LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ふた昔前の結婚観

kekkon

毎度おなじみ、田辺聖子の小説に、ケチをつけるというあくどい趣味をしていたわたしである。
嫌なら読まなきゃいいのに・・・、いや、それは違うんだな。
ケチをつけるために読んでいるのだ。
ストレス解消だね。

ずいぶん昔の小説だったが、主人公の女性は、結婚したくてもできない34歳の女で、ある日知り合った大学生の男の子に恋をして、すったもんだの挙句、最後は男の子に「結婚しよう」と言われるのだった。・・・

って、ナンダコレあほかー。そんな都合のいい終わり方があるか。
だいいちその男の子、女の子とみれば誰にでも声をかけ、女の子たちもまんざらでもないような様子なんだよ。
なんで、そんなにもてる男の子が、大学生の若い身空で、34歳の女にプロポーズせにゃならんの?
いまからが楽しい時期なのに。
おかしーでしょ。
これはもはや小説ではない・・・。ただの少女の夢物語だ。

「結婚したいというよりも、結婚式と新婚旅行がしたい、相手は誰でもいい」という一文にも驚愕した。
いまは、そんなこと言う女子、いないよね??
小説は、まったくの嘘は書けないから、これふた昔まえの女子は、ほんとうにそう思っている人がいたんだよ、きっと。
そして、たぶんそれを実行した人もいて、いまは、お互い空気でやり過ごしてます夫婦とか、仮面夫婦とか、離婚しちゃってるんじゃないのかな。
「夫元気で留守がいい(古)」って、もしかして、その結婚したい病だった人の、慣れの果ての言葉??
相手が誰でもよかったんなら、そうなってもおかしくないよね。
楽しいのかなあ、そういう生活・・・。
まー人間には順応性というものがあるから、子どもをつくったり共通の喜びを得て、日々だましだましやっていくもんなのかな。

「結婚式でみんなの注目を浴びたい」なんて一文もあったが、これもわたしには理解不能だった。
注目を浴びるっていっても、長い人生のうちのたった一日じゃない?
わずか一日だけお姫さまになって、みんなの前に座ったら満足って、ふだんどんだけ地味で注目されてないんだよ・・・。
それに、わたしが出席した結婚式の経験で言うと、少なくともわたしは、花嫁・花婿の方はほとんど見ていないよ。
何してるって、同じテーブルの人としゃべったり飲んだりしてんの。
周りを見ても、みんな酔っ払っているし、誰も彼もが「花嫁、綺麗だなー」なんて、じっと見つめて羨んでいるとは思えないなあ。
あれが、「みんなの注目を浴びる」って呼ぶんだろうか。
よくわからん。

まーでも、「結婚式のときは、みんなの注目を浴びたい」は、いまの女子も考えているかもしれないね。
でもその数は、ふた昔前よりも、かなり減っているんじゃないのかな。
地味婚流行だもんね。
いまさら、ゴンドラだのドライアイスだのやっとったら、注目どころか笑いものである。

そういうわけで、ふた昔前の女性が夢見ていた結婚というものを、「アホらしー」と存分に堪能して、わたしは本を閉じたのであった。
ああ、痛かった。
いまのおばあちゃん・おじいちゃんは、そういう時代を生きてきた人だったのね。

スポンサーサイト
-

マスクマン多すぎ。

mask

日頃、なんだかなーと思っている件があるのである。
それは、マスクをしている人がじつに増えた、ということである。

あれ、なんでだ?
インフルエンザでも花粉症の季節でもないのに、1年中マスクの人。
化粧するのが面倒(そういえば女に多いな)とか、表情を読み取られるのが嫌、とかあるんだろうか。
とにかく、カンジが悪いのである。

顔の半分をマスクが埋め尽くしていると、ほんとうにその人の表情がわからない。
目だけギョロギョロさせて、なに考えているのかわからん。
顔の半分がマスクって、見た目おかしいってなんで気づかないんだろうな。
そんなの一年中つけてたら、一年中自分の顔を隠しているってことになるじゃん。
どんなお洒落していても、マスク一つで台なしだよ。
気づけよ、まったく。
カンジ悪いんだよ、季節外れのマスク!

