FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

東国原知事の動向について

20090713_higashi

<東国原知事>師匠たけしさんの「宮崎に帰れ」を「重く受け止めたい」(毎日新聞)

東京都議会議員選挙での自民党惨敗を受けて、東国原知事の動向が注目されるところだったが、この人はやっぱりという感じで、国政転身について及び腰になってしまった。
もうほとんど、自民党を改革するみたいな感じで動いていたと思うのだが、あまりの惨敗に身をひるがえした体である。

ビートたけしに、「宮崎に帰れ」と言われて、「重く受け止める」ということは、たぶんもう、自民党とは組しないという意思表示であろう。
しかし、たとえ自分が刺客となって自民党を変える! → 地方分権をすすめる、という構想があったとしても、今回の自民党惨敗を予測できなかった時点で、この人はもう×である。

よく言えば「利用された」、悪く言えば「自信過剰すぎた」である。
もう、国民は、東国原知事をかつてのように、地方分権の柱になる人だという認識はしないだろう。
橋下知事と一緒に、地方分権をすすめれば、好感度大だったのに…。
自分1人いれば、自民党は変わると思っていたらしいあたりなんか、もうほんとの盲目状態である。

今後、こころを入れ替えて、また宮崎復興に向けて努力して欲しい。
いまなら、まだギリギリ大丈夫かも知れない。
霞ヶ関をぶっつぶす! みたいな爽快な構想を練ってもらいたいもんだ。
万が一でも、いまの自民党で国政をやるなんて決めたら駄目だよ。
だ~れも、そんなの応援しないから。

さて、偉そうに自分なりの感想を書き連ねてしまったが、ほんとは政治に疎いわたしなので、こんなことは書きたくないのだ。
でも、東国原知事のことだけは、なんか気になって仕方ない。
大阪の橋下知事もがんばっていることだし、いままで庶民が知らなかったお国のシステムを全国に知らしめ、それを改善していって欲しいものだ。
いちおー、これでも応援してるのよ。
どうにもならない国政を、なんとかならないのかっていう、一縷の望みをかけて。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。