FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
13

カーネルおじさんに癒される

20090313185611
今日は、担当医Kっちの診察を受けてきた。

声が出ない…。

小さくボソッと「ご迷惑おかけしました…」と謝る。

精神病院での、患者同士のトラブルは日常茶飯事なので、Kっちは寛容に受け止めてくれた。
「いろんな患者がおるからな、仕方ない」

その後、退院の正式な手続きをして、わたしは退院した。
あたまがボーッとして、看護師さんから退院手続きについて説明されても、わからない。
すべては、付き添いの両親に任せた。

実家に帰ってから、TVでニュースを見る。
『カーネルおじさん、24年ぶりに発見』のニュースだけが、わたしのこころを明るくする。

すごいぞ、カーネルおじさん…。
人気ブログランキングへ。
(↑クリックして下さると励みになります。)

スポンサーサイト



10

電撃退院

20090312122809
昨夜8時頃、電撃退院しました。
正式には、外泊となっていますが、荷物を全部運び出したので、あとは診察と書類上の手続きだけです。

なんでまた?って感じですが、一言で言えば、「不良主婦グループにいんねんをつけられた」です。
やっぱり精神病院って、人のことは言えませんが、変な人が多いです。

グループのボス猿は、わたしが病院内に詳しく、以前の入院時はこうだった、あーだったと言っていたのが気に食わなかったようです。
わたしは、「ごめんね」と謝って、だけどいきなり牙をむき出してきたその人はじめ数人に驚いて、彼女らの側から一刻も早く逃げ出したくなったのです。

そんで、いま実家でダウンしています。
入院が失敗したことに、母は嘆くしさんざんです。

最近のわたしはどうかしている、と自身に思わざるを得ないのですが、どうしていいのかわからず、ただ今日も寝ているだけです。

いま、あたまのなかがカオスです。
まさに、制御を失った気球のようです。
人気ブログランキングへ。
(↑クリックして下さると励みになります。)

2

空をみていた日

20090310201204
今日の午後は、数時間にわたり、私は空をぽかんと眺めて過ごした。

昼食が終わったあと、誰もいないデイルームで窓の外を見る。
私は、いまだに窓際ベッドの空き待ちをしている。
いまのベッドからは空が見えないので残念に思っている。

「青い空を見るのって、気持ちいいなぁ…」とそのとき思った。
そこで、お風呂から出たあと、私はNEXを買いに空の下へ出た。

うわ、陽の光だ、なんて暖かい!
そよ風が、私の濡れた髪を揺らす。
私は、すっかり気分がよくなって、院内の庭を散歩した。そしてそのまま、大きな桜の木の下の白いベンチに座った。

ここで、キャプテンと笑い話をしてたっけ。
私は、いまにも、視界にキャプテンの姿が入ってきそうな気がして、しばらく遠くで行き交う人々を眺めていた。

突然、ごぉぉおん…と、飛行機の過ぎ去る音がする。
ああ、また飛行機好きなキャプテンとの日々が、よみがえってくる。
私は空をじっと見たが、音のする場所に飛行機はいない――そうキャプテンが教えてくれた――のだった(知ってたけど)。
そうだ、ここでキャプテンを見つけることなんか出来ないのだ。

青空をバックに膨らみ始めた桜の蕾を見ながら、私はそれでも、キャプテンの外来日に待合室にいたら、彼に会えるんじゃないかとか、馬鹿なことを考えていた。そんで、朝っぱらからそんな待ち伏せなんか出来るわけがない、と首を振った。

しばらくすると風が強くなってきたので、私はベンチを立って、病棟へ戻った。
病棟へ戻ってからも、私は未練たらしくデイルームから空を眺めていた。

雲の形がどんどん変わっていき、やがて夕方になる。
私は、夕日を見たあとで、やっと空に別れを告げ、例の「大人の塗り絵」をやり始めた。

ぽかんと空を眺めていた一日。
私は、あたまが空白になって、とても気持ちよかった。

晴れた日の青空と白い雲、ときには灰色に覆われた雨雲なんかを見ながら、私は、またあたまを空っぽにしようと思う。
人気ブログランキングへ。
(↑クリックして下さると励みになります。)

6

あたま空っぽグッズ

20090309202207
「大人の塗り絵なんか、バカバカしい!」といつかけなした記憶があるのだが、その私が今日、「大人の塗り絵」をやっていたのである。

きっかけは、作業療法で何人かが塗り絵カレンダーをつくっているところを発見したことだった。

「作業療法?」
「うん、塗り絵」
「えーなぁ、あたま空っぽに出来そう」
「出来るで。やれば?」
「その色鉛筆、どこから?」
「ナースステーションにあるよ」

というわけで、がぜん塗り絵がしたくなった私だが、カレンダー用の塗り絵は子ども用みたいでなんだかつまんなかったので、スーパーに出かけて、「大人の塗り絵」を買ってきた。
見本を見ながら、同じように塗っていくだけだ。

へー、こりゃあたまが空になる!
リラックス出来て、なかなかいいぞ。

私は、一心不乱に、ときには同じテーブルに座っている誰かの話に混ざったりしながら、妖精くんを塗り塗りしていた。本来、マンガ少女だったので、こういうのはもともと嫌いではない。