そういうことで、わたしはでっかいマスクをしている人を見たら、女でも「マスクマンめ・・・」とさげずんでいる。
あーそうだ。あれに似てるな。
紫外線よけの、顔全体を覆う黒いサンバイザをしている人。
見た目ヘンなんだけど、本人気がついていませんってやつ。
まーね。なかにはほんとうに風邪引いている人もいるだろうけれど、ほとんどはなにかべつの理由があって、しているんじゃないのかなー。
じゃないと、あんなにたくさんの人がマスクマンになっているわけないよね。
このまえ、バス停で数えていたら(暇だった)、5分間の間になんと8人のマスクマンを見たわ。
多すぎじゃないの。
みんな、どうかしているわよ。

それにしてもやっぱあれかなー、女に多いってことは、やっぱ化粧するのが面倒?
鼻や口元に自信がないからとか??
ほかに考えられないから、どうしても「隠すためにやってんだろ」という感が否めない。
でも、カンジ悪いんだよ。
マスクマンには話しかけてほしくないと思うわけよ。

-

老眼じゃないやい

megane3

サテ、久しぶりにブログのテンプレートを換えてみた。
ポイントは、なんといっても字が読みやすいことである。

なんて書いたら、「老眼?」と言われそうだが、わたしに老眼はない!
むしろド近眼だ。
すこし前、度数がさらに上がって、コンタクトレンズを買い替えるはめになった。
わたしの目は、近くになればなるほど、見えやすいのである。

それなのに、そのもう少し前に眼鏡を買ったとき、眼鏡屋のおねーさんが、「少し老眼が入っているようですね。お歳もそれなりですし・・・」と言って、わたしの眼鏡の下に、軽い凸レンズを入れてしまったのだ。
そのときは、「あれ、そうなの?」と思ったが、どう見てもわたしには老眼はないよ。
あのおねーさん、たぶんわたしが48とかだったから、「この人にはそろそろ老眼鏡が必要なはず」といった感じで、老眼鏡を入れたに違いないと思ってんの。
やっつけ仕事ってやつよねー。
いま思い出してもムカつくわ。
歳だからと思われたことに対してではなく、やっつけ仕事されたことに対してよ!
眼鏡なんて、そんなに簡単に買い替えないから、いまでもその眼鏡、わたしは使っているわよ。
不本意だわ。

また、わたしはドライアイなので、まばたきを忘れると、すぐ目がしょぼしょぼする。
そんで、顔をしかめて目をこらしていたりすると、すぐ「老眼?」って言う人がいるんだよねー。
もー、歳→老眼、って決めつけるの、やめにしない?
わたしに「老眼?」って言った人は、どういうつもりで言っているのだろう。
わたしが「そうやねん。最近、目が見えなくて」と言ったら、そいつも「俺も俺も」とか言って、お互い笑い合おうっていう魂胆なのかな。
だとしたら、あーつまらん。
自虐ネタしている暇があるなら、もっとこじゃれたギャグでも考えていなさいよ。

なんて老眼のことについて考えていると、そういえば高校のとき、初めて付き合った男子が、同窓会で老眼鏡を持って歩いていたのには、軽いショックを覚えた。
あのときはさすがに聞いたわね。「老眼鏡?」って。
向こうは、ばつの悪そうな顔をして「そうやねん」と答えた。
あ、言っちゃいけなかったか・・・。
でも、そいつは浮気性でとんでもない奴だったので、わたしは「へー! 老眼なんや! そういう歳やねんなあ!!」と驚いてやった。
ふふふ。わたしも根性悪ねー。
でも、気持ちはそんな感じだったの。
あの恰好つけた男でも、老眼鏡を持って歩くと、さすがに色気が失せるわね・・・。

そういうわたしは、あと何年で老眼になるのだろうか。
わたしは、ならない予感がしている。
なぜなら、うちの76歳の父が老眼がなくて、いまだに裸眼で新聞を読めるからだ。
わたしは、あのDNAを引き継いでいるのだ・・・と思いたい。

-

AI開発者のボケ

robotto

両親が無事に大分に旅立って、やっと一人でゆっくりTVを見れる・・・と見ていたら、ㇺッカーっときたことがあったので書く。

なんでも、AI(人工知能)が、小説を書いたそうでございますよ。
でもさ、それ知らずにアナウンサーが読み上げているのを聞いたとき、わたしは「ヘタクソ!」を4回繰り返した。
だって、「キレイ」が続けて2回出てきたりするんだもん。
小学生でも、あんな文章、書かないよ。

