LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

また悩んでしまった末に。

isu2

エントリー一個、非公開にしました。
嫌な気持ちになる人がいるかもなぁ…と悩んだ末に。

ほんとに、ネットでの発言は難しい。そして、シンドイ。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト
-

鬱になる髪型

girl5

なんでだか知らないが、ここ半年くらいのあいだに、同窓会みたいなものが4件やって来た。
4件目は、2週間後である。

ところで、わたしはいま、ひどくへんな髪型をしている。
秋ごろ、体調の悪いときに美容院に行って、適当に短くしてくださいと言ったらほんとうに適当にされたのだ。この仕事はひどい。
その後、何人かの美容師さんに「これはちょっと…」と絶句されてしまった。わたしはいま、お気に入りの美容師さんを急募中である。

そんで、へんなアタマなので、こんな姿で旧知の人たちに会いたくないのである。
髪のすそがビヨンビヨンにはねるので、仕方なく無理やりおさげにしている。これを狙ってやっている人は、ちょっと変わった人だ。すなわち、ふつーの服が似合わないのである。ちょっとアホくさい系でメガネくんになるか、ぼさっとした洒落っ気のない女子学生ふうになるか。どっちにしても、キレイ系のおねーさんには到底なり得ないのだ。

だいいち、いまのわたしは実際にその変人の属性にはまりすぎている。
40代独身・無職・もと精神疾患者。社会のアウトサイダーそのものではないかー。
こうして書いていると、へんなアタマは自分そのものを象徴しているのであって、それはそれで正しいような気がしてきた。
取り繕うよりも、地を見せた方がいいのか?…それにしても情けない姿である。

じつは、この同窓会には出席しないつもりだった。
だが、まとめ役の同級生に「来るよね?」と言われて「行かねー」と言えなかったのである。へんなところで律儀なわたしは、暇人なのに幹事の要望にも応えられないなんて…とこの話を断りきれなかったのだった。

それに、髪型ごときで出席しないっていうのも弱すぎる。
結論的に、わたしはへんな人になりきって、同級生から「いまも相変わらずねー」という目で見られることになるのだろう。
ちょっと憂鬱だ。
髪型さえまともだったら、数時間人をだますことくらい出来たと思うのだが。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

-

ネイルアートにはまる。

nail3

3日間ものあいだ、へんな髪型をどうするかで悩んでいたと思ったら、今度はネイルアートにはまってしまった。もう、ほんとのアホである。

こういうのはやっぱり100円ショップだよね…と思い、あれこれ買ってきて爪で遊んでいた。いや~~んカワイイ…。じつは、わたしの爪は形が悪くてキレイに伸びてくれないのだ。だからいままで爪に関するお洒落はあきらめてきたが、短いなりに手入れをするのとしないのでは、手元の表情が変わってくる。ツルンと塗ったマニキュアの上にストーンなんかをくっつけて、うっとりしているわたしはまぎれもなくオンナノコであった。年齢は関係ない。

さてしかし、明日は体力測定のアルバイトである。
こういう仕事のときに、キラキラの爪はよくない…。本人がどう思おうが、いちおう健康運動指導士として世間から求められる姿があると思う。
残念だが、明日はふつーの爪で出かけなければなるまい。もっと遊びたいのに非常に残念である。

そういえば、へんな髪型の方はエクステもどきの付け毛を購入してみたのだが、こういうのもあんまりいまの職場向きではないなあと思う。
うーーんなんだかわたしは、昔からそうなのだ。体育関係を渡り歩いているので、したいタイプのお洒落が出来ない。中途半端にそれをやることがあるので、大学や職場でちょっとばかし胡散臭い目で見られることもある。「こいつ、やる気あんのか?」みたいな感じである。…職場で茶髪がまだ流行っていなかった頃にそれをして、上司に説教されたこともあったな。あのときは、なんだか泣きたい気分だった。

しかし思えばこの4年間、仕事もなんにもせずに家にいたわけだから、この間にやりたかったドレッドだの金髪だのいくらでも出来たはずである。それが出来なかった理由は、鬱病という世の中のいろんなことに興味がなくなる病気のせいだろう。病気のために自宅療養していたんだから、その間、お洒落に関する行為も欠落していて当然である。世の中うまくいかないものだー。

だが敢えてポジティブに考えると、いまこうやって一日中爪を眺めているわたしは、病気からかなり快復したということで、いろんな意味でオメデタイ姿といえるのだろう。
はたから見ていると、けっこう不気味だと思うが。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

