FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
9

二人の子どもですと?!

baby4

昨夜は、いつもどおりKくんちで飲んでいたのだが、焼酎が入ったせいでKくんは少し酔っ払ってしまった。
彼は、ある程度酔いがまわると、しばしば本音が出る。←(ただし本人は認めていない。)

「俺が低収入やから、あんたもはよ働けるようにならなあかんでぇ」
「……? エ? なんで?? 結婚すんの???」
「当たり前やがなっ!!」
「えーーっ」
「俺とあんたの子ども、つくらなあかんやないかっ」
「えーーっ! 無理やって!! 第一子ども育てるの、どれだけ大変か!」
「でも、遺伝子を残さなあかん。人間はそのために生きとるんや」
「(一理あるな)…お互いの悪い方の遺伝子ばっかり残ったりして」
「あほかっ。俺とあんたの子やで?!(頭を指さす)ええに決まってるやん!!」←Kくんはわたしは頭がいいと思っている。
「…無理無理無理。母体が危ない」
「だから、急ぐんやんか。若い子やったらそんなん言えへん」

Kくんがどこまで本気なのか定かではないが、まえにもちらっと言っていたことがあるから、少しは考えているのだろう。
でも、わたしの答えはNOだ。
どう考えても、自分が結婚して子どもを育てるなんて無理だと思う。

まえのキャプテンのときに懲りたのだが、一緒に住み始めると、外へ出てデートしなくなるし、お互い嫌なところも見えてきて、関係が変わってしまう。
女性の立場から言えば、恋人としてチヤホヤされている時期がいちばん楽しいのであって、家で旦那の面倒をみるようになると、恋人同士ではなくなってしまう。
それは、つまらないのだ。もっともっと何年間も、恋人でいたいのだ。
そのあとで結婚ということなら、考える。

しかし、その頃にはわたしはもう40歳代後半になっていて、出産は到底無理だろう。
だから、Kくんの夢は叶わないのだ。
彼が遺伝子を残したいと強く考えているならば、そのことが原因で別れることがあるかも知れない。
格好よくいえば、遅すぎた出会いという運命に引き裂かれるといったところだろうか。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。