FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

『シビル』を読んでから

20090611182403
昨日あたりから憂鬱になって、今日はなんだか自分が空っぽになってしまった虚しさを覚えている。
わたしは、精神安定剤と頭痛薬を飲み、ビールを飲んだ。
一緒にしたら駄目なんだけどな、ほんとうは。

一昨日から昨日にかけて読んでいた本は、『シビル(失われた私)』だ。
1950年代~1960年代にかけて、シビルという名の多重人格者が、16人いた別人格を統合していく、ドクターと彼女自身の闘病物語であった。
ダニエル・キイス著『24人のビリー・ミリガン』の親とも呼べる作品である。

そんな精神疾患の本を読んだせいなのか、わたしの神経はいたくまいってしまった。
いまのわたしには、内容が重すぎたのである。
まったく、わたしは自分が読む本まで制限しなくてはならないのか。

今日は頭痛がして、少しも気分がよくない。
わたしは、入院中に知り合った、多重人格(解離性障害)のEちゃんを思い出す。
そして、チャットで知り合った同じく解離性障害のNちゃんを。
どっちも、天使みたいにいい人だった。
でもその陰には、彼女らの悲しみや怒りや自殺願望を受け持つ別人格がいたはずである。
恐らく、幼い頃に親もしくは近親者から虐待を受けた彼女らは、精神を分割することで、耐えがたい苦痛から逃れたのだ。
そのことを思うと、やりきれない。

自分は人のことを気にするくらいの余裕がないのはわかっている。
でも、わたしの10年に及ぶ闘病は、どうしても精神疾患をもつ人の苦しみに寄り添ってしまうのだった。

(↑クリックして下さると励みになります。)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。