-

メガマック考

hamburger2

きのう、遅ればせながらマクドナルドのメガマックを初めて食べた。
気にはなるものの、ふだんマクドナルドと仲良しなわけでもないので、どこか意識の外に置いてあった件である。

わたしは、ハンバーガーにはジューシーな肉がいっぱい入っていてほしいという願いをかねてから持っていて、ビッグマックの肉の乏しさに不満を持っていた。ビッグマックは肉の味じゃなくてドレッシングの味がする。ビッグなはずなのに、どこかしょぼい。だからわたしは、マクドナルドに入ったときはダブルバーガー(いまはないけど)や普通のハンバーガーを食べることが多かった。

で、メガマックだが、がぶりと噛みついて断面をみると、おお~…70%くらいが肉だ!嬉しい。
ハンバーガーは、食べかけを皿などに戻すとみすぼらしく見えるので、わたしはずっと手に掴んだまま最後まで食べる。がつがつと食べ進んでいくと、途中でピクルスがやって来てピリリと舌を刺激し、つづいて野菜とドレッシングが少し味に変化をもたらす。それが過ぎると、ふたたび肉の味である。この頃には食べ手も少々疲れていて「ちょっと飽きてきたなあ~」などと言い始める。でも、この飽きた気持ちを淡々と胃に押し込めていく作業が、じつにファストフードらしく三流でいいと思うのである。

さて、そのようにやっつけたメガマックであるが、なにしろ塩分が多かった。
昼食に食べたのだが、夕食時にわたしはビールをがぶがぶ飲んだ。予想はしていたが、ほんとうに喉が渇く。血液の浸透圧を保つために、身体が水分を溜め込もうとしているのを感じる。明日の体重が怖い。たぶん、ブヨブヨのボヨボヨになっているに違いない。…

今朝、起きたら顔がぼよ~~~んとむくんでいた。うはなんだこりゃ?!
目元の小じわがなくなって、そのかわりぷっくり膨れている。へんな顔だー。
わたしは眼鏡をかけて、平静を装った。
やはりあーいうものは、毎日のように食べるものではない。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

-

市職員が給食費滞納??

kyushoku

学校給食費や授業料未納 大阪市職員15人、100万も (共同通信)

大阪市教育委員会が、昨年12月時点で市職員15人が学校給食費や市立高校の授業料計約100万円を納めていなかったと発表した。うち3人は現在も未納で、最多額は市立中学校の男性体育教諭(53)の約37万円。子どもが通う市立高校の授業料26カ月分が現在も未納とのことである。

わたしはこのニュースをTVで知って、なんだこりゃーと思った。
給食費の滞納が世間の話題になっているが、市職員までやっていたとは??いったいどういうことなんだろう。

詳しい情報がわからないが、37万円滞納の体育教諭については、親戚の資金繰りが苦しくて…などといった理由のようであった。しかし、親戚の資金繰りのために自分の子どもの学費を流したりするもんなんだろうか普通??邪推で悪いが、本人のギャンブル関係かなんかの返済じゃないのかなあと思う。ほんとうの生活苦で給食費・授業料が払えないのは仕方ないが、そうでもない人がいま問題になっているのだから、ここは厳重に対処すべきだろう。

そして、現在も未納な市職員、また滞納していた15人全員は、いったいどういう事情だったのか明らかにすべきだと思う。
万が一でも、「義務教育だから払う必要はない」などといった理由であってはならないが、一般の人間はなにも情報を与えられないと、どうしてもそういった可能性について考えてしまう。
大阪市職員ってどうなってんの?と職員全体がいぶかしく見られないためにも、ある程度の情報開示はした方がいいんじゃないのかなーとまあ、酒を飲みながらわたしはそう考えたのであった。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

-

同窓会の夜と昼

hana7

おとといの夜は、大学の同窓会だった。
そしていま、ちょっとした不安感と闘っている。

今回のは、学部全体の同窓会だったので、わたしの知らない顔もいっぱいいた。それで、「俺のこと覚えてる?」という人が何人も出てくると、わたしは頭が混乱するのである。「○○○(わたしのニックネーム)、全然変わってないね」と見知らぬ女性に微笑まれる、困惑する。
つまり、わたしを知っているわたしが知らない人々の狭間で、わたしはちょっと怖い思いをしたのだ。

