FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

結婚生活という仕事

imo

今年の2~6月に入院していたときに知り合った《Iちゃん》からメールが来た。
Iちゃんとは、頻繁ではないが、お互いの近況報告をし合っている仲だ。

Iちゃんは、最近再入院することになったのだが、そのまえにバイトの採用通知が来たので、バイトを始めたと言っていた。
なんてことだ?! 入院するくらいの体調なのに、バイトって…、相変わらずIちゃんは行動が読めない人だ。
しかも、当たり前のように、彼女はヘトヘトになっていた。
このままだと、もしかするとうちの同居人=婚約者キャプテンと、同じ時期に同じ病棟に入院ということになるかも知れない。

わたしも、今日正式に、バイト先に退職願いを受理してもらった。
ただし、いつでも戻ってきたいときは言ってね…の引き止めつきである。
そりゃー新人を0から教えるより、少しでも戦力になる人間を手中に収めておきたいことだろう。
わたしもこの運動療法の仕事が好きなので、すごく残念なのだが、それをやると身体がダウンしてしまうので、いまは仕方ない…。でも、ほんとうに無念である。

さて話は、飛ぶようでつながっているのだが、昨晩9時ごろ、キャプテンがレンタルDVD屋に行ったところ、子どもを連れた主婦が数人いたと言っていた。
キャプテンは、なぜこの時間に?と不思議がっていたが、わたしにはわかるような気がした。
主婦の仕事って、家族にごはんを食べさせて、後片付けして、旦那がのんびりしてようやく一段落…といったところだろう。
自分の時間はそれからだ。
わたしは、主婦になりたくないという気持ちを、いまでも持っている自分を発見した。
今更ながらだが、わたしの場合、賃金などの見返りのない、自分を押し殺したかのような家庭人の仕事が、社会にあるどんな仕事と比べてもやっぱり好きになれない。

もしも、キャプテンの身の回りの世話という仕事がなかったとすれば、わたしはあのバイトを続けることが出来ただろうか。
答えはわからない。
「結婚に向いていない女」という言葉があるが、向いているもなにもあるかい!とわたしは罵倒しつつも、「結婚したくない女」なら確実にいるだろうなと思う。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。