FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
8

祭りの日

pierrot2

一昨日、スパイ映画もどきの活劇をやったせいなのか、また風邪熱が出てきた。
うう…身体がだるい…。でも今日もバイトだ…。

今日のカラオケパブ《W》は、クリスマスセールで、ボトルキープが半額である。
だから、混雑が予想される。到底、休むことは出来ない。
じつは、ママも風邪を引いているうえに、足を捻挫して骨折しているのだ。
みんなが頑張っているのに、ここぞというときに仕事に穴を空けることは、仕事でしんどい思いをするよりしんどい。

さて、問題のKくんだが、今日、彼が《W》に来る確率は半々だと思っている。
彼の仲間たちは、ボトル半額に魅力を感じているだろから、「どや、K、今日は《W》に飲みに行こやないか!」と彼の背中を叩いて、彼が「おう! 行くで行くでぇ!!」と威勢よく返事する様子も想像出来る。

だが、今日来てもらっても、わたしは彼に合鍵を返すタイミングがつかめないかも知れない。
忙しいときのわたしは、大抵ボックスとカウンターを行き来している。
鍵を返すのは、わたしがカウンターに入っていなければ出来ないことだし、なるべく人目につかないようにしたい。
だから、わたしの気持ちとしては、(今日は来ないでくれ)である。
それでも来たら来たで、その場の状況に合わせて行動するしかない。

Kくんはその後、なにも連絡して来ない。
さすがに、なにかおかしいと感じている様子だ。
なにしろ、わたしが最後に彼にメールを送ったのは、19日夕方――4日前である。
部屋からアイロンが、バスから化粧品がなくなっていることに、もう気づいただろうか?
いま、なにを考えているだろうか??

もしこれがドラマなら、今夜がクライマックスである。
クリスマスで賑わう人々のなか、逆上したKくんが大波乱を起こすわけだ。
飛び散るクラッカーの雪、砕けるグラス、飛び散る液体、叫び声、取り押さえようとする人々、…、
やがてKくんは取り押さえられ、わたしは傷つき、祭りは終焉を迎え、寂しさだけを残して人々は散り散りに帰っていく。…

とまあ、三文小説みたいなことを書いてしまったが、現実としては、穏便に、慎重に、彼のプライドを傷つけないように、コトを進めていこうと思う。
そしてすべてが終わったとき、わたしはおそらく、祭りのあとのピエロのように、笑い顔のままくったりと壁にもたれて、へたりこんでいるだろうと思う。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。