FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

歯車が狂う。

haguruma

一つ歯車が狂うと、あらゆるものががたがたと崩れていくことがある。

今日は、そんな日だった。
朝、目覚めたときの気分は悪くなかった。
旧友Hから電話が入る。昨晩、わたしの方から「頼んでた例の件、もう時間がないし、自分で手配する段取りになってるけどいいかな?」と再メールしたからだ。

彼女は、「ごめんーー!」とほんとうにすまなそうに、しかし慌しく緊迫した声で言った。
そうして、わたしが具体的な内容を告げると、てきぱきと段取りし、結果的にわたしにとって申し分ない仕事をしてくれた。
要求が通れば、人間はとりあえず落ち着くものである。
面倒なことを頼まれて、それを遂行した彼女に、わたしは感謝しなければなるまい…。

わたしは新聞を広げ、ワインを飲み、ふとあることを思いついてブログに書き始めた。
そして、さらに、後輩Tに仕事のことで連絡を取るのはどうだろうと考えた。
Tはフリーのスポーツインストラクター→現在なんかの社長で、わたしのいまのバイトを、忙しすぎるからと言って回してくれた人である。かなり前になるが、手が足らない!とぼやいていたので、いまでも何か役に立てることがあるかも知れない。
わたしは、自分のなかに、少し光る「やる気」みたいなものが湧いてくるのを感じた。

だがそんなとき、なんの拍子か、ブログの書きかけをポンと消してしまったのだ。
あっ…、と小さく叫んだが、すべてがどこか彼方に消えてしまった。
しばらく呆然としたが、気を取り直す。しかし、このへんからすでに、徐々に、今日が崩れ始めた。

わたしは横になり、再びHの、予想していた通りの硬い口調を思い出す。
彼女はいまごろ、次から次へとこなさなければならない用件の中で、わたしからのメールに関するすべてのことを忘れているだろう。
だんだん心がくもってくる。すると窓の外で、雨が降ってくる。
散歩に出ることが出来ない。身体を動かさずにじっとせざるを得ない自分が嫌だ。

猫が入っているこたつから出て、ぐるぐると狭い家のなかを歩き回る。
幻想が、泡となって消えていく。仕事の相談を後輩に持ちかけるなんて、Hに冷たい事務的態度を取られる以上に辛い思いをするぞ。
自分のなかに光るあの「やる気」の端っこをちょっと上手く掴むことが出来たなら、すべては上に向かってぐるぐるとらせん階段を昇るように回ったはずなのだが。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。