FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

退院するのだ

20051103192714
いきなりだが、明日4日に退院が決まった。わーいと小踊りの夜なんである。
担当医はまだいていいよと仰って下さっていたが、最近の私は19時の施錠後を考えると、昼間から動悸がしていたのである。

精神病院って所は、昔、人権問題だの殺人事件だのを起こしていたせいか、今は、病院の側で患者に気を使っている気がする。公衆電話の前に人権相談所の電話番号が張ってあったり、任意入院の場合、本人が出て行くと言えば出て行かさざるを得ない感じがあったり。
患者としては安心感があって有り難い。

なので、出て行くと言い張った私は、最初から退院出来ることはわかっていたのだが、担当医は、4日の夜にバイト面接の結果が出るなら、落ちた時のことを考えてもう少しいてもいいんじゃない?という意見であった。
だーいじょうぶだって、今回落ちても次があるさ~と胸を張る私に彼は、「それならいいけど」となんだか患者より不安げに退院の了解をした。一体誰の病気なんだろう。

関係ないが、今日昼寝の時、整骨院で従業員一同、柔道着を着て、「押忍!」と仕事前の挨拶している夢を見た。
バイト面接先→整骨院→柔道整復士の発想らしい。
アホか、私・・・。

スポンサーサイト



-

タイトルつけ忘れるくらい眠い日

20051031193912
「眠りすぎて眠い」というのは、一体ヒトの脳のどういうメカニズムなのだろうか。今日の私は、眠りすぎて眠いのである。

昨夜は消灯がとうに過ぎた11時にブログをUPして寝た。そして7時半に朝食を摂ってから昼食の12時まで眠り、さらにシェスタを午後3時まで取った。合計すると何時間になるのだろう。嫌だ、計算したくない。

鬱病患者は必ず不眠か過眠を持っていると言われる。が、私の鬱病は治ってきていると主治医は診ている。
とすると、これは単なるナマケ病(あれ?鬱病の俗称じゃん)ではなかろうか。今の私は、ただの暇を持て余して、ぐーぐー寝ているだけの人である。

ん?暇つぶしの飲酒?
止めましたよ。
先日、心理相談で残り時間わずかって時に、臨床心理士さんが大急ぎといった感で飲酒習慣について持ち出してきたので、こりゃ病院側にバレている可能性80%(根拠なし)でしょうと考えた私は、張り込みされてまで呑めない小心者なのである。

でもその話を旧友にしたら、「そんなもん、100%バレてるに決まってるって」だと。アレ?世の中そういうものだったんですか。泳がされてたのね、アタシ・・・(ハンカチを噛みしめる)。

-

子供を拾った日

20051030230310
精神病院に戻る前に、実家に旧友3人が見舞いにやって来た。我が家は狭いのでと言い訳をしつつ、彼女らを外へ連れ出す(そして奢ってもらう)。

車を出してすぐの時だった。2歳くらいの子供が泣きながらよちよちと道路に入ってきた。辺りに親らしき人はいない。

放っておく訳にもいかないので、車を止め、子供をだっこする。どこから来たの?お名前は?子供は泣きやんだが、質問には答えられなかった。キャリアウーマンOが早々に110番しとる。

だが、すぐ出て来ると思われた親もパトカーも、なかなか現れないのであった。Oによると、この間約30分だったそうだ。

ようやくパトカーが来た時、それを見つけた母親とおじいさんが、遠くから直線コースをダッシュしてきた。体育教員A(マッチョな♀)はそれを見て「走ってくればいいのに」と思ったそうな。全くドライな連中である。

母親は息を切らして涙声であった。かなり探したらしい。ともあれ、何事もなく終わってヨカッタ。

だがコレ、もし発見者が妙齢の男性一人とかだったらどうだろう。
誘拐・いたずらが社会問題化する昨今、知らない子供と二人きりになることに不安を覚える諸兄も多くいるのではないか?

16

レディースコミック考察


heart

「ゆみちゃん、これ読む?」
と、お向かいのベッドのヤンママが、レディースコミック(以下レディコミ)を差し出す。
「私、今、(病気のために)マンガも本もあんまり読まれへんねんけど」
と応えつつ、パラパラめくっていると、彼女が、
「私も。でも、これは、何にも考えんとすむから大丈夫~」
と言うので、ちょっと読んでみようかなと思った次第である。

しかし、先週の私は、確か『海潮音』を読むと宣言していなかったか。
誇り高き?詩集が、読み捨てレディコミに替わるひとときである。

もらったものは、レディコミと呼んでいいものかどうか、どうやらターゲットは高校生のようであった。
決まりごとは、主人公は女子高校生、お相手はサラサラヘアのイケメンで、なぜか主人公にヘコヘコ媚を売ってきて、最低2Pはエロシーンが入るというものである。

「コレって、女とヤリたいだけの男そのものでは…」
と40女は考えた。
が、そんなこたぁおかまいない、繰り広げられる華やかな世界では、次々と高校生カップルが恋の実を結び、付け足しのようにエロが入って、最後はエヘ☆でハッピーエンドなのであった。
これぞ、ファンタジーってものだろう。