それで、ビールをいっぱい飲んだ。朝までずっと飲み続けた。知っている人たちと歓談するのは楽しかった。
これは確認作業なのだ。自分の人生を見てくれている人へ刻印をつける。定期的にあちこちマーキングしていけば、どうにか自分の人生を辿る道すじができる。
あの人は20代はこうで30代はこんなで40代は…、そしていつか「まあこんな人でしたね」と誰かが覚えてくれていればいいなと思う。

きのうは、船酔いのような不安感を抱えて昼まで寝ていたが、遠方から来てくれた友だち数人のために、再び着替えて都会へ向かった。
今日はもうオフモードだよと注釈しつつ…、実際格好なんてつけていられる体調ではなかった。
大阪名物・551の蓬莱で、遅めの昼食をとる。みんな42歳女性なのに、「豚角煮ラーメン+天津飯」などというボリュームのある男前なメニューを平らげるので笑った。相変わらずの体育学部だね…と言った。ごはん食べなきゃ元気出ないよ!と体育教師をしている彼女らには力がみなぎっていた。

1人が4時のバスに乗る予定だったのになぜかギリギリになってしまい、5人全員で雑踏の地下街をダッシュした。最後のほうは爆笑しながらであった。なんでこんなことになるの?さあ?誰もが誰に対しても責任を負わない。気のおけない友だちってこういうところがいい。

夕方帰宅してから、わたしは一人で酒を飲んだ。
いろいろ、考えを整理する必要があった。
最後に辿りついたのは、「生きるってこんなに辛いものなの?」と誰かに訊ねてみたい心境だった。70歳の両親にではなく、同じような学生生活を過ごした同級生たちに。
でも…、そんなことを訊ける日がやって来るとは思えない。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

-

鬱病を思い出す。

hiyoko6

久しぶりのダウンである。

今日は、一日中寝ている。夕方、いつものとおり散歩に出ようと起き上がる。起き上がれない。
また横になってもう一度トライしたら、なんとかダウンジャケットを着ることができた。外に出る。

歩く。視線が上げられない。しんどい。だんだんスピードが遅くなっていく。途中で引き返そうかと思う。でも、夜になって元気が出てきたら後悔しそうなのでがんばって歩く。

帰ってから、よつばいになって体力の回復を待つ。この姿勢は鬱病のときによくこうなった。これが楽なのである。なぜかはわからない。
あたまがぼんやりする。しんどい。毎日がこんな感じだったんだ、そういえば。思い出した。しんどかったな…。
よくがんばって生き延びたなと思う。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

-

電池切れの日

robot

初期の吉本ばななの本に、朝から晩まで眠りつづける女の子の話があったが、今日のわたしもそんな感じで眠りつづけている。
こんなに人って眠れるものなのか?昨日も一日中眠っていたんだぞ?と思う。

小説のほうはなんかを象徴しているんだろうが、現実にない話を書いてもリアリティがないってもんなので、やっぱりこういうことって誰にでもたまにあることなのだろう。なにかから逃げている…あるいはエネルギーを貯めている?

同窓会に出てからのわたしは、明らかにダメージを受けてボロボロになっていた。理由ははっきりしない。物理的な身体の疲れもあるだろうし、精神的に刺激が強すぎたのかも知れない。ともかく、雑巾のようにズタボロになって昨日も今日も横たわっている。
今日は昨日よりかなりいいが、夕方の散歩時に前に進むのが億劫だった。歩くことって、前に進むことなのだ。あれは、こころが疲れているときはほんとうにしんどいことなのだ。

コンピュータの文字を追う。いつまで経っても同じ画面を見続けている。進まない…そうだ、今日は調子が悪いんだった。あきらめてまた横になる。そしてまた眠る。
脳内の神経伝達物質がまた枯渇したんだろうか?なんだか、電池切れと呼ぶのがふさわしいような身体のたどたどしさだ。
それでもたぶん、今日よりも明日というふうに、徐々にましになっていくと思うが。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

-

風呂は壊れるし

bathing_girl

今日は水曜日で、土曜日がバイトだからそれまでに体調をなんとかしようと思っていたら、今日は木曜日だった。
愕然とする。

今日も一日中寝ていた。
風呂が壊れて入れないから、風呂屋か自分のマンションに行けと両親が言う。
ふだんならどってことないが、いまの体調ではうーーーん…無理しんどい。移動がしんどい。

