FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

「赤福」を土産にしたころ

akafuku

「赤福」に無期限営業禁止命令、農水省が立ち入り検査 (読売新聞)

三重県伊勢市の名物《赤福餅》に、34年間にもわたって製造年月日の偽造が行われていたことが明るみになったが、わたしはこれを聞いてまず思い浮かんだのは、(やーっぱり?)というなんの根拠もない、自分の当てずっぽうの勘についてであった。

だって、三重でなく大阪に住んでいるのに、あちこちの駅の売店で《赤福餅》は山積みになっている。
これについてわたしはかねてから、それこそ自分が大学生だった20年前くらいから大いに疑問を持っていて、(あんなにたくさん、毎日売れるわけなかろう?…)(生ものっぽいし、余って困らないんだろうか…)などと、要らぬ心配をしていたのだ。

そしたらやっぱり、売れ残りをフィードバックして冷凍保存・加工し直し、偽造していたということである。
だよなあ、それならわかる…と考えが及んだところで、ふと、自分が小学生のとき修学旅行で、伊勢へ行ったことを思い出した。

あのとき、わたしは、《赤福餅》を買ったに違いないのだ!
なんの考えもない小学生だったので、もっともオーソドックスな選択をせずになにを土産に買ったであろうか。

で、苦手な暗算をあたまの中でしてみた。
えっと…、いま~、42歳だからぁ~…小学6年生っつったら11歳のとき?
――じゃあ、34年前から始まっていたという偽造は、すでに行われていたということだ。

わたしはがっくりきた。
あんなに、あんなに、昔から…。
今回の「赤福」の罪は大きい。
長年にわたるファンもいたであろうに、二度とその姿を拝めないかも知れないと嘆いている方々も、少なくないと思うのだ。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。