LIFE,LOVE&PAIN(旧)
FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

平壌市内のヘンさ

building

昨日、TVを見ていたら、北朝鮮の平壌市内の画像が映って、不気味だった。
だって、人がいないんだよ、あそこ・・・。
いや、具体的にいうと、ナントカ通りって呼ばれている高いビルがいっぱい建っているストリート。
確かに建物はリッパだが、人がいないの・・・・・・。

「人がおれへんやないか」とわたしが言うと、父親も「車もないな。あんなに車道が広いのに」と言った。
歩いている人って、スーツ姿の女性一人と、あとはチャリ道(!)に、農具みたいなのを荷台に乗っけた自転車2台くらい。
ふつーさあ、大都会っていったら雑踏だよね、車が行き来してるよね。
平壌のあそこは、ニセモノの都会だよ。
ハコだけつくって、威厳を見せているつもりなんだね。
でも、かえっておかしいっての。
中身なんて、なにもありませんよ、って宣伝しているようなもん。

なことをお茶の間で言っていると、コメンテイターが「生活臭がありませんよね」と言い出した。
そりゃ、誰だって気づくよな・・・。
あの不気味さ。違和感。
やっぱり北朝鮮って、へんな国だ。
わたしは嫌いだな。
いくら国際親善のマラソン大会を行っていようが、絶対あの姿勢は好きにはなれん。

こんなことを恋人Sちゃんに話そうものならば、ウンチクが数十倍になって返ってくるので、話さない。
わたしはただ、北朝鮮ってへんな国、と言いたいだけで、国際情勢のウンチクをかましたいわけではないのだ。
ほかにもへんな国、いっぱいあるけれど、北朝鮮は際立っているな。
うーむ。
あの、ゴーストタウン化した廃墟。
あれがあの国の象徴だとすれば、いずれ数十年のちにでも、あの国は荒廃するだろうな。

サテ、日本もへんな国なので、あんまりこれ以上は話さないでおく。
どこがへんって・・・、やっぱ少子化対策と言いながら、保育園つくってないとか、首をかしげるような政策を取っているあたりだろうか。
日本人も、かなり人口が減るだろうね。
国力が下がるー。日本の存続が危ぶまれるー。
目先のことばかり考えていると、将来、どうなるかわからんよ。

スポンサーサイト
-

ゲスの極みでゲス。

bekki kawai
ベッキーとの禁断愛 ゲス乙女・川谷絵音の妻が独占告白!

芸能ネタには疎いわたしだが、このしょぼいカップルを見たら、なんか一言言いたくなるってもんだ。

リンクによると、川谷の妻・A子さんは、「もう会わないと言ったが、まだ付き合っている」と話しているそうだが、この不倫カップルが、幸せに結ばれることは絶対あり得ないよね。
わたしが考える理由は、2つないし3つ。

1.こんな事態になってしまったいま、ベッキーはどうか知らんが、駆け出しの川谷は芸能界から干される。つまり、収入とステータスの両方を失う。A子さんが捨て身で事実を暴露しているところをみると、彼女は莫大な慰謝料を請求して離婚するつもりだろう。→ 収入もステータスも財産も失ったタダの男に、超大物タレント・ベッキーが魅力を感じるだろうか。タダの男どころか、それタダのヒモだし。

2.たとえ、A子さんとの離婚が成立して、二人が結ばれたとしても、そんなカップル、誰が祝福するんだ? 彼らの砂に描いた城は、A子さんの大きな苦悩の上にしか建たない。A子さんという罪のない犠牲者がいる限り、彼らは誰からも諸手を挙げて祝福してもらえない。

3.川谷の素行が怪しすぎる。
  ・結婚したことを、バンドメンバーにも知らせていなかった。
  ・文春からA子さんのことを訊かれると、あろうことか「友だちです」と回答。
  ・ベッキーと付き合い始めの1ケ月間ほど、既婚者であることを隠していた。

これはわたしの邪推だが、川谷がバンドメンバーに結婚を知らせていなかったのは、いままで通り、グルーピーの女の子と遊ぶためだったんじゃないのかな。
わたしは、ここまで不誠実な男が成り上がったとき、まとわりついてくる女に手を出さないわけはないと思う。
彼にとっては、そのうちの上物がベッキーだったわけで、いまは彼女にのぼせ上がっているが、飽きたらまたほかの女に手を出すタイプだと思うな。
ベッキーはそのとき、「修論」とか言われて卒業されても、文句は言えないね。
そういうことを、自分はしちゃっているんだからさ。