で、それをAIが書いたんだって聞いたとき、開発者はなに考えてるんだと思った。
そんな時間とお金があるなら、なぜそれを、たとえば東北大震災のために使わない?
自分で状況判断して、ファジーに動くとはいっても、それはただのロボットじゃない。
人間の心の機微が、ひとかけらでもわかるとでも思ってんの??
もう、ほんとに一部の科学者ってバカ!!
たとえ、コンピュータが将棋やチェスで人に勝ったとしても、小説では絶対勝てないわよ。
そんな無駄なことをしている自分がわからないのか・・・。
ああ、あたまが理系のアホってたちが悪い。
1人ずつ、どつきたい気持ちよ。

まえにも書いたが、わたしの文書をいいっていってくれたある小説家は、どこがいいのか聞くと、「ちょっとずるい男になっていった」の、「ちょっと」みたいなところがいいんだ、と言った。
訳がわからず「なんで??」と尋ねたら、「ちょっと」がないと、ただの嫌な女になるけど、「ちょっと」があることで、「ほんとはあなたのことがまだ好きなの」っていう、女心が出るんだ、と答えた。
そうなの?? と首をかしげつつも、プロが言うんだから、そうなのかなと思ったりもした。
その、「ちょっと」がAIに書けるのか。
または、このブログだって、あー言ったかと思えば、次の日にはこう言ってる、みたいな理不尽なところがいっぱいあるのだが、ずっと読んでくださっている人からみれば、たぶん「この人、こういう人でこういう癖があるから、こんなこと言ってるんだよな」って、わかってくれていると思う。
そういうの、AIに理解できるのかな?
できないと思う!
人間だからわかる部分、大切な部分ってあると思う。

んで、わたしが怒っているのは、そういうことを知らないらしい理系アタマのアホと、なんでそんなつまらない技術を作るだけの労力を、困った人のために使わないんだ、ということである。
そんでさ、ここがわたしの悪い癖なんだけれど、そういう馬鹿馬鹿しい試みに対して、嬉しそうに報告しているアナウンサーまで、こいつバカか、と思ってしまうことである。
あの人たちだって、仕事だから嫌なこともしなきゃならないわけだけれど、ほんとうにこれが人間というものをバカにしたくだらない成果だとわかってんのかね? ということが、気になるのである。
あーもう、嬉しそうに報道すんな!
勘違いする視聴者がいっぱい出てくるんだから。

そういうことで、またくだらないことで、怒っているわたしなのだった。
怒っているときの方が、タイピングが早いね。
だってわたし、人間だもん。
いつもイーブンペースで物事を続けられるわけないでしょ!

-

ネットで書けないこと

teacup

先日、台湾の総統選挙で、蔡英文氏が圧勝し、初の女性総統が誕生したが、わたしはあれで、「日本はまた一歩遅れをとった・・・」と思った。
なにがって、女性の進出がである。
確かにいま、日本の女性国会議員のうち、首相になれそうな人は1人もいないが、これでもし、アメリカでヒラリー氏が大統領に選ばれたとしたら、日本を囲む国々のうち、台湾、アメリカ、韓国と3ヶ国が女性リーダーとなることになる。

ある女性が、「韓国は男尊女卑の国で可哀想だ」と、韓国をバカにしていたが、女性の社会進出度って、国際的には女性国会議員の割合で示されるよね。
それでいくと、日本より韓国の方が、女性国会議員の割合が大きい。
しかもあっちは、親の七光りとはいえ、大統領は女性。
国際的に、どっちが男尊女卑の国かって、そりゃ日本じゃないだろうか・・・。

とまあ、女性の社会進出に関しては、いろいろ思うところがあるのだが、これ以上は書けない。
なんでかって、ネットで女性による女性問題の話は、平穏に暮らしたい女性にとっては、御法度なのだ。
必ず、「ジェンダー」とか言って、魔女狩りをしている怖い男性が出てくる。
「女性□用車両」のキーワードで検索し、ランダムに、それについて書いている女性ブログを狩っている男性集団とかもいる。
もう怖すぎ。
女性ブロガーの人は、「女性□用車両」で、発言してはいけませんよー。
コメント欄、炎上するからね。

