FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
8

千鳥のボケ

drum

取り敢えず、仲直りした恋人Sとわたしが、夕ごはんを食べようと、大阪・心斎橋筋を歩いていた一昨日のことである。

酔っ払いの集うゲーセンで、店頭の和太鼓をボカスカやっている目立つおにーちゃんがいた。

それが、どうも挙動不審なのである。
ホラ!俺を見ろ!!キョロキョロキョロ…。
コインを入れてゲームをしているふうではなく、いわばデモンストレーションに近い感じなのである。
わたしは一瞥して、こいつは頭のネジがゆるんだ、ひどく自己顕示欲の強いアホだと思った。

すると、恋人Sが言った。
「あれ漫才師やで。けっこう有名な」
「へー」(←まったく興味なし。)
「さてはあれは…、女を待たせてるな!!」

恋人Sは、自分なりに看破して嬉しそうだった。
わたしは、そういうことの機微に長けていないので、ゲーセンで自己顕示欲を発揮する芸人のどこにその様子を見たのか、さっぱりわからなかった。
しかし、2・3時間後、数十メートルと離れていない同じ場所で、再びその芸人がうろうろ歩いているのを恋人Sが発見したとき、さすがのわたしも、「あーそうかもね」と考えるに至った。
一人で、芸人がこんなところをうろついている理由が、あまりあるとは思えない。

「とすると、彼女とは電話番号もメアドも聞く前に、別れてしまったということやな」
「別れ際に、あっ、じゃ俺またここにいるから!みたいな感じで」
「そんで…、彼女、まだ来てないわけやね」
「かと言って、路上フォークを聴きながら立ってるのも変やから…」
「そんで、うろうろしとんのか」

「見てくれ!」と言わんばかりに、たくさんの歩行者の前で悪目立ちしてたんだから、まーこのようなブログの片隅で、陰口を叩かれても文句は言えまい。
はっきり言って、あまり賢い人間とは思えなかった。
もっと言えば、ちょっと人気が出て、勘違いしている人なのかなとわたしは思った。

「あいつは、<千鳥>のボケの方や」と恋人Sは言った。
「ボケね、なるほど」とわたしは言った。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。