FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

精神科にてニタニタ笑い

pig3

今日、目覚めたのが朝4時で、それから一睡もしないままキャプテンと精神科へ向かった。
キャプテンとは担当医が違うが、たまたま診察の曜日が同じなのである。

わたしの担当医・Kっちからの今日の第一問は、「まだ(実家ではなく)、マンションに住んでるの?」であった。
「はい、なんとかやってます」
「婚約者と一緒にいるの?――へー。どこに住んでる人なん?」
「えっと、婚約者はもうこっちに引っ越してきていて、…もとは○○に住んでた人ですけど」
このへんから、Kっちはニタニタ笑いを満面に浮かべ始めた。だがいやらしい意味ではなく、興味津々といった感じである。

「それで、婚約者は仕事どうしてんの?」
「11月から復帰の予定です…いま休職中なんです」
「ふうん」
電子カルテに書き込むKっちの手は完全に止まって、彼はこちらを見ていた。
カルテに書くつもりではないのだな。

「それで、いまお酒の量は?」
いつもの質問である。わたしは、人ごとのように堂々と答えた。
「それが最近ちょっと増えていて…、婚約者は寝つきが悪いタイプなんですけど、わたしは朝3時か4時ごろ目が覚めていて、8時ごろにはもうごはんを食べたいわけですよ。でも、婚約者は午前中はあまり起きれなくて、一緒に食べたいのに食べれないわけですよねぇ、それであーー寂しいなぁ~~~とか思って、ついこう、(トクトクトク…)っていっちゃいますよね?」

《いっちゃいますよね?》って、ふつーいかねえだろう?と、わたしはいまのは半分くらいノロケになってしまったなと反省した。
Kっちは、ニタニタ笑いをやめなかった。
「朝から酒はあかんで~~~」とだけ言って、あ、肝臓の数値調べときましょうね、と血液検査の指示を出した。

そんでわたしは、痛い注射をされて、ついでになぜかあまり意味がないと思われる心電図や尿の検査までされて帰ってきたのである。
「またキャプテンのことをあれこれ聞かれたよ」とキャプテンに話したら、彼は「やっぱ患者の環境を知っておきたいんでしょ」と以前と同じ答えをしながら、これまたニタニタ笑いをしているのであった。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。