FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

大地震に心構える

iwate_miyagi_jishin

岩手・宮城で震度6強…3人死亡、けが多数、行方不明者も (読売新聞)

朝、ぼんやりTVを見ていたら、いきなり地震速報が入って、しかも震度が6強だったというので、うひゃーと惨状を想像してしまった次第である。
その後は、ずっとTVを見入っていた。
しかし、速報がそうたくさん入るはずもなく、TVがあんまり同じことを繰り返すので、わたしは1時間眺めたあとで、TVを消して二度寝した。

午前11時ごろになって起きたが、2chではどうなってんの?と思い、パソコンを立ち上げる。
その時点で、死者2名が出たことを知る。
そして疲れて、パソコンをそのままにして、また昼寝する。

昼過ぎになって、今度はネットニュースを見て、さらに死者・ケガ人・行方不明者の数が増えたことを知る。
今後、まだまだ増えていくかもしれない。
しかし、震度は阪神大震災と同じなのに、災害のこの規模の違いは、なんなんだろう。

おそらく人口密集地ではなかったというのも一因だろうが、そうなると、もし、この規模で東海地震が起きたら、いったい犠牲はどれほどのものになるのだろう。
ってか、東京をやられたら、日本という国は機能するのだろうか。
なんだか、その辺がすごく怪しい。

いや、それどころではない。
わたしが住んでいるこの大地にも、大きな活断層があって、こことて決して安全な場所ではないのだ。
大地震は、わたしにとって、決してヒトゴトではない。
もし、緊急地震速報を見る間もなく、大地震が襲ってきたら、どうしよう?

阪神大震災のときの、被災した家の中の様子を映したビデオを見たとき、ピアノが部屋の端から端までぶっ飛んでいたから、たぶん、窓を開けたり、火を消したりする余裕は、わたしにはないと思う。
すると、たぶんパソコン部屋にいるであろうわたしは、這いながら、パソコン机(がっちり)の下に潜り込むことになるのだろう。
ベストは、家具のない寝室の布団の中だが、そこまで、辿りつけるかどうか…。

なす術がないもの、それが天災だと、起こるたびに思い知らされる大地震である。
被災地区の方々には、まだ続く余震の中で、二次災害などにあわないように注意して、がんばってほしいと思う。


スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。