FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ピーマン1個の悲哀

piman

わたしは、体調の悪い日でも、朝起きてすぐに着替えるようにしている。
それは、生活リズムを整える意味もあるが、何より着替えていないと外に出るのが嫌になるからだ。
ところが、今日はそれが出来なかった。

明日はとても寒くなるという。
今日、買い物に出かけておかなければ、明日かなり辛い思いをするに違いない。
わたしは、ついに奥の手を使うことにした。
マンションから車で10分のところに住む母親である。
彼女には、かねてから、貸してあった電気スタンドを返してもらうようにお願いしていた。

「あれのついでに、ピ、ピーマン…ピーマン1個持ってきて…」
「いいよ」
「あ、それと棚にあるあれとこれを…」

隣で通話を聞いていた同居人=婚約者キャプテンは、「ピーマン1個って」と笑うが、これで明日のピザトーストはなんとかなる。
しかしその後、「今晩はなにを食べるか」というテーマに話が移ったとき、わたしは、冷蔵庫に肉・魚などたんぱく質のストックがあまりないことに気づいた。
「えーっと…大根とかかぼちゃとかほうれん草とかあるけど…、それで豚ステーキとか高野豆腐とかでは…」
「大根があるの?じゃ、僕は大根と厚揚げを煮たのを食べるよ」とキャプテンは言った。
大根と厚揚げの煮たのは、彼の好物なのである。

だが、それではわたしは、厚揚げを買いに行かなければならないではないか。
キャプテンは、いったい気を使ってくれているのかなんなのか、わからないときがある。
「あとはほうれん草だけあればいいから」と言うが、それならわたしは豚ステーキを食べてくれた方がずっと楽だ。

彼の要望には答えたいし、わたしはこの件に関してずるずると返事を延ばしていた。
すると母がやって来て、「ほかに要るものはない?」と尋ねてきたので、わたしはつい「あの…じゃ厚揚げも…」と彼女の厚意に甘えてしまったのである。
ついでに、明日は牛肉を使って肉じゃがでもと思い、「…あと、玉ねぎも1個ください…」と頼んでしまった。
なんだかこれでは、10円ずつ人から借りて、昼食代を浮かそうとしている人みたいだ。

頼もしい母は、大量の厚揚げと玉ねぎ1個と、気を利かせたのであろう、出来合いの鶏の唐揚げを買ってきてくれた。
さらに、みかんいっぱいと冬至のゆず、なんかも添えてくれた。
ありがとう~…。
わたしは、玄関先ではいつくばりながら、お礼を言った。

しかし彼女が帰ってしばらくしてから気がついた。
最初に頼んだピーマンがどこにもない。
母もトシなのだ。
体調が悪いからって、こき使ってばかりではいかんなと少々反省した。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。