夕食前に、1ページを完成させた。
ふぅ。大人の塗り絵には、こんな用法もあったのか。以後、バカにしてはいかんな。

こうして、今日の一日はまた過ぎていった。
どっかの寺から、ゴーン…と鐘を打つ音が聞こえる。
デイルームでは、何人もが集まって、WBCを観る歓声をあげている。

私も、野球にはあまり興味はないけれど、観に行こうかな。
なにしろ、9時に消灯されてからの時間が、コレマタ長いのである。人気ブログランキングへ。
(↑クリックして下さると励みになります。)

8

実家で爆睡

20090308193031
今日は、両親が面会に来てくれるというので、私は昼ごはんを外食させてもらった。
病院食はマズイし飽きるので、機会をとらえて外食するのが、ベテラン入院患者?の秘技である。

ところが、私は両親が来る直前までベッドで爆睡していて、昼ごはんを食べる気分じゃなかった。
外食ついでにイオンで財布を買おうと計画していたが、あんまりだるいので、やめにする。

そんで、どーしたかというと、結局ジョリーパスタでイカスミのスパゲティを食べたあと(これもマズかった!)、実家へ行ってコタツのなかで、ぐーぐーとまた眠ってしまったのである。

「たっぷり2時間は寝てたよ」と母に言われた。
そして、起きたときには、もう病院に帰らなければならない時間になっていた。
なにをしているんだ、私は…。

病院に戻ったら、すぐ夕ごはんだった。
この日のメニューは、ミートローフ。
どう見ても、卵焼きにしか見えないよね!とみんなで愚痴りながら、それを食べたり残したりしてゆく。

今日はこうして、過ぎていった。
入院していると、1日が長い。
それは、私を不安にさせる。
この、浮き世ばなれしたところに隔絶されて、私はこれでいいのだろうか?
なにかしなければ…と、家にいるとき以上に考えてしまう。

体調だが、実家に帰ってみて、「いま、私は仕事が出来るか?」と自問自答したら、答えはNOだった。
やっぱり、まだしんどい。
病院にいるときは、なんだか出来そうな気がするのだが、まだ、3月末くらいまでは、静養が必要な感じである。
人気ブログランキングへ。
(↑クリックして下さると励みになります。)

7

キャプテンを思い出す。

20090307130232
昨日は具合が悪いのに、午前中お風呂に入ったあと、急にビールが飲みたくなって、昼食をぶっちぎって、回転寿司屋に行ってしまった。
帰りに、大型スーパーに寄ってハンバーガーを買う。

近道すると、車が多いので、回り道して帰る。
そのとき、私は「この道、キャプテンと何度も一緒に歩いたなあ…」と思い出し、とても切なくなった。

キャプテンとは入院中に知り合って、一日中一緒にいたので、病院のあちこちが《思い出の場所》だ。とくにその回り道は、わたしにキャプテンとの夏の日々を思い起こさせた。

強い影を落とす道路、青い空を横切るボーイング777(トリプルセブン)。――彼は、トリプルセブンが大好きだった。
なんで、あの幸福を手放しちゃったんだろう。

私は、その後キャプテンとちぐはぐになっていった経緯を忘れて、懐かしい思い出だけに浸っていた。ここにいると、Kくんよりもキャプテンを思い出してしまう。やがて、Kくんのことも、よかった思い出だけが残って、パブに行くたびに、思い出すのかも知れない。

私は、帰院してから、とても不安な気分に襲われた。いま、自分は一人ぼっちだ。側に誰もいない。キャプテンに会いたい。今後、私の側にいてくれる人は現れるのだろうか。怖い。

抗不安剤を飲み、どうにもたまらなくなって、ゆき妹に電話する。もう、あたまが混乱して尋常な判断を出来る自分はそこにいない。
「私って、人依存なのかな?」
「うーん。依存が強いね。もっと自分の楽しいことを追ってたら、自然とカレシとかにこだわらんようになるよ」
楽しいことって、ナンダ?そんなの、どこにもない。

私は、夕食後も不安がたまらず、早々に睡眠薬を飲んで寝た。
翌日の今日は、だいぶ落ち着いている。

考えたら、あれはやっぱりビールを飲んだのが悪かったんだな。感情の波が、あれで増幅されたのだ。

でも、なぜか今日も気分が優れず、キャプテンのことを考えている。手に届かなくなったものは切ない。後ろばかり振り返ってしまう私の悪い癖だ。人気ブログランキングへ。
(↑クリックして下さると励みになります。)

6

憂鬱な日々

20090306064403
昨日も今日も、なんだかしんどくて辛い。
なにもする気が起こらない。

昨日は、あまり人とは会わず、ベッドで寝ていた。
今日は、朝から立て続けに悪夢である。

心身の辛さとは別だが、ここにいると、元恋人キャプテンを思い出す。
わたしは、あの人の姿をいつも追っていた。
楽しかった?入院生活。
いまは、話し相手はたくさんいるけれど、目の保養になるような男がいない。

男がいないと、不思議とKくんを思い出す。
離れてからわかったけれど、わたしは彼には相当傷ついていたんだな。…
キャプテンが人間だとすると、Kくんは猛獣である。
まえの恋人同士を比べるのも変だけれど、わたしはキャプテンの人間らしさを懐かしく思い出す。

今度、恋をするときは、相手をじゅうぶん見ることにしよう。ちょっとでも不安材料があったら、突っ走らないようにしよう。

わたしは、寝ながらそんなことを考えていた。
つまんない毎日だ。
アルコール切れが、原因かも知れない。
人気ブログランキングへ。
(↑クリックして下さると励みになります。)

このカテゴリーに該当する記事はありません。