と顔を見合わせるようなことでも、「いや、なんとなく要らないからと思って」って感じなんだよね。
不幸の渦中にあるときって、むしろ不幸を感じないのかもしれないな。
それでも躁うつ病というのは、大事なものをなくす病気だから、今度からは気をつけて、大きな行動を起こすときは考えてからにしようと思う。

-

一人きりの昼・夕食

pureto

マンションから実家に戻ってきたものの、わたしはスッキリしたわけではなかった。
昼食は、母と向かい合わせで食べる。
彼女はわたしに何か話したそうにしていたが、わたしはあらぬ方向を見たまま、菓子パンを頬張っていた。
親と食事しているときが、いちばんイライラするのだ。
わたしは、このままじゃ駄目だと思った。

昼過ぎ、母といつもの散歩をしているとき、わたしは「じつは」と切り出した。
「具合が悪いねん。春のせいやと思う。食事のときが、いちばんイライラするねん」
「あら・・・。そうやなあ、春は毎年、よくないなあ」
「テレビの音とか、ママさんと父親がしゃべってる声とか、しんどいねん・・・」
「そうやったら、ごはん別々で食べたらええやん。自分のぶんだけ、2階に持ってあがり」
「そう?」

ということで、わたしはその夕方から、2階の自室で、昼食・夕食を食べることになった。
これって、H主治医から言わせれば、「また、お母さんに迷惑をかけていますね」ということになるのかもしれないが、このままイライラしながら食事を続けると、必ずよくないことが起こると思った。

さっそく夕食を、自室に持って入って食べる。
静かだ・・・。南向きの窓が見える。
最初の刺身を食べたところで、わたしはぼーっとしてしまい、たまには箸がまったく止まった状態で、ゆっくり食事をした。
ああ、そうかあ・・・、わたしは考えごとをしながら、のんびり食べたかったんだな。
いままでは、神経をハリネズミのように尖らせて、ごはんを口に押し込んでいたんだ。
あれじゃあ、疲れるよなあ・・・。

それにしても、これは躁の症状で、イライラするんじゃないかと思うので、今後はイライラする人へ気持ちをぶつけるのではなく、季節のせいにするのがいいなと考えた。
だがもし、母親と二人生活になったら、大変だな・・・。
こんな状態で、母の面倒をみることになったら、ほんとうにマンションに逃げていかなければならないのでは・・・。

サテ、このような状態を、H主治医にカルテに書かせると、以下のような感じになると思う。
「母親に対する嫌悪感があり、食事は一人で自室で摂る。日常生活のほとんどは、母親が面倒をみている」
――これじゃ、普通のひきこもりみたいで、なんか違うような気もするんだけど、よく読むとやっぱり事実・・・、というのが、精神科の診断書の不思議だ。
「交代人格が現れたんです」じゃ、カルテに書かないけれど、「交代人格が出たって、元彼が言ってました」は、カルテに書かれる。
つまり、本人の訴えだけじゃなく、客観的に何かが起こったときの話が、優先なんだな。
今回は、わたしはまったく狙っていないけれど、マンションに一度戻ったということと、実際に両親と食事をべつにしたという事実が、H先生にとっての診断基準になるのではないかと思う。

食事時のイライラは、一応このまま回避できそうだが、ちょっと気になるのは、母が「調子がよくなったら、またみんなで食べよう」と言っていることである。
えー・・・、それは・・・、無理じゃないかな・・・。
要は、テレビの話題で盛り上がっている人をまえに、ごはんを食べたくないのだ。
末期ガンの父は、ガンとわかってから、「みんなでごはんを食べよう」と決めたが、これを実行し続けなきゃいけないんだろうか。

わたしはカルテの訂正をした。
「父母に対する嫌悪感があり、父の死後も、食事を一人で自室で摂る。日常生活のほとんどは母親が面倒をみており、本人に介護等の能力はない。社会的機能復帰は困難である」
まーこのくらいじゃすまないだろうな。
だって、これから障害年金審査のある2年のあいだ、わたしはほかの迷惑行為を、たくさんやるに違いないから。
双極性障害(躁うつ病)1型って、自覚なしに人を振り回すんだよね。
2年後の、日本年金機構に提出する診断書が、怖いわ・・・。

