FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

家族全員が起こされる。

20090601091030
ゆき妹だが、まだ躁状態が治らない。
興奮を鎮める薬リーマスは、効くまでにやや時間がかかるようなので、効くのを待つしかない。

一昨日の晩は両親、昨日はわたしを含めた全員が起こされた。
正確に言うと、昨日はゆき妹は父を起こそうとしたらしいが、物音でわたしと母が気づいてしまったのである。

「…起きてる?」
とこっそり妹が言うので、昨日の一回目はわたしは起きて、彼女のために食パンを焼いてやった。
彼女はいま、殆んどごはんが食べられなくて体重が激減している。食べる気があるときに、食べた方がいい。
追加眠剤を飲んだあと、彼女は煙草が吸いたいと言い出したので、玄関先までつきあった。
なにしろ、「眠くない」と言いながら、ボ~ッとしていて、火なんか使わせたくない感じなのである。

「夜、起きて一人やったら、誰かとしゃべったりせんとしんどいねん」とゆき妹は言った。
「でも、なにもせん方がいいと思うよ」とわたしが言う。
そんなわたしは、目が半分閉じてボー、完全に寝ぼけていた。
「いま頓服飲んだから、もう一回寝れるよ」と話し足りなそうな妹を寝床に誘導し、サテと自分も寝なおす。

すると今度は2時間後だった。
午前3時に起きてきて、またガサゴソやっている。
このときは、両親も起きてくる。

わたしにとっての最後は、午前5時、たまたま目が開いたらリビングでゆき妹が話す声が聞こえたときだった。
どうやら、午前3時から寝ていない様子だ。
母が相手をしている。
わたしが寝ぼけ眼で「大丈夫?」と言ったら、母は疲れた表情で「ゆみは寝とき。あんたまで悪くなったら、お手上げやわ」と言った。
確かにそうやな…と思い、寝なおす。
ゆき妹は、明日もどこかに出かけたいくらい元気で爽快だ、とぽよ~んとした目つきで訴えるのであった。
なんか、ヤバイ感じがする。

このままだと、彼女もろとも家族共倒れになるんじゃないか。
わたしは危惧を覚えた。
リーマス、早く効いてくれるといいけれど。

(↑クリックして下さると励みになります。)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。