FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
16

大脱走


witch

近頃の私は、記憶が落ちることがあるらしい。

先日、恋人Sが言った、
「その話、昨日も一昨日も言うてた」
ところが、私はまったくそのことを知らないのである。

昨夜もそうだった。
Sとボイスチャット中に、私はナニかでぶち切れて、
「ごめん、切る」
と言って、一方的に回線を閉ざしたのだが、何を怒っていたのか、今は全く記憶にない。

ともかくぶち切れた私は、危険な状態に陥っていた。
こういう時、一番危ないのがOD(薬の大量服用)である。
そこで私は、家から一人で外出してはいかんという両親の禁を破って、カラオケ屋に行くことにした。

既に寝ている両親に書置きを残して、チャリに乗る。
カラオケ屋までは約15分の道のりだが、普段、動いていない私にとっては、まあまあ疲れる距離だった。

しかし、夜の静かな町と、涼しい自然の風は、私をうきうきさせた。
気分は、まるで「ローマの休日」のオヒメサマである。

オヒメサマなところは、それだけではなかった。
カラオケ屋でしばらく歌っていたが、まもなく私は眠り込んでしまったのである。
睡眠薬を飲んでいたのを忘れていたのだ…。
映画と違うところは、記者の王子様が現れなかったところである。

はたと気づくと、午前3時くらいになっていた。
あ、こりゃいかん…と帰る支度をして、私は一人、すぐ側にある自分のマンションに向かった。

◇◇◇
翌朝、実家に戻ると、両親は何事もなかったかのように私に接した。
かなり心配していたと思うが、ここで責めると、また何をしでかすかわからんのが、残念ながら今の私なのだ。
彼らは、本当に気の毒な存在である。

Sに電話をかけると、なんだかとってもツマンナイことで怒っていたようだ。
とはいえ、私の不安を煽る内容ではあった。
その詳細な説明の途中でも、吐き気がやって来てトイレダッシュした。
私は、数年間ものあいだ、けっこう崖っぷちに立っているのだ。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります♪)


スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。