FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
2

昭和時代にタイムスリップ

apple

またしても、両親とカラオケ屋へ行ってきた。
昼のさなかである。

わたしは仕事上、歌を歌わなければならない、彼らは町内会の旅行で歌わなければならないので、一緒に練習しようというのが始まりだったが、今日様子を見ていると、どうやら彼らはカラオケにハマってしまったようであった。

「ああ、楽しいなあ」と母が言う。
「こんなに面白いものとは知らなかった」
――でも、我々3人がカラオケ屋に来たのは、このたびが初めてじゃないのである。
いつだったか、数年前にも3人でカラオケ世代間バトルをしている。
そのときは、たぶん…、わたしが洋楽ばっかり歌ってしまったから、彼らが楽しくなかったのだろうか。
いま、わたしはようやく思い出せる昭和45年あたりの歌を探して歌っているのである。

こうなると、彼らの元気が出てくる。
あの歌も、この歌も…、と次々思い出される様子で、わたしの出る幕じゃないのだった。
わたしは仕方ないので、歌を歌ってみて、パブの客層世代である両親の反応をリサーチしていた。

「ほかに曲、なかったかなあ」
2時間近くも歌い続けたあたりで、母が寝そべりながら言うので、わたしはふと思い出して、
「りんご~~~の、はなびらがぁあ~~♪ とかは?」
と提案したら、それを父が勝手に勘違いして、『りんごの唄』を入れてしまった。
りんご違いである。
結局、母は、
「あ~か~い~、りんごぉに、くちび~る寄せて~♪」
と、早いテンポの歌を歌わされることになってしまった。
父のそそっかしさと確認の甘さは、いつもながらである。

帰りに、歌い足りなかったのか父が、「また明後日来ような」と言った。
「まだちょっと、わかりにくいところあるしな」
わたしはどうせ暇なので、元気ならばついていくと答えた。

そういうわけで、まだ昭和の時代にタイムスリップの日々が続きそうなのである。
今度は、ちょっと憂さ晴らしに、自分の世代の歌も歌ってみようかと思う。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。