FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

古本屋巡り

20090613182624
脳みそがインプット期に入ったので、昨日から古本屋巡りをする。
昨日買ったのは、飯島愛の『プラトニック・セックス』と、田辺聖子のエッセイだったが、前者はこころになんの感動も残さず、「あ、そう…」で終わってしまった。
著名人の自伝的作品として、どうしても比べてしまうのが、内田春菊の『ファザーファッカー』なのだが、後者はさすがに直木賞候補に上がっただけあって、読みごたえがあった。
飯島愛とは別物である。
わざわざ自転車に乗って、なんでそんなもん買ってくるんだって感じだが、駅前のさびれた本屋の上にある古本屋!には、さして読みたいものがなかったのだ。
唯一、読みたいなと思ったのが、本屋の方にあった田村某の『ホームレス中学生』だったが、これを新刊で買う気はしない…リリー・フランキーの『東京タワー』も同様である。
ただ、前述二つはあまり古本屋で見かけない。
わたしの見ている場所が悪いのだろうか?
でも、なんとなく側に置いておきたい本と、そうではない本があるのはわかる。

そういうわけで、わたしは今日も別の古本屋へ出かけた。
あっついのに、また自転車に乗って20分くらい…。
そこで仕入れたのが、上画像の本たちである。
『ダ・ビンチ・コード』なんて、いつ流行った本だ…。
でも、3冊315円はお買い得である。
案外、たっくさんの古本があるブックオフでも、やっぱりコレ!という本は揃っていないのだった。
あるいは、わたしがあまり体調がよくないので、読めそうな本が限られているせいかも知れない。

ともかくこれで、数日間はジタバタせずに済みそうである。
これで安心して、本の山のなかでわくわくしながら、別世界に入り浸ることができるというもんである。

(↑クリックして下さると励みになります。)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。