FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
12

『せかちゅ~』評


seka_chu

今さらながら、『世界の中心で、愛をさけぶ』の映画版を観たのである。
昔々、恋人Sが焼いてくれたものを、ほったらかしにしていたのであった。
自分から頼んでおきながら、私はけしからん奴である。

さて、物語の方なんだが、これはどう読めばいいのだろうか??
私は、誰に感情移入していいのかわからず、最後まで迷った。
これはいったい、青春の1ページを懐かしむ物語なのか、それとも現在と過去の悲恋を歌う物語なのか??
わからない、わからないのである。
泣けたという人は、どの部分で泣けるのだろう。

迫ってくる台風、嵐とともに出現したカセットテープ、脚を引きずる恋人、萩原朔太郎からとったという名前、古ぼけた写真館、夏休みの思い出、オーストラリアへの想い、手品。
なんだか、素敵な材料がいっぱい揃っているのに、これらが感動に繋がらないのは何故なんだろう。
モヤモヤしながら考えたところ、どうも主人公の高校時代の表現に問題があるような気がしてきた。
すなわち、
「完璧な女の子が、この男の子のどこに魅かれたのかよくわからん」
「男の子もぐいぐい押されて仕方なく付き合ったって感じ」
「16歳の男の子って、こんなに無欲か?」
というあたりである。
純愛にこだわるあまり、本物のキスシーンさえ一つも出てこないという潔癖さ。
なんだかなぁ~??これで恋愛なの??って感じがするのは、私が年をとってるせいだろうか??
結婚式の写真撮ったり、婚姻届作るだけで満足な恋って…、幼稚園レベルだろう、それは…。
つまり、リアリティがないのである。

あれで永遠の愛がはぐくまれたとは思えないから、やはりこの映画は、懐かくもはかない青春の1ページを描いてみました、ってことでいいのだろうか。
いまは、彼らのつたない青春を従順に見守ってきた彼女(婚約者)が、そばにいるからOK、みたいな?

ん~。だとしたら、死んじゃった元彼女、かわいそうかなあ。
青春の1ページを描写するために一つの命を失くすなんて…、お~い、殺さなくてもいいじゃんかよ~。
このラストで、婚約者の彼女が納得できるのかどうかも疑問だし。

――てか、読み方が違うって???

<おまけ>
なんか、原作とだいぶ違うみたいですね。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります♪)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。