-

マンションで思索する。

syoumei

昨日から一泊で、マンションに帰っていた。
久しぶりに、オッドマンチェアに身を沈めると、そういえばこれ、いつも元彼Sちゃんが座っているから、わたしは使えていなかったなーと思い起こす。

健康な社会人だったとき、わたしはここで、平日はドカーッと座って疲れを癒したり、土日は36時間連続ゲームをしたりして、なにかとお世話になったものだった。
目のまえには、相変わらずマティスの複製があるし、ダイニングもサイドボードも、なにも変わっていない。
この部屋に初めて入居したとき、わたしはウキウキして、あちこち飾りつけたり、家計簿に将来設計を書いたりしていた。
いまの自分なら絶対できない、生活の楽しみ方と軽い労作だ。

現在のわたしが、あの頃のわたしに、その後の運命を言うとしたら、どんな感じだろう。
どうしても、残酷になるな・・・。
「あなたはまもなく、とんでもないストレスで発狂するよ。そして当分は、精神病院に出たり入ったりの生活になる。働くどころか、両親の世話にならなきゃいけない。信じられないけど、あの親友たちも離れていくよ。死ぬまで精神障害者ってことだけど、たぶんこれには、なんか意味があるんだろうね・・・」

死者がときどき、生きている親族に幻の声をかけるみたいに、わたしの声が、あの頃の自分に届けばいいのになあ。
そうすれば、彼女は「なんとか回避する方法はないか」って、考えるだろう。
・・・・・・ふう。
いまさら、そんなことを考えても仕方がない。

その後、本を読んだり、昼寝をしたり、お風呂に入ったりたりして、気を紛らしていた。
そんなあと、電気カーペットの上に寝そべっていると、ふと、ここに一人で住むのがいいかもなーと思えてきた。
経済的には、次回の障害年金審査を待つことになるし、その後もかなり苦しくなる。
それに実家には、可愛がっている13歳の猫がいる。
うーん・・・。
いや、こういうことは、すぐに決めない方がいい。
徐々に、マンションに比重を移して、とかだな・・・。

翌朝になり、パンを買いに外へ出たのだが、その帰りの駅前公園では、出勤途中の会社員が、パラパラと向かってきた。
「ああ、昔、こういう人たちの間にいたんだよね」と懐かしく思った。
そしてわたしは、いったんマンションに帰り、ゴミ出しをしたのだが、そこでまた、出勤途中の女性会社員を見て、目を奪われた。
いいコートを着ている・・・。味のあるデザインで、素材的にもこれは高い。
昼間のスーパーには、絶対いない人種。
綺麗な人だな・・・、綺麗な人だな・・・、と彼女が消えていくまで、後姿を見ていた。
なんだか昔、同じようにいいコートを着て、足早に出勤していた自分を思い出した。
ほんとうにあの頃、自分がこのまま未来に続いていくんだと信じていたなあ。
だいたい何%の人が、思ったとおりの道を歩んでいるんだろうな。
わたしはやっぱり、かなり脱線した方なんだろうな。

-

小学2年生の殺意

knife

昨日のエントリーを書いてから、具合が悪くなってしまった。
幼少時のことを、思い出してしまったのだ。
母の顔色を後ろから伺い、ビクビクと話しかける自分、意味もなく家の外に出され、お向かいのおばちゃんが「中に入り」と庇ってくれたこと、創価学会の部屋に引きずり込まれて、ワンワン泣いて助けを求めているのに、せせら笑って見ていた母への絶望、憎々しげに歪んだ鬼の形相と、毎日のように繰り返される怒号の嵐。
気のせいじゃないよな・・・。

呪縛だ・・・。
いまはもう、母も優しいおばあさんになっているのだが、彼女がニコニコと笑っていると、ほくそ笑んでいるように見える。
この人を守らなきゃとか、この病気になってから、さんざん暴れたから、もう気はすんだでしょ、とか考えるのだが、幼少時の呪縛ってすごい。

わたしは暗いこころで、小学2年生のとき抱いた、母への強烈な殺意について考えた。
次の瞬間、「ヤバッ!!」と思った。
いまのわたしには、解離による交代人格がいて、そのなかにはH先生には言っていないけれど、「暴れる人(わたし命名)」がいるのだ。
この人はとても厄介で、母に暴言を吐くわ、妹夫婦を脅迫するわで、そのたびにわたしは「知らん」と言っていたのだが、「忘れるはずがないやろ!」と憎しみを込めて言われるので、いまは「ふーん」と言うことにしている。
言い添えておくと、わたしは解離性同一性障害(多重人格)ではない。
いまのところ、診断名は「解離性障害」である。

