FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

美容院でさっぱり☆

hana12

両親に連れられて、通院する。
…が、今日はなぜか混んでいたので、予約していた美容院の方へ先に行った。
平日の午前中の美容院って、ものすごく暇そーである。
あっちこっちからスタッフが現れて、ドライヤーも2人がかりという大盤振る舞いであった。

わたしがアレルギーで髪染め出来ないという話に始まり、ストレスに関する話題が展開する。
「わたしもねー、大阪に来た直後はストレスのせいか、身体じゅう、ぶつぶつが出来たんですよ」と美容師さんA。
「へー」
「僕もね、大阪に来てから、なんか頭皮がぴりぴりするようになって」と美容師さんB。
「えーー。やばいでしょう、それ」
「うーん(ぶおーっとドライヤーの音)」

わたしはじつは、美容院にてわあわあと話をするのがしんどいのだが、聞かれると、べらべらとしゃべる癖がある。
なんかな…、新人の人ほど、饒舌な気がするのだ。
本物の職人は、余計な話をしない。
だから、一生懸命な新人さんには、とりあえず話を合わせようというのが、わたしのスタイルだ。

それで、美容師さんの就職試験には最近、面接だけじゃなくて、筆記や実技を含め、3次試験まであるという話まで聞いた。
「ここ(美容院)のレベル、最近上がってるんですよ」と美容師さんAが言う。
うーん。そういうもんだよね。
理学療法士の就職でも、ここは難しいとかここは簡単とかあるもんね。
技術職って、ほとんど全部がそうじゃないのかなあ。
美容院にしろ病院のリハ室にしろ整骨院にしろ、お金を払って受ける側としてはやっぱ、いい技術を施術してもらいたかったら、穴場はともかく、それなりのところに行った方がいいのかなと思ったりする。

今日の職人美容師さんはアタリであった。
わたしは、今後少しでも無駄遣いをなくすべく、前髪を短めに切ってもらおうとしたのだが、「これ以上はやめた方がいいです」とはっきり言ってくれた。
そういうアドバイスが欲しいんだよねー。
素人は、髪を切った瞬間、全体のバランスなんかわかんないんだからさ。

あとで鏡を見たら、確かにこれ以上はやばいよなというくらいに前髪が出来ていた。
うん。これで3月まではもつな。
今月から、わたしは節約生活に入るつもりなのである。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。