サテ、川谷くんの行き先は決まっちゃっているが、ベッキーの行き先はどうなるんだろうか。
歳も歳だし、あの青い目の外国人顔じゃ、女優としても使いにくいだろうし、・・・ああ、そうか。つぶしの利かない自分を知っていて、結婚を焦ったのか。
なんだか、文春から続報が出たら、タレント生命が脅かされるらしいけれど、個人的にはすでにタレントとしては、見飽きた感があるな。
いずれにしても、いままでの清純派ではもういられないだろうし、なんらかのイメチェンを図らないと、まずいかもしんないね。

今回の騒動って、細かいディテールを抜きにすると、よくある形の不倫関係だなーと思う。
結婚隠して付き合っていた男が、すぐに別れるからと嘘を言って、年上美女をたぶらかすの図。
結婚を焦る女は隙だらけだそうだから、注意しないと駄目だおー。
女が20歳とかなら、こんな余計なことは言わないんだけどさ。

-

冷蔵庫なわたし

reizouko

ふはは。
昨日さんざん、フェイスブックにおいて、フランス国旗を掲げとるやつをこきおろしたが、こきおろすだけでは芸がないと思い、自分のページに、いままでISのテロにあった国の国旗を、わかる範囲で全部張ってやった。
だって、フランスだけに「フランスの平和と安全のために」なんて言ってるの、おかしいじゃない。
いままで、どれだけの国が、ISのテロリストの犠牲になっていると思っているのよ。
すでに、アラブ諸国では、「なんでフランスだけが」って不満が噴出しているようですよ。
当然だと思うわ。

ところで、昨日、ロシア旅客機爆破テロ事件が、ISの仕業だと断定されたわけだけど、あのフランス国旗を掲げている人たちは、今日はロシア国旗に変えないと、嘘だよね?
なにしろ、死者がフランスより100人も多いんだよ。
まー数の問題じゃないと思っているけどさ。
そんであの人たちは、ロシアの次はまた次の犠牲国、次の犠牲国、って具合にどんどん国旗を張り替えていくのかしら?
「テロを撲滅して、平和と安全を」って言うなら、ずーっとやり通すべきだよね。
わたしが言いたいのは、一時の薄甘い感傷で、大きな問題に首突っ込むなってことなの。
ロシアの国旗を張らなきゃ、アラブ人だけでなく、ロシア人からも抗議されても文句言えないんだよ?!

サテ、今日のアイコンが冷蔵庫になっているのは、わたしは見ての通り、毒舌家で、家でも「あんたは冷たい人や」と言われているからである。
「あんたの物の考え方は、人とは違うからわからん」そうだ。
この母は、わたしが幼い頃から、そう思っていたらしく、ふつう、子どもが喜びそうなもの―TVとか―にまったく興味を示さないとか、妙なところがあったらしい。

そんなわたしと母が・・・いや、全員に言われるのだが、一緒にTVなんか見ると、「もーうるさいから、あっち行って」となる。
なんでって、たとえば先日、海にシリア人の子どもが流されている、悲惨な画像が出たじゃない?
あれ見てわたしは、「この写真! 嘘くさい!! なんで手前に突っ立った男の足が写ってんの。すぐ、安否確認しなきゃならないのに。これ、流されてるのほっといて、わざと男の足を写してんだよ。おかしいでしょー」って、速攻突っ込んだんだけど・・・。
母としては、死者を悼まず、そんなところばかり見ているわたしの方が、冷たくて薄情な人間、ということになるらしい。

あるいは、クイズ番組を見ていても、母が「わあ、すごい。この芸人さん、ようこんな難しいこと知ってるなあ」と感嘆しているのをよそに、「こんなん、番組の裏でスタッフからカンペもらってないって、証明できへんやんか。番組を面白くするためなら、TV局はなんでもするやろ。真に受けん方がいいで」・・・とこれまた、母から言わせると、冷たい回答をしてしまうのであった。

TV以外でも、自分でも冷酷だなーと思うのは、先日父の大腸ガンの内視鏡検査があったわけだが、その写真を見て、母がため息をつきながら「お父さん、大丈夫やろうか・・・、もう心配で心配で」と言ってんのに、わたしときたら「死んだら、うちら、どうなるんかな? 貯金いくら?」と金の計算をしていたのであった。
いや、その過程ではカチカチとあたまが計算して、チーンと答えをはじき出しているのだが、口からついて出た言葉だけを拾うと、冷血だわな、やっぱ。

と、例を挙げれば、枚挙にいとまがないのだが、とりえず母からは、こころの底から冷たい人、薄情な人、と言われている。
たぶん、そうなんだろうなーと思う。
でも毒舌に関しては、変なものは変だと言うし、間違っていると思えば、読まなくていいよ、と思っている。
あの、嫌味じゃなく、本気でね。