バイト先に電話した。誰か代わりの人はいませんか?
しかし、派遣元では「いろいろあたってみたのですが」とどうやら都合がつかない様子なのだった。
ぐむ……くるしい。事故やなんかで駒がほんとうに動けなくなったときはどうするのだろう。まあどうにかするんだろうな。「体調が悪い」というのは理由にならないってことか。

こういうどうにもならないときは、わたしは酒を飲んでしまうのだ。
どっかからエネルギーを得ないとやっていけない。
「飲むと余計にしんどくなるよ」と医師から言われているが、じゃあいまのこのしんどさをどうしてくれると開き直ってしまう。
あまりよろしくない患者だなと客観的には思う。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

-

入院のお知らせ

急なはなしですが、入院することになりました。
軽いので、たぶん数日間程度だと思っています。
どうせ暇なので、またモブログで精神科ライフをお届けするつもりです。

なお、わたしのもう一つのブログ――"LIFE,LOVE&ごはん"もこちらでUPすることになると思いますので(二つのブログにモブログできない!)、よろしくお願いします。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

-

眠れない

20070224060619
入院初日だから眠れないってわけじゃない。薬が変わったから眠れないんだな。
なぜだか知らないが、看護師は投薬の内容を教えてくれなかった。明後日、先生に訊いてください。ナンダソリャ。患者本人が何を飲んでいるかわからないなんて・・・まいいけど。
こんなこともあろうかと思って、私は家からいつもの薬を持参してきたのである。だが、飲み合わせなのか機会を逸したのかやっぱり環境の変化のせいなのか、あんまり効かなかった。あと30分で起床時間だ。待ち遠しいな。採血予定なので、それはちょっと嫌だけど。
前に入院したときよりも、携帯電話が当たり前のように使えるようになっていて嬉しい。公衆電話なんかで長々と話せませんよ。いちばん有り難かったのは、母がメールの仕方を覚えてくれたことだ。ちょっとしたものを入院時は必ずと言っていいほど忘れる。今回はハンガーを忘れてきてしまった。初歩的ミスである。こんなものはクリーニング屋さんのアレで充分で、わざわざ買うべき入院グッズではない。だから早速母に頼んだ。家族の存在は有難いものだ!
あと10分だ。待ち遠しいな。お腹が減った。夜中に菓子パンを2つ食べたのだが・・・なんか肥って帰りそうである。

-

風呂屋の鍵?

20070225072021
風呂屋の鍵・・・ではありません。貴重品ロッカーのキーです。1回10円です。ジャラジャラとうるさいので、足首につけ換えようかなと思います。もっとカワイイ飾りつきゴムがいいな。
いろんな患者さんから情報収集したところ、今回は「問題患者」がいないようであった。ラッキー!
いや正確には、私と入れ違いで問題ストーカーおじさんがいたらしい。朝、廊下を歩いていた私にいきなり「ちょっと眼鏡外してみて」「ふ・なかなかかわいい顔してるやん(ヘラヘラ)」と言ってきたきっしょいおっさんがいた!と同室の女性に言ったら、「その人です、その人につきまとわれたんです」とのことだった。こういうのは病院スタッフに訴えてもなかなか改善しない。被害を被った側が出ていくこともある。私はだから、最初からあまり馴れ馴れしく声をかけてくる人とうちとけ合ったりしない(同室者は別)。
さていま朝の7時だが、またお腹がすいた。今朝の私は午前1時から起きている。どうもうまく眠れない。だが、食欲があるうちは大丈夫である。

-

バイトの悩み

20070226062750
昨日の昼過ぎから具合が悪くなってしまった。しゃべるのも辛い。ぐったりとベッドに横たわる。
「午前中、イズミヤ(スーパー)に行ったからかな?」と同室のEさんに言われる。そうかもしれない。だが、頭のなかでふといつの間にか考えているのは、土曜日にしている体力測定のバイトのことだった。
今朝、両親が来てそのことを話した。せっかくいいバイトだから逃すのは惜しいと、母は強く熱望していた。わたしだってそうだ・・・。
だが、心中嫌でたまらないのである。これが鬱病の不思議なところで、好きでたまらないようなことでも、やるのが嫌になることがあるのだ。とても矛盾した二つの気持ちが同居することになる。

