FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
8

顔のメンテナンスの日

kao2

美容の日々である。
今日は、写真の自分撮りをして、昔の写真と比べてどこが違うんだろう? と考えていた。

なんか、昔はにこっとするだけで見れたものだが、いまは同じにっこりでもどっか間が抜けているのである。
そして、わたしは気がついた。
眉毛と目の間の距離だ!
もしかしたら、年齢とともに、わたしの上瞼は、下がってきているのかも知れない。

それで、眉毛と目の間を縮めるために、わたしは眉毛の上を剃った。
そんで、眉毛の下にアイブローを入れた。
おっ。眉毛と目の間が縮まった。
ちょっとくどい顔になるが、この気難しい表情には、それが合っているかも知れない。

かくしてわたしは、哲学者でもないのに、哲学者のような気難しい、神経質そうな顔を手に入れたのだった。
あ…いや、哲学者が気難しい顔っていうのは、偏見だな。
キルケゴールみたいに、毎日同じ服を着て、同じぼろ傘を持ち歩いている、ノーテンキな? 哲学者だっているのだ。
でもわたしは、ノーテンキじゃないのにノーテンキな顔をくっつけて歩くのは、なんかやだ。
それで、今日の美容教室のテーマは、「気難しい(≒賢そうな)顔にする」ということになったのである。

いま、目指す場所は、「毎日、頭脳活動をしているがために、目の下にくまが出来てしまった人」である。
我ながら、すっごくアホらしい。
でもねえ、顔って、女性の場合とくに、たまに点検して、おかしいなと思ったところは修正していかなきゃならないと思うのよ。
でなきゃ、いまだに一昔まえの化粧法や髪型で、なんか歳だけとって「取り残された人」になりかねないと思う。
自分の顔、たたずまいに、ある種の「哲学」がなければ。
歳をとった女性は、とくにとくにである。

点検期間は、わたしの場合、何ヶ月だか何年かおきに必ず来て、その日々はそればっかりやっている。
期間は短くて、せいぜい数日間だ。
アホらしいけど、これはやっておかなきゃならない。
女で生まれたことの宿業だーとさえ思う。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。