FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

アルコール依存症のこと

beer

アルコール依存のことで、人に勧められるままに、精神科主治医の診察を受けてきた。
主治医は言った。
「アルコール依存症の一歩手前ってとこやなー。そら飲むのはやめた方がええよ」
だが、具体的な治療について、触れられることはなかった。
「アルコール依存症で来てるわけじゃないしね」

最後の一言が、なんだか釈然としなかった。
鬱病と拒食症以外の疾患は、とくに診ないということだろうか。
どうもわからない…。言葉尻ではそんな感じだが、全体の流れをみると「治療が必要なほどではない」とも受け取れる。

「精神科で診てもらえ」とわたしに進言した恋人S&ゆき妹にメールする。
二人とも、「べつの、アルコール依存症専門病院で診てもらったら?」と言う。
いきなり、敷居が高くなる。そんなところに、患者自ら一人で行く人なんているのか。そもそも、それが出来る人は、依存症と呼べるのか??
わたしは、二人に言われて、依存症なら治さなければと思ったが、なんだかほんとに治療が必要なの?と頭がくらくらしてきた。
その気持ちに拍車をかけるのが、わが両親である。彼らは、わたしの飲酒について「このままのペースでいいんじゃないの?」と言うのである。
確かに、わたしは、家ではおとなしく定量を飲んでいて、一見なんの問題もない。
それでも、ゆき妹によると、①一人で飲む。②時間に関わりなく飲む。③飲んでくだを巻く。あたりに依存症を強く感じさせるという。

ためしに、久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト (KAST)をしてみたら、9.7点(要治療)のハイスコアが出た。え~。そうなの??
ますます、わけがわからなくなってきた。
だが仮に、治療が必要なアルコール依存症だったとしても、こんな曖昧な状態に置かれたままで、断酒しても続くわけじゃないか。

なんとなく、周囲の一定しない反応に、イライラしてきたのである。
今夜、飲めないのかと思うと、ますますイライラする。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。