FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
8

福袋フリークの謎

fukubukuro

何気なくTVを見ていたら、百貨店で福袋を買い求める人々が映し出されていた。
前の晩から並んでいる人もいるという。人の趣味ってわからないことが多いが、なんでそこまでして?!と、この件に関してもわたしはさっぱり理解できないのだった。

10袋くらい両手に提げているおばちゃんもいる。どうするんだろう、そんなに…。
わたしの友人にも、毎年福袋を買うという人がいるが、理由を尋ねたら「けっこう値段以上のものが入っている」とかナントカだった。
でも、そのうちの何%が自分にとって使えるものなんだろう??要らないものばかり手に入っても…と考えるわたしは、福袋フリークからすれば、チチッわかってないねと蚊帳の外に置かれる立場なのだろう。

それにしても、いくら高級ブランドの服やバッグだって、自分のテイストに合っていなければ、使いようがないではないか。そして、自分のテイストとサイズに合ったそれらに当たる確率って、どれほどのものなのだろう??わたしの場合なら、守備範囲が狭いので、ほとんど当たらないと断言できる。(いや、高級ブランドがそもそも守備範囲外か…。)微妙に要らないものを無理に身に着けることで、全体のバランスが崩れるじゃーないかと思う。

きっとたぶん、そんなことは誰にだってわかっていることだろうから、おそらく福袋にはべつの魅力があるのだろう。
想像するに、キーワードは「自分へのプレゼント」だろうか??
プレゼントって、開けるまでが楽しみでもある。なにが入っているかわからない包装をとくときのふんわりした幸せ…もしかしてこれかっ?!と、わたしは勝手に思いついたのだが、そういう気持ちを求めている人って少なくないかも知れない。

そのほかの動機としては、とにかく割安なものが好きといったあたりだろうか。
しかし、そのくらいのことで、前日から並んだりするものなんだろうか。…う~ん、するかも知れない。
世の中には、わたしの想像なんかをはるかに超える人々がいるのだ。たとえ要らないものが50%入っている福袋だって、安ければいいじゃんの人がいても、おかしくないはずなのだ。

真相はわからないが、だいたいわたしが想像できるのはこのくらいである。
縁起物だから買うことに決めている…とかいう人もいるのかな。
でも、10袋はやっぱり変だろう。
おばちゃんは、いまごろ福袋を開けて、ホクホクしているんだろうか…うぅむ。マニアって外から見ているぶんには、不気味なことがあるものです。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。