ヤバいと考えたのは、「暴れる人」が、もし小学2年生のときの「大人になったら必ず、母親を殺す」を実行したらどうすんの!? ということである。
その想像に、わたしはゾーッとした。
じつはその日の夕食時も、両親に一切触れたくなくて、ごはんも半分しか食べていないし、「もう、この場所から逃げたい!」というストレスで爆発しそうだった。
そして、真っ先に自室にこもり、ゾワゾワと過去を思い出して、「ヤバい、ヤバい・・・」と考えたのだ。

とにかく、この家にこのままいたら、まずい! という気持ちが先行した。
デイケアに行く・・・、いや、もっと一人になれるところがいい。
わたしは、自分のマンションに、ちょっと帰ってみようかと考えた。
できれば一泊くらいして・・・、はぁ・・・。
だけど、こんなことを、ずっと続けることになるんだろうか。

わたしは、ガンの父が死んだら、母と仲良くやっていこうと思っていた。
でも、なんかとても不安に思えてきた。
そして、「ああ、自分はなにもかも放り出して、一人になりたい!」と思った。
そもそも、嫌いな母親からすぐに逃げ出すため、社会人になってからマンションを買い、とっとと実家を出て、自由を満喫していたのだ。
あの頃みたいに、自由になりたい。
でも、いまは実家に猫がいるしなあ・・・、経済的にはギリギリアウトくらいだなあ・・・。

とりあえず、今日はマンションに行ってみる。
なんといっても、この病気は浮き沈みがあるし、また日が経てば、気が変わっているかもしれない。
家事手伝いとか、慣れないことをしていたから、疲れたのかもしれないし。
でも、母のことが好きになれないっていうところは、たぶんこれからも変わらないだろうな。
うまく折り合いをつけるか、別々になるか、どっちかだろうな。

-

母の怒号と解離性障害

futago2

なんとなく、H主治医のことを考えていて、「あの人ほど、あたまの回転のいい人、見たことないなー。まるで、しゃべった瞬間から、終わりの一句が読めているようなんだなー」と思った。
それは、ほかの患者さんも言っていて、「まさに自分が言ってほしいと思っている言葉を、投げかけてくれる」とのことだった。
IQ=170の人が、「人が自分に何を言ってほしいかわかるから、しんどい」と書いていたから、H先生もそんな感じなのかな。
ふーん。
H先生は、自分のその特性を生かして、精神科医になったのかもしれんな。

そんな思案をしていたら、「そういえば、アレ?」と思い浮かぶことがあった。
先日の診察のとき、わたしは母のテレビや買い物についての、イライラをぶつけたのだが、H先生は、診察の終わりに思い出したかのように、「ちっちゃいゆみちゃんは出てませんね?」と訊いた。(※ちっちゃいゆみちゃん=5歳くらいの交代人格。)
「出てません」と言ったが、わたしはなんで唐突に訊いたのかなと、不思議に思った。
H先生はあたまが良すぎるから、無駄なことは一切しない。
これには、なんの意味がある・・・。

だいたい、解離っていうのは、虐待とかPTSDによって、引き起こされる。
わたしは虐待を受けていないから、理学療法士の学校で実習中、倒れたのがPTSDになっているんじゃないかと思っていたけれど、ちょっと理由としては弱い感じもしていた。
そこで、過去に先生に話したデータを思い出してみると、「母親のことが好きじゃない」と言ったことが浮かんだ。
「双子の妹もそう言ってました。母親が優しいとかって知ったのは、大人になってからです」

H先生は、じーっと見ていたように思う。
もっと言うと、わたしは小学2年生のときに、母親を殺そうと決意したことがあるんだけれど、そのときは身体が小さかったので、「大人になったら必ず」と誓った。
でもこんなの、子どもはみんな一度は考えるんだと思っていたし、いまもそうなんじゃないのかなと、ちょっと思っている。
ちゃんと言うことを聞いているのに、「あっちの□□ちゃんだったらよかったのに!」と罵られたり、可愛くてたまらないというよりも、憎悪をもっていびるような感じがあったり。
いつ来るかわからない、ヒステリックな怒号と険しい恐ろしい顔・・・、どうやら向こうは優しくしてあげたと思っているみたいだが、子どもとしては、まるでその実感がない。