-

フランス・テロ事件の蔓延

france

昨日、フェイスブックのお友だち一覧を見たら、数少ないうち、3人ものプロフィール写真が、フランス国旗になっていた。
なんだよう~~これ~~。
こんなの、流行ってんのかよ~~~。

わたしは急に、不機嫌になった。
ハイハイ、要するに「我々はテロに屈しない」って言いたいわけね。

でもさ。
いまのところ、日本政府は、もしテロリストに人質を取られた場合、なんとか奪回を目指すよね。
だけど、「我々はテロに屈しない」と主張するんであれば、たとえ政府が、「我々はテロリストとは交渉しない」と発表しても、文句は言えないってことだよね?
つまりは見殺し。
だ~れも助けに来ないよ?

そういうこと考えて、日本人は「テロに屈しない」っていう言葉を、発しているのかねえ?
わたしには、大方は、外国で起こるテロに対して、「許せん!」って言っているだけのように感じる。
たとえば日本人は、アメリカ人みたいに、大統領の発言「我々はテロに屈しない=人質は見捨てる」を真摯に受け止め、大事な人が戻ってくるのをひたすら待つだけ、なんて状況に耐えうるのかな?
わたしはむしろ、国会議事堂に嘆願書とか持って集会して、「人質を助けてあげて!」ってやりそうな気がするけれど。

ちなみに、わたしの旧友が、「テロに屈することなく、パリとの結束を示しましょう」っていう、ワンクリックの気持ち悪いリンクを貼っていたので、思わず「ISクソコラグランプリを、また開催したらいいんじゃない?」とコメントしたら、彼は本気だったらしく、わたしのことを「どっちのゆみ?」と聞いてきたので、「1号だよ。ねー、テロに屈しないってどういうこと? それって、日本政府に働きかけるべきじゃないの?」と再度コメントしたら、しばらく応答がなかった。

あれー。どうして?
そんなの、当たり前のことじゃないの??
じゃ、テロに屈しないって、どうやって屈しないつもりなの??
個人じゃ、どうにもならんでしょーが。
もし、「我々はテロに屈しない」を掲げるんであれば、「テロリストとは、一切交渉しない」とか、「あとで報復してもよい」とか、そういう法律があってもいいんではないの。

それと、興味深いのは、あんたら、いつまでフランスをプロフィールに張りつけておくつもり? というところ。
テロとの闘いって、これからもずっと続くわけじゃん。
でもまさかずっと、フランスを張りつけているわけじゃないでしょ?
わたし的には、外すときが恥ずかしい。
なーんだ、やっぱり流行でやってただけじゃん、ということが、明るみになるときである。

フランス人、フランスとともにISを空爆している国の人たち、ヨーロッパ先進国の人たちが、「明日は我が身?!」と心配して、フランス頑張れ! をやるのは、理解できるんだけどねー。
ISから遠く離れたアジアの片隅、空爆には参加せず、テロにはすぐ屈しちゃう国が、世界のみんなと「我々はテロに屈しない」って言っても、あんまり説得力がないよなーと思う。

-

大阪都構想について

osaka

今日は、大阪都構想の住民投票があるので、大阪人としてはなにか言わなきゃいけないのかなと思うのだが、あいにく言えることがないのだ。
なぜなら、わたしは投票権がないから。
あれって、大阪市民だけが投票権を持っていて、他の市民は権利がないんだよね。
まったくの無関係ではないんだけれど、そうなっているんだから、仕方ない。

なので、ほんとうに都構想のことは知らないの。
ただ街頭演説で、辻元清美氏が「大阪の皆さん! 住所、新しくなるの、知ってます? 今度、どんな住所になるのかわかってる人、どれだけいます?!」と力説していたのは聞いた。
住所。そうねえ。変わると、とんでもなく大変ねえ。・・・

しかしですな、小声で言うと、大阪市以外の市民からみると、「大阪市民って優遇され過ぎ」と思うことがある。
たとえば、地下鉄・市バス・その他公共施設の一部だ。
わたしは障害者だが、同じ等級の障害者でも、大阪市民なら、地下鉄・市バスは無料で乗り放題である。
一緒に行動していて、なんだかなあと思う。
そりゃまー、あれは市営だからと言われればそれまでだけれど、じゃあ民営化してくんないかなと思うのが人情ってもんである。

