FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

眠りかけのエントリー

kusuri6

朝からいつもの通院。
混んでいなくて、助かった…。

今日のわたしは、とてもしんどかった。
診察室に入るなり、腰もかけずに「しんどいです…」と訴える。
担当医Kっちは、即座にカチャカチャと電子カルテを書き始め(←この人、患者の口調まで全部その通りに書く)、わたしはそれを無視して、「もう、生活が破綻しています。風呂に入れません。掃除なんか一回も出来ません。買い物になかなか行けません。パソコンを立ち上げるのもしんどい日があります。一日じゅう寝ていて、もう生きているだけです」と、本音を矢継ぎ早に語った。

「なんか、やる気の出る薬とか、元気が出る薬はないんでしょうか?」
わたしは、もう何度も繰り返している質問をした。
だが、Kっちはいつもどおり、「薬はこのままやで」と言うだけだった。
そうなんだろうか。
Kっちは、とにかく薬を出さない精神科医なのだと、ほかの患者からも聞いている。
でも、なにか…なにか、ないのだろうか。

診察が終わって、いつもの薬を手に入れたあと、「電機屋に行くで。体重計、壊れてるんやろ」と両親に言われたときは、ちょっと絶望的な気分になった。
確かに、体重計は要る。
だけれども、それ、いま買わなきゃいけないのか。
わたしは、正直言ってとてもしんどい。
でも、わたしは頑張った。
いまマンションにある体重計は実家からの借り物だし、今日買えないと今度いつ買えるかわからない。

それで…、回転寿司屋で腹ごしらえしたあと、電機屋で最も単純なデジタル体重計を3,000円で買った。
体脂肪率が出るのなんか、要らん。
どうせ、誤差だらけのくせに、値段が倍くらいもするのだ、貧困なわたしのためのものじゃない。

帰ってきたときは、ほんとうにくたびれて、もういまだってなんもする気がしない。
することがあるとすれば、世界のどこかに向かって「しんどいよー!」と叫ぶこどくらいである。
なんで、こんなにしんどいのだ。
何年も高熱にうなされているような感覚だ。

(これを書いている最中に、何度も寝かけた。あかん。いったん寝る。)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。