FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

おせんを食べる。

suzumedai

冷凍食品を食べ飽きて、ああどうしようかと思っていたら、家から「釣りに行ったときの魚、煮付けたよ」と言ってきたので、早速ごちそうになりに行く。
釣りが趣味で、シーズンには漁師かと思うくらい釣りばっかりやっている両親が、ついにこのシーズン、目覚めたのだ。

先日は、和歌山で豆アジを300匹くらい釣ってきていたが、今回は大阪なので、アジくんは全然かかっていなかった。
かわりに、いつもなら海に捨てるスズメダイ…通称おせんが、食卓に一人当たり3匹並んでいた。
他にも、まだ鍋にたくさんあると言う。

「おせんは、食べる身がほとんどないなあ」と、父が魚の骨をむしる。
「ほんと、これしか釣れなかったのよ」と、母がわたしに弁解するように説明する。

わたしは、3匹のおせんを食べたが、悪くはなかった。
むしろ、どかーんと、店で売っているようなデカイアジが、焼かれて「ほら食べろ」と言わんばかりに威張っていたら、わたしは半分で遠慮しただろう。

そうやって、両親の釣果を食べたあとで、わたしはゴロ寝した。
母がせかせかと動き回るが、わたしは実家に帰ったときは、ほとんどなにもしない。
だいたいは、疲れたときに実家に世話になりに行くのだ。
向こうもそうしろと言うので、まあいいかとそれで甘えている。

その後、どうにも気力が湧かないので、早寝して、今朝帰ってきた。
昼ごはんに、と母が冷麺を持たせてくれる。
冷麺!
今朝のこの寒さはハンパじゃなかったと思うのだが、あなたはそういうチョイスできたか。

マンションは暖かいので、お昼にはゆっくりと冷麺を食べることが出来た。
しかし、さっそくもう、夕ごはんがない。
だからと言って、買いに行く気力がないのだ。
たぶん、また冷凍ピザかなんかにすると思う。

両親は明日も釣りに行くようなことを言っていたので、また釣れたら呼んでくれるだろう。
ここのところ、まともな食事は、両親経由でしか食べていない気がするので、ありがたい話である。


スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。