そゆことで、わたしはなんにも言える立場じゃないので、それが残念なのですが、こっそり言うと、橋下さん、勝ってほしいなと。
でも、きっと既得権を持った大阪市民はNOを叩き付けるだろうな。
そんで、橋下氏は去って国政に行き、大阪のカジノはなくなると(しつこい)。
なんだかな。
大阪って、観光客にも人気ないでしょ。
面白いスポットとかがないのよ。
だから、わたしは大阪に変わってほしいの。
今回の住民投票がそういう意味ではないとしても、なにかが変わってほしいと思っております。
だから、橋下さんには去ってほしくないのよね。

以上、投票権も知識もない、一大阪人の考えでした。
大阪市民、投票行けよ。

-

体罰問題の続き


この間の、体罰があったとされる私立高校40代男性教員とは、やっぱりわたしの大学の先輩だと連絡が回ってきた。
すごーく憂鬱になる。

無期限で陸上部の指導禁止らしいが、私立だから、右から左へ先生を変えるわけにもいくまい。
インターハイには生徒を出させなければいけないから、世論を鎮まるのを祈る気持ちで、学校は待っているんじゃないかな。
それにしても、生徒を殴るわ試合に出られなくなるようにするわ、S先輩の犯した罪は深い。
いったい、どうしちゃったの…と問いたい。
同じところで指導しているうちに、慢心しちゃったのかな。

わたしには、ピーターパンシンドロームのようなところがあって、昔の人は変わらずそのままでいて欲しいといつも願っている。
今回は、見事裏切られた。
大人になればなるほど、嫌なことが起こってくる。
自分が、取り残されているのが、辛い。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

-

スポーツ界における体罰


最近、スポーツ界における体罰が問題になっているが、昨日テレビを見ていたら、ある都道府県の陸上部40代顧問が生徒の鼓膜を破ったとかで処分を受けており、それがわたしの大学時代の先輩が勤める私立高校だったので、ぎくりとした。
まさか、S先輩じゃないだろうな?

わたしは早速、多くのコネクションを持つ同輩の女子キャプテンに連絡した。
「いまニュースを見たんだけど、まさか…?」
「わたしもいま見た! 叩くような人には思えないけど…。情報が出たら、連絡するね」

そんな具合だったが、わたしはふと思い浮かべてみると、S先輩が絶対生徒を叩かないとはいえないと思うんだなあ。
かく言う女子キャプテンも陸上強豪高出身だったが、バトンを落としただの何だので体罰を受けていたって言っていたし。
ましてや、S先輩はオリンピック選手だった。
当たり前だが、オリンピックを狙うとなれば、みんなと同じように練習していたのでは、勝ち上がっていけない。
S先輩は割とイケメンだったにも関わらず、彼女も作らず、空いた時間に筋トレしたりして、随分ストイックな生活を送っていた。
あの人が、思い通りにならない選手を叩く…って、なんか疑って悪いけれど、なくもなさそうな気がするのである。

体罰問題が社会化されたとき、大学時代(体育学部)の同輩は普通に「体罰なんか、わたしも受けたよ」と2人が同時に言ってきたので、やっぱ強豪高と言われるクラブには、それなりにあるのだろう。
わたしはと言えば、体罰のたの字も受けたことはなく、高校時代の顧問はどうやらわたしたちの時代に最優秀監督賞を受賞されたらしいが、彼がやっていたのは、生徒を叩くことではなく、もっぱら生徒を見ることで、いいときに誉める、ヨイショ方式であった。
わたしが大阪の試合で3冠を取ったとき、どこで見ていたのか(顧問は審判をやらなければならないので、忙しい)、「おまえだけが身体がよう動いとった」とわざわざ指導に来てくださって、嬉しかったこともある。
きっと、全部の試合を見てくださっていたんだろうな。
唯一、叱られたとすれば、春先の記録会で専門外の400m決勝に残ってしまったのだが、その日はあまりに寒くて雨まで降っていたので、わたしが独断で決勝を棄権したときである。
まさか、顧問が見ていたとは思わなかったので、寒さに震えながら呑気に決勝の選手紹介を見ていたのだが、その背後からいきなり「おまえ、決勝はどうしてん」と言われてびっくりして「寒いから止めました」とわたしが言うと、顧問はぷいと無言で立ち去った。
罰としては、充分である。
あのあたりを、下手な先生だと叩いたりしてしまうのかな。

その後、わたしは自分のために空いたレーンを見て、棄権は虚しいと悟った。
あれ、まじ悔しいっすよ。
その後、怪我でまじ棄権しなきゃいけなかった試合も出てくるわけですが。

そういうことで、身体への体罰を食らわなかったわたしは、もし指導者になっていたとしても、決して体罰は行わないと断言出来る。
あれって、やっぱりされて育っていった選手が指導者になってからもやるという、負の連鎖だと思うよ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。