FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ダンスの時間

usagi_dance

今日もまた、社会で役立った大学時代の授業の話である。

それは、「ダンスの時間」であった。
当時、わたしは、くるくる回っても目が回らないようにするには、進行方向のある一点を凝視していればいいということを、知らなかった。
「ダンスの時間」は、それを初めて教えてくれたのである。

さっそく、進行方向の一点を凝視し、くるくる回りながらバレエダンサーのように移動してみる。
だが、最初の方はなんとかついていけるのだが、10mもいくとヨロヨロヨロ…と、体操部とダンス部以外のみんなは、酔っ払い軍団となってへたるのであった。
なぜなら、首がそんなに速く回らないからである。
一点を見つめているうちに、徐々に徐々にズレていって、やがてわけわからんあらぬところに、目も身体もいってしまうのだった。

でも、数回転なら、なんとか首もついていけるし、ヨロッとなってもごまかす技術を習得した。
人がやっているのを見ていても、首の回転速度によって、本格的にダンス・体操・バレエ・スケートなどをしている人なのか、ふつうの素人ダンサーなのかがよくわかる。
(ちなみに、ジャニーズの首は回らない。←つっか、踊る芸能人で首回る人いるのかな。)

社会に出てから、当時はバブルの後半だったので、わたしは夜遊びをよくした。
それで、素人くるくる回りをマスターしていたわたしは、がぜんディスコとかクラブ(当時は両方の呼ばれ方をしていた)で踊るのが好きになってしまったのである。

さらに、踊りつかれたときのために、わたしが発明したのは、「相手の目を見ながら1回転くるりん」であった。
これは、すごく簡単である。
そりゃ、首を少し上げて、相手の目を見て回るだけだから、首を立てたままくるりんするより、はるかに楽だー。
それでいて、なんだかダンスが上手く見えるのである。
お得ですよー。

しかし、大学の授業で学んだことが、こんなアホな使われ方をするとは、なんとトホホな話だろう。
しょせん、大学で学ぶことなんて、こんなものよね…と、納得することにする。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。