FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
12

幸せ貧乏症

kaigara

自分の内面について考察中である。

山田詠美『トラッシュ』を久しぶりに読んでいたら、主人公の女よりも、彼女のアル中でどうしようもない中年黒人男の方に共感できた。
物心ついた頃から周りに祝福され、幸せをお腹いっぱいにして生きてきた女に、愛情に飢えてその環境に慣れきってしまった人間のことを理解できないのは、当たり前じゃないかと思った。

作者・山田詠美の育ってきた環境は、激甘の家族愛で満ちた、いまの日本には珍しいベタベタ仲良し家庭である。
彼女は、それを幸せと感じ、エッセイなどでも、そういう気持ちについていけない人間を、可哀相な人…と呼ぶ。
その定義でいくと、わたしもとても可哀相な人…である。

物語の主人公は何度も言う、「世界のみんなが幸せになればいいのに!」(原文ママではない)。
だが、幸せで満腹になったことのない人間は、なんで食料を他人に分けるのが嬉しいなどと考えるのかさっぱりわからない。
かえって、そういうことを言う人のことは、不気味に感じるのである。
だから、「さあ、あなたにわたしの愛を分けてあげる」だの「なぜあなたにはそれが出来ないの?」などと言われることに、腹立たしさを覚えるのである。
(そういう人間が住環境にいたら、わたしだってアル中になる。)

物語では結局、主人公の女はアル中と別れ、愛情に満たされて育った良質な若い男のもとへ移っていくのだが、当然の結果だろう。
そうなることはわかりきっているのに、この主人公(≒山田詠美自身)は、なにをごちゃごちゃ442ページにも渡ってウンチクをかましているのか。
やっぱり、なんもわかっていないんじゃないのか。

もし、この作品を、作家本人がいま、赤面モノだと思っていないなら、全然駄目だなと思う。
負の方向に情熱を燃やしてしまうタイプの人間のことが、いまいち描ききれていない。
作家なら、もう一歩踏み込んで欲しいところである。

<おまけ>
そんで、自分の内面についての考察といえば…、自己嫌悪と恥でめためたになっているところである。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。