まーそういうふうに、平穏に暮らしたい人は、言っちゃーいかん言葉がネット上には確実にあって、韓国、皇室なんかもそうだな。
もちろん、主張したい人は、批判の嵐になることは覚悟の上だろうから、かまわない。
でも、わたしみたいに、のんびりブログ生活を送りたい者にとっては、地雷を踏みたくないというのが、正直な気持ちだ。
韓国については、昨日も、恋人Sちゃんとの間で、微妙な空気が流れた。
Sちゃんは韓国が大嫌いなのだ。
もう、無条件に韓国を攻撃するので、どんなにそのお説が正しくても、「悪口言っている人って、嫌だなあ」と思ってしまう。
リアルで親しい間柄でさえこうなのだから、ネットで知らない者同士だと、喧嘩になるに決まっている。

そんで、記事を書くとき、わたしはフト政治的な問題について書きたくなることもあるのだが、首をふってやめている。
変化球はアリかも知れないが、直球はまずい。
それは違うだろ! とモニターに向かって叫ぶ人が出てくることが想像できる。
わたしは世の中のどこかで、わたしの考えについて悪態をつかれることに、あまりいい気持ちはしない。

んなわけで、言論統制されている昨今なのだが、平穏に暮らしたいから仕方ない。
ねこの話でも書くか。にゃー。
ほんとは、そんなほのぼのした内容がいいんだよね。
でも、わたし的にはそんなブログ、読んでいても面白くないけどさ。

-

フードファイターへの疑惑

suteki

昨日は、はからずもネットサーフィンをしてしまった。
最初は、わたしの大好きな大食い大会を洗っていたのだが、途中でフト、「フードファイターのほとんどは摂食障害」という見出しが、目に留まった。

うーむ。まえから言われていた問題ではあるが、どうなんだろう?
でもなんか、ある元フードファイターのトップクラス選手が、衝撃の事実を暴露していると書いてあるぞ?

それで、わたしはその元フードファイターの女性のブログへ辿り着いた。
あれ。施設に入所するって書いてある・・・。
どうやら、自身が摂食障害で入院したらしい・・・。
摂食障害の人のブログは、わたしはたくさん読んだことがあるのだが、みんな共通したワードを用いる。
ごめんなさい、とか、消えてしまいたい、とか。
一見すると、自虐的なまでに、自責の念が強い。
なにもそこまで自分を責めなくても、悪いのはあなたじゃないじゃない? と思うこともよくある。
この女性も、よくよく読んでみると、どうやら原因は母子関係にあって、幼い頃、自分を愛してくれない母が、拒食症になって痩せたとき、とても心配して優しくしてくれたので、自分は痩せていないと愛してもらえない、という思考回路ができてしまったようだ。
つくづく、食べては吐きの拒食症でガリガリになった人に、「そんなあなたは綺麗じゃない」なんて言っても、無意味だと思うなあ。
だって彼女らは、痩せていなきゃ愛してもらえない・認めてもらえない、っていう負の病的な思い込みに囚われていて、アル中ならぬ食中になってしまっているんだから。

彼女は、フードファイターの多くは摂食障害で、試合のあと、吐いていると書いていた。
えー・・・、そうなの? だとしたら、つまんないな。

わたしは、ほかのサイトも洗ってみた。
すると、ある動画に行き着いて、それはある摂食障害の女性の過食シーンだった。
それを見て、わたしは、えーー! と驚いたのである。
だってこの、決してかき込んだりしない、ゆっくりイーブンペースで淡々と食物を口に運ぶ独特の食べ方、まさに多くの女性フードファイターそのものだったからである。
あれ、戦術としてやっていると思っていたけれど、もしかして単なる摂食障害の人の過食・・・??
ううむうう~~~。だとしたら、なんか気持ち悪い。
涙ぐみながら、口の周りを汚くして、食物でほっぺたを膨らませているあの姿。
病気なら、そんなところに出ていないで、治しなよ・・・・・・。

