FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

キャッチャー・イン・ザ・ライ

shikaku

昨晩、目の前に転がっていた『キャッチャー・イン・ザ・ライ』@村上春樹訳を広げて読んだら、涙が出てきた。
誰でも、ツボにはまる作品ってあると思うが、この小説はわたしにとってそういう類である。

高校を退学してほっつき歩いている少年・ホールデンが、妹に訊かれてふと馬鹿みたいな夢を語る。
「何千人と子どもがいるライ麦畑のなかで、崖の方をめがけて走っていく子どもがいるだろう?その子をさっと掴まえて助けてやる仕事、それが僕のやりたいことなんだ、それ以外はない」(原文ママではない。)

もちろん、崖をめがけて走っていく子どもとは、ホールデン自身なのだが、彼はそんなことを言って、間接的に誰か自分を助けてくれと読者に訴えかける。
クールな態度の裏にある少年の叫びが、その言葉に集約されていて、心にぐっと踏み込まれる。

この小説(野崎孝訳)を初めて読んだのは、20歳ごろだったが、そのときからわたしの愛読書1・2位となっている。
当時は、わたしの人生は順調だったが、それでもホールデンの気持ちに同調できた。
崖から転落したいまなんて、なおさらである。
「わたしのことも誰か助けてほしかった」。…
だが、(ま、人生なんてこんなもんさ)みたいなホールデンの幕の引き方に、そうなのだ、誰も自分の望み通りに助けてくれたりはしないのだと知らされる。

村上春樹訳は悪くないと思うが、わたしは野崎孝訳をあきれるほど読んだので、そっちの方が慣れていていい。
村上春樹訳…、最後に訳者の解説があるはずだったが、著者(サリンジャー)の要請により実現できなかったとある。
フランツ・カフカ賞を受賞したいまなら、OKが出たんだろうか?読みたいなー。

著者サリンジャーは、その後いくつかの作品を発表したものの、公の場に出ることはなくどこかに隠れ住んでいると聞く。
もしかして、永遠の少年なのか?この人は。変人であることに間違いあるまい。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。