FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
8

ミスタードーナツの思い出

donut

ミスタードーナツで「もちもちくるみ」というドーナツに異物の混入が見つかったらしいが、その2店のうち1店は、もしやわたしが大学時代にバイトしていた店ではないか?…と思って調べたら、近いけど微妙に違った。
そういえば、わたしは柄にもなく、大学時代のほんの数ヶ月間、ミスタードーナツで働いたことがあったのだ。

ごはんやオカズならともかく、こんな甘ったるいものを毎日買いに来るやつがいるのかー?なんて当時のわたしは思っていたが、どうして、おおぜいの人が毎日たくさんのドーナツを買い求めていくのだった。それでわたしは、世の食べ物事情の一端を知ってびっくりしたのだ…。
20年前の当時は、いまみたいに飲茶だのもちもちくるみだのメニューが豊富ではなかったが、それでも色とりどりのドーナツの種類を覚えるのにわたしは苦労した。
客の方がよく知っているのだ。「○△◇は今日はないの?」と訊かれてもさっぱりわからん。えーーっと…と探すうちに、「ああないのね」と先方がさきに了解するのだった。わたしは、鈍くさい学生アルバイターであった。

いまではどうだか知らないが、当時その店では、休憩時間中に好きなジュースとドーナツ2個を食べてもいいことになっていた。いや、食べなくてはならないことになっていた。「味を知らなければお客様に売ることが出来ない」というのがその理由である。
とてもいい考えだと思うが、ドーナツを食事代わりにする発想のなかったわたしは、目をぐるぐるさせながら、甘い飲み物と甘いドーナツを口に運んだ。うは、あま~い…はやく食べてしまわないと!――顔は同僚とともに笑っていたが、心は必死である。ドーナツを2個平らげることは、週に1回くらいまでにしたいものだと思った。

ある日、社員の一人から「突然ですが、次の○曜日入れませんか?」と電話が入る。わたしは、いいですよと答える。すると社員Aは、「じつはですね…」とあることを持ち出してきた。
「今度の○曜日はボランティア基金の日なので、給料はすべて××に寄付されるんです」
「…はあ……」
「なので、その日は無給になりますがよろしくお願いします」
無茶苦茶な話である。時給で働くアルバイターに無給で働けと…しかも話が後出しである。
世間知らずなわたしは、こういうことって世の中にはありなのか?とコタツに潜ってかなり悩んだ。しかし後日、他の社員Bが「あの話はなかったことにして下さい」と言ってきた。あれはいったいなんだったのだろう。ともかく、わたしはそれで心底ホッとした。

ミスタードーナツで働いていたのは、ほんのわずかな時期だったが、いろいろなことを勉強させてもらったと思う。
ホットミルクはカップに注いだままチンすれば出来るんだとか(←鍋に入れなきゃ駄目だと思っていた)、どうすればドーナツを効率よく箱に詰めることが出来るとか。
アホみたいなことだが、案外、大学生になっても無知なことって多かったと思う。
いまとなっては、なんで特に好きでもないドーナツ屋でバイトしていたんだか謎だが、まあ悪くない思い出である。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。