FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
4

『対岸の彼女』を読む。

20090615200926
わたしは学生時代、女の子同士でつるんで遊ぶことはあっても、ベタベタトイレにまでくっついて歩くような関係をつくったことはない。
女の子集団の習性――過剰なベタベタと、その表裏一体となっている裏切り観念――がどうも好きになれなかったのだ。
グループ意識はあったが、それはおもにクラブ活動に基づくもので、決して自分が一人にならないためのグループではなかった。
当時は、いまの子ども社会みたいに、集団に属さないことの怖さなんてなかったのである。

かのように、女集団が嫌いだったわたしは、滑り止めで受けた私立の女子高を下見に行ったとき、この高校にはぜーーったい入らない!とこころに決めた。
ちょうど下校時間で、路上を女子高生で埋めつくされている初めての光景を見て、「アリンコ集団!」とぞっとしたのである。

そういうわたしが、今日読んだのが、角田光代著『対岸の彼女』なのだが、あまりに女々しくて(誤用)身体がねばねばしそうだった。
もう、いたるところに女の子、女同士の関係が綴られているのである。
この既視感は、まさにあの女子高生軍団をみたときのものであった。
うげっ、ぞっとする!

でも、物語そのものは悪くないと言わねばなるまい。
現代と過去が輪唱のように語られ、やがておだやかなラストへとつながる。
未婚、既婚、立場によってなにもかもが変わってしまう女の世界を、よく描ききっていると思う。
主人公の夫が、悪しざまに描かれているのも、現代日本文学のお約束であろう。
しかしこの「お約束」、年月が過ぎ去れば、かなりクサイものになるんじゃないかな。
いま、学生運動時代の若者群像を読まされたときみたいに。
現代夫を、働く女の敵みたいに描くのは、なんか危険な気がする。

ところで、この作家は、こういうものばっかり書いているんだろうか。
ほかの著作もチラ読みしたが、女の視点で描くことが多いのかな??
女臭い小説は、いや漫画だって、わたしは好きになれないのである。
そういう傾向なので仕方ない。

(↑クリックして下さると励みになります。)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。