FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

キャプテンとの最後

kagi

今日、元同居人=婚約者キャプテンが引っ越していった。
うちはモノが多いので、あたりががらんとしたりなどしない。

久しぶりにみたキャプテンは、ちょっと性格が丸くなっていた。
病状もまあまあだという。
それはよかったね…と思った瞬間、わたしはギクリとした。
キャプテンの左手くすり指に、まだマリッジリングが光っている!

「これはもう、一生外さない」
彼は付き合っていたとき、そう言っていたが、まさか、まだつけているとは思わなかった。
「もう自分は、一生一人で生きていく」
別れるとき、彼はそんなふうにも言っていたが、ほんとうにこれから一生、彼女をつくらないつもりだろうか。
もともと公務員的堅苦しさのある人だから、将来はともかく、少なくともいまは本気かも知れない。

わたしはとっさに、自分の左指の付け根を、橈骨神経麻痺の治癒のためにつけていたサポーターで隠した。
「わたしも外さないよ」と言っていた自分が、薄っぺらなものに感じて、恥じた。
いま、わたしのマリッジリングは、台座にはめられて暗闇のなかにいる。
なんだか、リングがかわいそうになってきた。
せめて、右指にはめようかなどと考える。

引越しが終わると、キャプテンは、電話で「いままでありがとう」と言ってきた。
「決して、《こんなやつ!》って憎しんで別れたわけじゃないから、よかったです」
「そうね」
「二人とも同時に体調を崩したのが悪かったわけですから」
「そうね。…」

こうして、あらゆることを運命のせいにして、わたしたちは完全にお別れをした。
いつだって、別れは辛い。


スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。