とりあえず看護師さんに事情を話した。診察は明日か明後日である。もし担当医から「入院中にバイトなんてとんでもない!」と言われたら、わたしは心底ほっとするだろう。と同時に、お気に入りのバイトを失うことで深く失望するだろう。ほんとうにすごく矛盾しているのだ。

-

お知らせ

2月23日に入院してから3日間、当ブログの姉妹ブログ"LIFE,LOVE&ごはん"(ダイエットブログ)をこちらでUPしていましたが、そのごはんブログいやダイエットブログが元の場所でUPできそうなのでまたそちらでやりたいと思います。
"LIFE,LOVE&ごはん"をこちらに読みに来てくださっていた皆さま、お手数をおかけしてすみません。よろしくお願いします。
("LIFE,LOVE&ごはん"へのリンクはサイドバーのプロフィール欄にあります。)

※なお、"LIFE,LOVE&ごはん"記事は、レイアウトが崩れているという指摘を受けましたので、3件の記事をいまのところ非公開にしています。重ね重ねすみません。

-

血しぶきの夜

20070227100838
昨夜はなんだか大変だった。患者Yさん♀が人前でリストカットをしちゃったのだ。
事の起こりは、患者Sさん♂が担当医の心ない言葉にブチ切れたことだった。Sさんに同調して「引っ張られて」しまったYさん。精神科の病気ではよくみる現象だ。具合の悪い人の具合の悪さに自分までが巻き込まれてしまう。
そしてYさんは女子洗面所の廊下から見える場所で、注射針を自分の腕に派手に突き刺した。派手だとわかったのは、あとでわたしが問題の洗面所を見たとき、かなりの血が飛んでいたからである。
「あら~けっこう派手にやりましたね」と歯を磨きながら呑気に言ったら、同室者2人に黙殺された。まあなんか、Sさんの担当医についてはいろいろと問題が多いらしい。「あの先生の言葉に傷ついて、病室で首を切って自殺した人もいるんですよ」と同室者Eさんが言った。
ひぇー!やっぱりいたのか自殺者!!この病院では、勝手にナースコールが鳴るなど怪奇現象の起こる個室があるのである。まえに入院したときにまさかね…と話していたのだが、実際にあったとは。亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

さて、そんな感じでとても冷徹に、わたしはトラブルにはまったくの人事として関与しないつもりである。
療養に来ているんだから、それで悪くなるようなことがあってはならない。
YさんSさん関係者は夜遅くまで話をしていたようだったが、こんなことがあった夜は、さっさと寝るに限る。

-

煙草部屋

20070228154315
わたしのいる病棟は、禁煙である。喫煙場所は一切ない。喫煙者は病棟外に出ていかなければならないのだが、それも施錠される午後7時までの話だ。その後午前6時半までは喫煙不可能である。すると、一部の喫煙者はあちこちで隠れて吸うようになる。

わたしのいる病室は全員が喫煙者だったので、お互い共謀して看護師の見回りの合間に部屋で吸っていた。わたしは初めて病室に通されたときにわかった、ここで煙草を吸っている人が絶対いる!看護師の説明のように服だけでこんなに臭いはしない。

それで、他の病室が空きしだい移動することをお願いしていたのである。看護師は快く承諾してくれた。ハナシは、そこからである。

今朝、看護師が検温に来たとき、部屋にはわたし一人だった。看護師は言った、「あら本当に煙草臭いわねー!」続いて「やっぱりここで吸ってるの?」。
断っておくと、わたしは嘘をつくのがものすごく苦手である。それが正しいことでも、自分が悪いことをした気分になる。せっかく仲良くしてくれている同室者を売るようなことはしたくない…だが、ここでの喫煙は是非ともやめてもらいたい。
苦しんだ挙句、わたしは答えた、「わたしは何も言えないです」。
すると看護師は「わかりました」と言って出ていった。その後、彼女は再び戻ってきて「昼間も吸ってるの?」などとわたしに誘導尋問するのだった。…

わたしは具合が悪くてずっと寝ていた。そこへ誘導尋問されて、そののちに同室者が帰ってきて、わたしはちょっとばかし脚色した事の成り行きを話さねばならなくなった。同室者に「知らないって言ってくれたんですか?ごめんなさい」と何度も謝られた。それでわたしは、ますます具合が悪くなった。

みんないい人なのだ。だが、なんだかうまくいかないときもある。
煙草は、二度とここでは吸えないねと同室者たちが話し合っていたので、どうやらわたしは病室移動せずに済みそうである。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。