FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
2

散らかし放題の部屋より

houki

人間の分類方法なんて無数にあるが、その一つに、掃除ができる人・できない人っていうのがあるのではないだろうか…。
……。

そう、わたしの部屋はいま、大荒れに荒れている。
わたしは、掃除ができない女なのだ。

言い訳をすると、片付いた生活空間は落ち着きが悪い。
とくに、ベッド周りは、本がぐちゃぐちゃに散乱していないと、困る。
寝るまえに、なんでもいいからぱっと開いて好きなところから読むのが、わたしの習慣なのである。

大事な郵便物やメモなんかも、そのへんに放ってある。
でも、机のどのあたりに埋まっているかは、ちゃんと把握してあるのだ。
そうやっているうちに、要らないものはどんどん地層の下に埋まっていき、よく使うものは地層の表面に出てくる…、いわばこれは「超整理法」なのだ。
――なんて、言ったもの勝ちだな。

マンションに一人で住んでいたとき、毎日替える下着や靴下なんかは、脱衣所にある洗濯機のそばに吊るしたままにしていた。
非常に乱雑に見えるが、合理性からいえば、これは最強だと思えた。
風呂からあがって、その場で、パチンと洗濯ばさみから下着を外す。
今日着用していたものは、すでに洗濯機に放り込まれて、洗われるのを待つばかりになっている。
汗水たらして箪笥を行き来しなくても、人目さえ気にしなければ、これでいいじゃないかとわたしは開き直って生きていた。

とにかく、掃除・片付けが嫌いでたまらないので、そうやって手抜きすることばかりを考えていたのである。
さすがに、生ゴミ関係はまめに捨てていたが、不衛生でなければ部屋は片付いていなくてもOKであった。

このように、今日も散らかった部屋で安堵を得ていたわたしである。
本ときたら、まるで引力に吸いつけられているかのように、枕元に集結しているのだった。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



13

わが双子の妹よ…。

my_sister

これ、うちの双子のゆき妹です。
41歳です…。

ケータイに画像が送られてきたとき、わたしは「誰やこれは?」と目を疑いました。
彼女は煙草も吸うし、肌もきわめて汚いのです、ほんとうは近くで見たら。

画像、届いたよ~とゆき妹に報告すると、
「実は、最近、エビちゃんもやってるねん、フリフリとか」と、恐怖の告白をしました。
わたしは、エビちゃんがどういうものか知りませんが、だいたい想像できます。
わたしは、おそるおそる尋ねました、
「そういうカッコで、飲食店に行ったら、しんどくないか?」
「全然」

…彼女には、余裕すら感じられました。
わたしは、まだまだ、精進が足らないと反省した次第です。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

該当の記事は見つかりませんでした。