それにしても、私が高校生の時って、こんなに夢見がちだったかなあ。
世の中、こんなに都合よく自分に惚れてくれて、尽くしてくれる男がいるとは思えない。
もしコレ、マジで信じている女子高校生がいたら、とんとんとその肩を叩いて、
「きみ、この男は止めなさい…」
と言いそうなPTAもどきなのである。
だって、体育教師♂が、夜中に告白したかと思うと、いきなり主人公(女子高生)の部屋に忍び込んで、「ヤラシイ音たててるぜ」なんだもん…、ないでしょ。

そんなトホホな内容が問題だったのか、それ以前が問題だったのか、私は、レディコミも、やっぱり一作ずつしか読めずにいる。
多分、『海潮音』でも同じだろう。
それなら後者の方が…、と思われるかも知れないが、レディコミはレディコミで、突っ込みどころが多すぎて面白いというものである。
当分ハマッているかも知れない。

ところで、私は、小説においては、渡辺淳一をレディコミのノリで読む。
「あはは、こんな都合のいい女、いたらいいよな~」
と、お耽美を楽しむのである。
もし、あの世界をマジで夢見ている中年男性がいたら、私は、とんとんとその肩を叩いて、
「あなた、女房だけを見ていなさい…」
と言いそうなかかぁもどきなのである。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります♪)

-

ナースコールの鳴る部屋

20051027152705
どの病院でもある?ようだが、この病院にも、押してもいないナースコールが勝手に鳴る病室があるらしい。

「看護師さんに言われたんですよぅ、この部屋はそういう部屋やって」
と個室住まいのTさん(30代♀)。
「それどころか、昨日は急に天窓がばたんと開いたんですよ」

うそぉ~!と寒がる聴衆たち。天窓はボタンを押して開けるようになっている。
「夜やったし、もう怖くて。看護師さんは変やなぁって言うだけで」

それにしても、そういう病室って、死に至る病や怪我の治療にあたる病院なら確かにありそうである。
が、ここは精神病院。直接的に病室で死ぬ人はいないはず・・・。

しかし、話が変わって、再びTさんが話し始めた時、私はこの考えを改めなければならなくなった。
Tさん:「実は私、今日、思わずヒモ買っちゃったんですよ」

げっと一瞬固まる聴衆陣。慌てて皆で、医師にそのことを言うよう勧めた。

何が怖かったかって、Tさん本人が事の重要性をあまり理解していなかったところである。
Tさんは支配的な夫との関係で鬱病を発した。
だが、先日私は、その夫に彼女がしずしずついて歩くのを見て、人事ながらため息をついたものであった。

-

アルコホル依存な私

20051026163006
ヤレヤレ、今日は、火がついたようにミュールが欲しくなり、病院周辺を歩き回っていた私なのである。この周辺は、大型スーパーなどが点在しているが、歩くにはかなりの距離となる。

で、ミュールは気に入ったものが手に入らなかった。仕方ない、病院に帰ってきて、つとクローゼットから安ワインを取り出し、ホットドッグとともに一杯やる。当たり前だが、院内は禁酒である。

だが、私は気付いたのだ、ほんのちょっぴりでも、疲れを感じた時に、これをやるのとやらないのとでは、どれ程生活の彩りが変わってくることか。

おかげで今、気分は安定している。しかしこれ、まったくのアルコール依存症ってやつだな。

アルコール依存なヤツは他にもいて、病院周辺の小さな公園なんかで飲んでいる人は、まずアルコール依存な患者である@古参。だろうな、何ヶ月もの入院生活をしている人全てが、禁酒出来ているとは思えないもの。

だからと言って、自分の規則違反が免罪される訳じゃないけれど。何かと理由をつけて呑みたがるのが、アルコール依存症の人の特徴でもある。

そんな私は、ネット依存も指摘されている。こちらは割と改善されているような気もスル。

-

殺意のうどん

20051025133907
これが、今日、私が殺意を覚えたうどんです。
五目のようだが、汁がほとんどない。おまけに、何とも言えない、消毒液のような臭いを放っています。
何をどうしたら、こんな不味いモノが作れるのか。

実は私は、今日の昼食を楽しみに、午前中、病院付近を歩き回っていたのである。ちなみに朝食は、まったくと言っていいほど、いつも蛋白質に欠けるので、前日自分が用意したものを食べた。

つまり私は、病院食2食を放棄して、よそで買ったパンだのクラッカーだの情けないもので、夕食までの腹を満たしているのである。病院生活だからと言って我慢させられる事柄は多いが、メシが不味くて食えないってのは、苦痛感の中でも、かなり上位に入るんじゃないだろうか。

今日は惨敗したが、今度こんなモノが出てきたら、早々にごちそーさまをして、回転寿司でも食べに行ってやろうと思ふ。だが、とは言え、朝食だけは時間的にどうしようもない。

非常食を常備しないといけない病院って一体・・・、
共有レンジはあるが共有冷蔵冷凍庫はない。何をどうしたいのか。謎な精神病院なのである。

このカテゴリーに該当する記事はありません。