FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

男と腕時計


迷信みたいなものは信じないわたしだが、
「男性の、腕時計に対する扱いは、その人の女性に対するそれと似ている」
というやつはわりとあたっている気がする。

たくさん集めてとっかえひっかえしている人、たった一つのお気に入りを身につけている人、何でもいいからそのへんにあるものを無頓着につけている人、ブランドにこだわっている人、スポーティーなものが好きな人、基本的につけない人…、最近はケータイの普及もあり、若い人を中心に腕時計をつけない人が多いと思うが、つける習慣がもともとある人にとっては、そんな法則が成り立つように感じる(もちろん例外あり)。

かの入院先で、若い女性とみればすぐ近づいていたK氏(40代×1)は、ロレックスだの何だのたっかい腕時計を代わる代わる身につけていたな…。まったく、一貫したポリシーのないやなやつだ。

話はそれたが、もっと大雑把に分類してしまうと、男性における腕時計は、実用性を求めるものと装飾品としての価値を求めるものの二手ではないだろうか。

ところで、わたしの好きなのは前者である。
「見ろ見ろ、俺の彼女はなかなかいいだろ?」と誇りに見せびらかしてもらうのも決して悪くないが、それだけではやはり物足りない。

さてこの度、キャプテンが、自分がいなくては淋しかろうと言って、長年ご愛用の唯一の腕時計をわたしに貸してくれた。

腕時計を貸す?
これはなにに当てはまるのだろう。

わたしは、わたしの辞書にないことをされたので、少々困惑している。
人気ブログランキング
(↑クリックして下さると励みにな
ります。)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。