FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

Kタイ小説の憂鬱

keitaidenwa3

お遊び小説を執筆中(大袈裟)です。

しかし、なんなの、あの「Kタイ小説」ってやつは?
このたびいろいろ研究していて、初めて読んだのだが、なんか高校生向けのレディースコミックのノリである。
わたしが察するに、あれは昔のマンガヲタク少女たちが同人誌つくって、お互い下手なマンガをほめあってた世界に通じるものがあるんじゃないかと思うんだけど(←自分もやってた)、とにかく大人を寄せつけない独特の雰囲気である。
たぶん、ケンカとかトラブルも多いんだろうな…と想像してみる。

でも、書き手の立場からすれば、ページを順に書き進めていけるところがいいと思う。
こういったいわゆるブログだと、新しい記事が古い記事に上乗せされていくので、物語が完結したあかつきには、いちばんトップに最終回の話がくることになってしまう。
つまり、ネタバレ自爆装置つきというわけである。
しかも、途中で感想ください~と言ってみても、え~最初に戻って読むの?ということで、読み手からすればじつに面倒な話になる(←小説ブログもいくつか読んだ)。

Kタイ小説で大人が物語を書くにあたり問題があるとすれば、「小中学生のユーザーも多いので、内容は未成年者の目に耐えうるものを」という注釈がついていることである。
にもかかわらず、多くの小説のなかに、ホストの世界だの、先生とのイケナイ恋だのが頻繁に出てくるのは、あれはなんなんだろうか。
性的描写がなければおっけーなのか?先生と恋仲になるな、先生と!
わたしは歳をとったせいか、そういう倫理観のズレが、じつに気になる。

わたしが同人マンガ誌をやっていた頃も、けっこうヘビーな設定や描写があって、みんなで「キャー」みたいなところがあったが、ネットとそれの影響力の大きさの違いは、ゾウとゾウリムシくらい圧倒的なもんである(へんな比較)。
思春期の少女の、あのヤケドしない程度に怖いもんを見たいという奇妙な性癖は、ときに注意が必要なんではないかと思ったりする。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。