FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

いつしか社会の営みが

ie3

わたしが2年前、自分のマンションから実家に移ってきたのは療養のためだった。
当時、精神科の担当医が、一人暮らしをすることを禁じたのである。

そこから、わたしの生活はなし崩し的に崩れていった。
生活が乱れたのではない。なにかちょっとした、自分でやるべきことが出来なくなってしまったのだ。

社会保障を受けるための手続き、日常生活に必要な金の出し入れ、自分のスケジュール管理。
金の管理なんてひどいものだ。わたしはいま、自分の通帳も印鑑も、すべて母に保管してもらっている。だから、自分がどういう金の流れのなかで動いているのかわからない。年金とわずかなバイト収入があるはずだが、出て行くものも細々とあるはずである。お金に関して、親に主導権を握られてしまうと、ほんとうに立場が弱くなる。

自分で「こうしよう」と思い、予算に合わせて行動するという、ごく普通の生活を営むことが出来なくなっている。
わたしが、ときどきひどくやるせなくなるのは、この部分である。
普通に働いて、普通に生活したい。
なんでこんな簡単なことが、いま困難になっているんだろう??

今日は、見知らぬ老女が実家を訪ねてきたので、わたしはセールスだろうと適当に扱ったら、どうやらご近所様だったらしく、母は怒り心頭であった。
彼女はわたしにあたらず、モノにあたってガッチャンバッタンやる。わたしは小さな子どものようになって、きゅ~っと内臓が縮む思いであった。怖い…。

もう職種はどうでもいい、早く仕事を探して、ここを出て行く算段を考えた方がいいのではないかと目論む。
病気もよくなってきたことだし、自分の家ではない実家で小さくなって居候している必要はないのだ。
問題は、体力である。
わたしがマンションに再び戻るには、せめてフルタイムの正社員なみに働けなければ自立は無理である。
しかし、そこに辿り着くまでにどれほどのエネルギーと時間が要るのだろう。

わたしは、そうやってまた絶望していくのである。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。