FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

目元のケア化粧品とか

keshobin

目の下のくまというか、たるみがなくならないので、悩んだ挙句、アイケア化粧品を購入することにする。
でも、いったいどれがいいんだか、さっぱりわからん!!

薬局でわたしはずいぶん迷った。
結局、2,000円くらいのヒアルロン酸入りアイジェルと、炭酸ガス配合のアイパックを買ってきた。
こんなもんで効くんかいなー。
わたしは、さっそくそれらを使ってみた。
目元がピンと張る? あんまりそんな感じがしないが。
保湿効果はありそうである。
でも、べつに乾燥しているわけじゃないんだけどな。

ただ、こういうものは、つけて即たるみがなくなるとしたら、それはたぶん接着剤であり、ふつうは有効成分が効くまで何週間か使ってみなければならない類のものだろう。
そういえば、故スズキソノコさんとか近藤マッチとかって、目じりを必ずしっかり隠してたけど、あれまさか目じりにテープ張ってたんじゃないだろうな。
近藤マッチなんて、数年前にちらっとしか見ただけだけど、コンサートで激しく動いているのに、髪が目じりにぴったり張りついて離れなかったんだよ。
ネットの片隅で陰口叩かせてもらうけど、あれはテープかのりを使ってたんじゃないのかなあ。

このように、自分の気になるところは、人のを見ても気になるものである。
ゆき妹は、わたしに「目の下がどーとか言うよりも、問題は、無表情とか、あとアゴやろ」と言う。
そうなの…わたしにはエラがないばかりか、耳元からアゴにかけて途中で多少へっこんでいて、エラ削りの整形手術失敗例みたいなカーブなのである。
でも、さすがにアゴのないのだけは、どうにもしようがない。
たぶん、小さい頃、あまりごはんを食べなかった(=噛まなかった)ことが原因の一つだと思っている。

だから、ゆき妹の言うように、たぶんわたしは気にしすぎなのだ、てか気にするべきところを間違っているのだ。
わたしだって、他人の美容整形の before-after を見たら、「おい、直すべきはそこじゃないだろう…」と突っ込みたくなることがある。
こんなに顔が垂れてるのに、鼻かい! とか、鼻を高くした代わりにほうれい線が出ているのに、それは気にならないの? とか。
自分のことは棚に上げておくが、ほんとに人が気にする自分の顔の部分って、わからないなあと思う。

ただ一つ思うのは、「歳を隠そう」根性が見えると、化粧にしろカツラにしろ駄目ですな。
むかし、上品なオバサンは、なんでみんなグラデーション色つきメガネをかけているのか、あれをかけているだけで若くてもオバサンに見えるのに、と思ったことがある。
いま思えばあのサングラス、目元のシワ・たるみ隠しじゃないかな?!
気持ちはわかるけど、隠そう根性のために、余計年齢がわかってしまう悲しさである。
紫外線予防のためのグッズなんかも、つけすぎると危ないな。
ヨーロッパ中世時代の疫病対策じゃないんだから、というくらい全身くまなく隠しているのは、あれは、若さを保とうとして逆にオバサンになっている例かと思う。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。