わたしはムッと考えた。
もしかしてH先生は、「解離の原因がどこかにある」→「お母さんが嫌い+ストレスがかかる」→「5歳に戻って甘えようとする」という図式を構築したのでは。
わたしは、ちっちゃいゆみちゃんと同じあたまの中にいたことがあるんだけれど、彼女はおにぎりを頬張って、「うんちょ、うんちょ」って頑張ったりして、すごく可愛いんだよね。
あの、いじらしくていたいけな子は、わたしが守ってあげたい。
あれ? すると、わたしが母親に甘えたいっていうのとは違うな・・・。
むしろわたしは、あの子を母親のまえに出したら傷つけられるから、可哀想、それは駄目だって思っているんだけど。

でもあたまが高速回転なH先生が、イライラとゆみちゃんを繋げているんだから、なにか関係があるのだろう。
それよりも、わたしはいろいろ考えて、ちょっと不安になった。
ガンの父が死んだら、その後は、母との二人生活になる。
いま、力関係はわたしが上になっているが、もともとは恐怖政治を強いられて、嫌な人だと思っているから、続くんだろうかとちょっと気になる。
ましてや要介護なんかになったら、昔の仕返しとばかり、ガミガミ怒鳴りちらして、「あっちの老人の方がよかった!」とか言うかも。
嫌だな・・・。暗い未来は想像したくない。
また、H先生にそういう相談をした方がいいかもなー。

-

旧家の執念

haka2

昨日、元彼Sちゃんと話していたら、先祖代々の墓の話になった。
ちなみにSちゃん一族は、室町時代から続く旧家で、Sちゃんはその当主である。
わたしはまえから、Sちゃんが、最近できた新興住宅の人々を、自分たちと明らかに別物として見ているなと思っていたが、それだけじゃなく、一族から結婚などで離れていった人々に対しても、もーこっちの人間じゃないんだから出ていけって、忌まわしく思っているのを発見した。
あれ? こんなことって、当たり前だったの??

「そこの家は、□□家と△△家だったんだけど、娘が結婚して、同じ敷地内に××家の墓ができちゃったんだよ」
「? お墓ってそこの家のことじゃないの? なんでSちゃんが関係あるわけ?」
「管理料とか要るでしょ。俺の前の代までは、ひいじいさんの嫁がこの人で、とかみんなわかってたけど、いまは俺しか知らないんだよ。だからこれから、家系図をつくらないと駄目なわけ」
「管理料ってそんなに莫大なん?」
「1,000円」
「1,000円??!!」

ということは、管理料が問題なんじゃないんだな。
要するにSちゃんは、一族の外に出たくせに、一族の敷地に墓を立てている××家が、気に入らないのだろう。
はぁ・・・、確たる墓もない根なし草のわたしとしては、商魂? たくましいですねえという感じである。
「じゃあ、これからどうすんの?」と尋ねてみたら、Sちゃんはムッとして、断固とした口調で言った。
「2年後に警告する。それで、5年後に出ていかなきゃ撤去する」

なんか、ここまで来ると笑えてきた。
旧家ってへん。
新興住宅の人々が若い人ばかりで、自分たち一族の墓のことを知らないのも、気に障っているようだ。
なんに関しても、冷静で寛容なSちゃんが、旧家としての誇りに、ものすごいこだわりを持っていることに、申し訳ないが、こころのなかでブルブル笑っていた。
Sちゃんが昔の親戚を、ズラズラ挙げていたときに、そのうちの一人に「なかぞうさん」がいるのを聞いて、ついに爆笑してしまった。
なかぞうさんって・・・、面白い名前・・・、ごめんなさい、なかぞうさん。

ついでに、話を振ってみた。
「跡継ぎはどうすんの? 娘さんばかりだよねえ」
「三女」
「三女の旦那って、全国飛び回ってんでしょ。ほんとに継ぐの?」
「それは、ちゃんと言って聞かせたから」
「大丈夫かなあ(←意地悪)」
「大丈夫。なんかあったら、俺が、娘と孫を守るって言ってある」
「えー!! 守るのは旦那やろ・・・」
「相続権は、娘にあるからね。その次は孫。血の繋がってない人間にはないよ」

