FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

中古ゲームとディズニー

mickey

貧乏している今日この頃、もう本・ゲームは定価で買う気がしないので、昨日は、本屋の上にある(!)中古ゲーム・古本屋に行ってみた。
ここは、いつ来ても客がいない。
いい商品が揃っていないってことだろうな。

案の定、いまやっているDSの人気ソフトなんかは、すべて「中古売り切れ」であった。
ほかの中古屋さんで買っておいてよかったー。

ところで、こんなふうにして、買う気もなくあちこち中古ソフトを見て歩いていると、小学生の子がたまにニアミスしてきて、チラッとこっちを盗み見て、だーーっと走っていったりする。
あれ、なんなんだよ。大人はゲームしないとでも思ってんのか。

これはゲームに限ったことではなく、マンガの背表紙をまじまじと見ていたりしてもよくある。
マンガの棚は女子が多いので、彼女らはわたしの方を一瞥すると、くるりと背を向け、友だちと会話を始める子なんかが多い。
自分たち子どもの聖域に、大人が無粋に立ってんのが、困るんだろうか。
そう言われても、こっちだって見たいものは見たいし、「しゃべってんなら、そこ、どきやがれ」と心で毒づいていることもある。

しかし、こーんなちっちゃい子と、わたしは、歳も頭の中身も全然違うのに、同じモノを求めてしまうのはどうしてだろう?
それが、わたしにとっては不思議で仕方ない点である。
たぶん、やっていることは一緒でも、あっちは主観的でこっちは客観的であるとか、使っている脳の部位が違うとか、なんらかの違いはあると思うんだけれど。

そういえば、わたしの嫌いなディズニーなんかも、大人子ども関係なしに、好きな人は好きである。
でも、ディズニー好きな大人は、誰からも糾弾されない。
なぜだー。
どっちもテーマは「夢」であることに違いないと思うのだが。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。