で、そのあと続いて、でかい男ばっかが出ている大食い大会を見た。
それを見て、わたしは華奢な女性フードファイターばかりが出ている大会と、明らかに食べ方が違うと感じた。
彼らは、淡々とイーブンペースということはなく、食べ方自体は、普通の人と同じだった。
そして、2・3kgも食べると、身体が反り返って、ふーーっとため息をついたりしていた。
これが自然な大食い大会だよなあ?・・・
華奢な女性フードファイターたちがやすやすと食べる、8kgとかいう単位の食物量は、なんなんだ。
プロだからといえばそれまでだが、わたしのなかで、大食い大会に対するふかーい疑惑が残ったのは事実であった。

やれやれ、楽しみが一つ減っちゃうな。
全員じゃないんだろうけれど、フードファイターに対する尊敬の念がなくなっちゃった。
もしかして、この人病気かも、とか思いながら見ても、面白くないよ。
最近、大食い大会が減ったそうだけれど、手品のタネがわかった人が増えたからなのかもね。

-

ブランド志向な人々

bag4

あーーよく寝た。
朝ごはんを食べて寝て、昼ごはんを食べて寝て、気がついたら午後3時になっていたわ。
寝る子は育つっていうけれど、あれほんとうなんだよね。
成長ホルモンは夜中寝ているときに分泌されるから、成長期で夜遊びしている子は、チビになっちゃうんだよー。
高校の教員をしている旧友人が言うとった。
「偏差値の低い高校の子は、高い高校に比べて、圧倒的に体格が悪い」とのことだ。
わたしは、夜中まで子どもを遊ばせている親の気が知れん。

とまあ、50歳になった子ナシのあなたに、なんの関係があるのって話を書いてしまったが、本題はブランド物なのである。
昨日、わたしは元彼からもらったホワイトゴールドのエルメスリングをしていたが、事あるごとに「なんか違うんだよなー」という気になって、それを外した。
あまりにも結婚指輪っぽいのである。
そんで、ピンクゴールドでちょっといいブランドもののリングはないかと探し始めた。

わたしの好みで、グッチとブルガリで、いいんじゃねーの? と思うものがあった。
でも、値段を見て、まあ、いいお値段で・・・・・・、とおほほと口に手を当てるのだった。
リング一つに、20万円っていったいなんなんだ。
それも、宝石が散っているんでもない。明らかにブランド名だけで売っている。
恋人Sちゃんにねだれば、誕生日にでも買ってくれるだろうが、わたしには珍しいプレゼントをもらうと、必ず直後に別れるというジンクスがあるので、それはしないでおこう。
指は一日のうちでいちばんよく見るところだから、そこにいいモノがはまっていると嬉しい気もするが、よく考えたら年金暮らしのわたしには、オーバースペックであった。

それに、もともとわたしは、ブランド志向ではなく、むしろブランド志向の人の感性がわからない方である。
お金持ちでそれなりのステータスのある女が、仕立てのいいシャツからキラッと見せるブランドネックレスとか、まあいいと思うけれど、○○人を中心に、ブランドバッグの質流れ品を大量に買い漁っている人たち、ありゃーなんだ。
あの姿は、絶対タイムセールで大根に群がっているおばちゃんだぞ。
だいたいわたしは、なぜブランド志向の女が、バッグに拘るのかわからん。
身につけて飾るものなら、自分を際立たせるため・・・と考えて納得するが、バッグってなんでなの?
みんながみんな、そっちの方向へ流れるから、なんか法則があるんだろうけれど、わたしにはそれが見えない。
TVを見ていたら、「わぁ・・・、これ、安倍総理の奥さまが持っていらしたバッグですね」とか、もう訳わからん。
ステータスのある人が持っているものがいいわけ?
自分が見て、かわいいものじゃないの?

たぶん、これなんだよなー、ブランド志向の人の胡散臭さは。
ステータスのある人や、セレブが持っているものに憧れる傾向。
つまり、いまはステータスもないし、セレブでもない人。
だっせー。
つか、わたしが書いていることなんて、たぶんバブル期にさんざんあちこちで書かれて、揶揄された話だよ。
いつの時代にもいるんだよね、ブランド志向な人々。

とまあ、さんざん人のことをケチったあとで、ダイエットコーラを飲み干そう。
最近、腹デブで困っているんだよね。
貧乏な人が太ったら、身も懐もジャンクフードで、そのままやんけという話になるので、気をつけよう。
あ、寝てばかりで運動しないのが悪いのか・・・、こっちも気をつけなければ。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。