FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
12

同情できない事件


chusha

インシュリン事件、中国への仕送り巡り不満対立か (読売新聞)

千葉県の農業鈴木茂さん(54)が中国出身の妻、詩織容疑者(33)に糖尿病治療薬のインシュリンを大量投与された殺人未遂事件である。
茂さんは2003年にも詩織容疑者から熱湯をかけられて、彼女は逮捕・起訴されたというが、その後の夫婦の関係ってどんなものだったのだろう。

そもそも、始まりからこの夫婦はどうだったんだろうか??
普通にお互い恋愛感情があったのだろうか。
見たところ、妻・詩織容疑者は若くて美人だ。
一方、夫は彼女より21歳も年上の地味な男。
中国でお見合いするくらいだから、おそらく日本人女性に相手にされない部類の男だったんだろう。
妻につけられた詩織という名前は誰が決めたのか知らないが、これって爆発的ヒットした仮想恋愛ゲーム『ときめきメモリアル』の主役の美少女の名前じゃないか。
なんか不気味な想像をしてしまったのは、私だけだろうか。

思うに、中国人女性と日本人男性のお見合いって、問題が多くないだろうか。
多いと思われるケースは、女性が田舎に住む貧困家庭の娘さん、男性は過疎地に住むとにかく嫁が欲しい男。
《金銭》と《嫁の務め》のギブアンドテイクになることは目に見えている。
さらに、外国人には理解されにくい独特な日本社会。
地方の農家の嫁に課せられる負担は、日本人女性からみても大きい。
詩織容疑者の場合は婚約の際、中国の親族への仕送りを条件にしたようだが、彼女の中ではほとんど身売り状態だったのではないか。

だとすれば、保険金を狙っての殺人事件が起きてもあまり不思議ではない。
殺人未遂に酌量の余地はないが、私はこの事件に関しては、被害者に同情の念が持てないのである。
だいたい、21歳も年下の娘を嫁にもらうときは、なにか落とし穴があると考えるのが普通だろ。妻との間に金銭トラブルが発生することさえ想像できなかったのかね。熱湯ぶっかけられてもまだ彼女を手離せないのね、情けない…。――という具合である。

被害者夫の保険金額は1000万円。預金額は1000万円。
たった2000万円のために命を奪われたら、たまったもんではない。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります♪)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。