うわー! なんか怖いこと言ってない? この人!!
ふつう、一家の構成は、親と子どもでしょ・・・。
ここは、祖父と娘と孫なのね。
お父さん、可哀想・・・。次世代をつくるためだけに一族に迎えられた人。
もしかして、全国を飛び回っているんじゃなくて、逃げ回っているんじゃないの。

ちなみに、後継が3女になったのは、3人でジャンケンで勝ったという理由らしい。
ジャンケンというのは珍しいと思うが、「勝った人」というのも、わたし的には「アレ?」という感じだった。
それこそ墓の管理とか、面倒くさいとか思わないのかな・・・。
旧家の人の考えることはわからない。

その後、Sちゃんは罪滅ぼしのためか、3女の旦那には、刀とか掛け軸(数万円相当)をあげようかなと言っていたが、「そんなもん、誰も要らんと思うよ」とだけ言っておいた。
まったく、ブルジョアはセコイなー。
一族の血統と財産と墓を守りぬくための執念は、はたから見て笑えるよ。

-

テレビが嫌い

Mobile-TV

今日は、診察&デイケアに行った。
診察では、最近イライラしていることを、H主治医にぶちまける。

「家事手伝いを続けていますが、そのことでストレスが溜まるんです! わたしはテレビが嫌いなんですけど、母といるとテレビがずっと点いていて、しんどいです!」
「テレビ? どこが気になるの?」
「作り手が、ここで笑わせてやろうとか、こうしてやろうとか、見え見えなんです!」
「べつに、わはは、でえーやんか。何それ? テレビが、どんなふうなん?」
「邪魔、です! うるさいんです。目は動くものを勝手に追いますよね? だから、見たくもないものを、見せられるんです」
「邪魔って言うてもなあ・・・」
「ほんとにテレビが嫌いなんです! 小学生のときから見てないです。だから、もともと嫌いなんです!」
嫌いだ嫌いだと叫んでも、どうしようもないのだが、精神科医には、全部を話しておいた方がいい。

すると、H先生が大声を出した。
「小学生から?」
「はい」
「本は読む?」
「本は読みます。紙は大丈夫です」

・・・これって、なんかの発達障害を疑われた?
わたしは、それはさすがにあり得ねーだろ! と、それこそH先生のあたまの中を疑った。
しかしたぶん、医師として、患者の経歴はともかく、聞いておかなければならない事項だったのだろうと、考え直した。

その後、デイケアに行ったのだが、偏差値の高い人(すごい言い方)に、「本を読めるかって訊かれたんですけど、失礼ですよねー」とぼやいた。
「読めない人なんか、いるんですかねー」ともう一つ言ったら、その人は黙り込んでしまったのだが、あ・・・、このなかにはいるかも・・・、つっか、いるよね・・・。
それにしても、本を読めない人と一緒にいるって、やっぱり堕ちた感じがするなあ。
そんなことを言ってはいけないと言う人は、自分がその身になってみろと言いたい。
H先生からみれば、本を読めない人もわたしも、同類なんだろうな。
まーこの件に関しては、前述偏差値の高い人も、同じ悩みを抱えているかもしれない。

くよくよと考えながら、人と話していたら、そのうち、あ? と思いついてしまった。
「もしかして、映像が見れないという、発達障害があるのでは・・・」
だとすれば、H先生がピクっと反応したのも、納得がいくかも・・・。

映像を受けつけない障害ねえ・・・。
わたしの場合、まったく見れないわけじゃないけれど。
過去に一人だけ、同じようにテレビが見れない人がいた。
たまに出る発達障害なのかもしれない。
日常生活に支障をきたさないだけの話だったりとか・・・。

帰り際に、デイケアのスタッフにも、テレビが苦手な件を話してみた。
すると彼は、「そんなん、うちの子も、ちっちゃい頃は見ませんでしたよー。本が読めない、想像ができないのはちょっと・・・ですけどね」と言った。

うーん。なんか、答えになっていないけれど、気にする方がバカって感じだな。
いろいろ考察したが、結局のところ、居間にあるテレビは母の自由だし、わたしは逃げ回るしかない事実に変わりはない。
悩ましい・・・。
でもいちばん悩ましいのは、「テレビが嫌い」という感覚を、誰にもわかってもらえないところかもしれない。

このカテゴリーに該当する記事はありません。