FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
4

小中学生時代のマンガとか

manga

実家で便せんはどこだ…と本棚をごそごそしていたら、驚いたことに約30年前、小中学生時代に描いたマンガだの交換日記だのが出てきた!
なんだこれはーー?!ものすごいエネルギーがほとばしっているのだが!?!

マンガのタイトルは『午後7時からは…』であった。
午後7時からいったいナニが起こるというのだ?!
わたしは急いで読もうとしたが、あれあれ??第二部と第三部があるのに、第一部が見あたらない…、えーーん!最初から読みたいよう。

どうやら内容は、ある恐ろしい城に住む女がいて、そいつにハメられた主人公♀が、城から脱出するまでのハナシであった。物語のベースに江戸川乱歩の『奇面城の秘密』があると思われる。
主人公にやっつけられた恐ろしい女は、死んでもなお、午後7時になると狂った笑いを城で続けているという結末だった。…なんとまー怪奇ミステリーな…、一応言い添えておくと、わたしはこういうものばかりを描いていたわけではない。むしろ、スポ根みたいなのが多かったのだ!!

一息ついて、交換日記の方も見てみる。
仲良しだったTちゃん♀と、なんだかお互いけなしあっている…そういうコミュニケーションの取り方をしていたようだ。
大人のわたしが見たら、喧嘩してんのかと思う。でも、二人ともマンガが好きだったから、日々の日記(雑記?)の最後に必ず一コママンガが挿入されていて、完全にちゃかし合っているのであった。
うぅむ。それにしても、交換日記ってふつう男女間でするものではないのか。しかもこれは、交換日記というよりも交換マンガである…。

最後に、その交換日記の一部を書き写しておこう。アホくさくて、幼いわたしの脳味噌にあたまが下がる。
『…さて、シャーロック・ホームズと怪盗ルパンの論文、じつにすばらしかった。では、私は生みの親コナン・ドイルとルブランでいきましょーか……。まず、コナン・ドイルはパン屋さんにつとめていた。そこで、客が「このパンくださいな。」と言ったのだが、何個つめていいかわからない。そこで、「何個いるの?」と聞いたそうな。「ナンコイルノ…?」「ナンコ・イルド…?」そこで順番をかえまして、「コナン・ドイル」となったわけです。(中略)フーッでたらめかくのもしんどいわい。』

大阪で生まれた子は大阪人…。やっぱり、ダジャレとは切り離せない世界に生きていたようです。…

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。