FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

アラフォーの憂鬱

usagi_tea

「Around 40」(アラフォー)なんて言葉が出来ているが、年齢的にわたしは、まさにそれに当たる。
アラフォーとは、20代は就職先に恵まれ華やかに生き、30・40代は仕事に生きて、経済的に豊かで、結婚はべつにしなくてもいいや…という生き方をしてきた層のことらしい。

その人たちが、最近、徐々に結婚し始めたんだという。
そういえば、わたしも数ヶ月前に、初めて婚約とゆーもんをしたんだった。(すぐ破棄になったけど。)
わたしの場合は、「そろそろ年貢の納めどきか」という感じだったが、他のアラフォーたちはもっと積極的に、結婚相談所などで相手を探したりなんかもするらしい。

同世代として想像するに、彼女らはおそらく、
「一人も悪くないけど、一生の伴侶を得るっていうのもいいよね」
という気楽な感覚じゃないかと思う。
つまり、あらゆるものを手にしたあとで、最後に夫、というわけである。
もうひとつ、子どもを産むタイムリミットや、不景気で上がらない給料に不安を感じ始めた、なんていうのが背景にあるかも知れない。

サテ、わたしはといえば、歳だけアラフォーで、他に当てはまる点といえば、20代前半のとき、月給のすべてを、夜のバーやクラブにつぎ込んで遊んでいた…というバカっぷりしかない。
わたしはいまは倹約家だが、それは20代のとき、株で大損してからのことである。
34歳からこっちは、鬱病でほとんどずっと闘病生活である。
だから、みんなのいうような、「元気で経済力もある」典型的アラフォーではない。

そんで、「アラフォーが元気だなんて、嘘だろ…」なんて思いながら、忌々しく横目でTVを見ている。
でも、同じくアラフォーに当てはまる3人の同級生たちを思い浮かべると、確かにみんなものすごく元気で、休みとあらばマイカーであちこち飛び跳ねて、鬱病なわたしなんか、口もはさめなくくらいぺらぺらぺらと、みんな闊達によくしゃべるのであった。

そのたびに、わたしは、典型的アラフォーになりたいなんて思わないし、もうなれないけれど、「あーなんか辛い…」と、もう戻って来ない年月のことを思い出さずにはいられないのだった。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。