FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

【五輪】男子フィギュアを見て

100219takahashi_daisuke

五輪=フィギュア高橋が復活の銅メダル、「男子初は誇り」 (ロイター)

わたしは、フィギュアスケートファンなので、今日のこの試合だけは見逃したくなかったのである。
一昨日のショートプログラムで、3人が飛びぬけていたので、まー大失敗しなければ、高橋選手は大丈夫だろう…と思っていたのだが、大失敗があり得るのがオリンピックである。

4回転ジャンプがどうやら回りきれていなくて、3回転の失敗ジャンプと評価されてしまったことで、「ううむ、なんか危なっかしいな」と思いながら、試合のゆくえをTVでぼんやり見つめていた。
ちなみに今日のわたしの体調は最悪で、息も絶え絶え・寝ながらの観戦である。
ビールは胃にツンとくるので、ワインを飲みながらエネルギーを得ていた。

結果は3位で、高橋選手は、もしかしたら「銅」じゃ満足しないんじゃないかなと思ったら、すごく喜んでいたのでよかった。
反面、どーしても気になるのが、織田選手の靴ひもちょん切れ事件である。
彼は、演技が終わったら泣くんじゃないかと思った…初めてのオリンピックでまさかの靴ひも切れ・演技中断で減点。
でも、彼は最後まで泣かずにリンクを降りていった…と思ったら、やっぱり舞台裏で記者に質問されて大泣きしていた。
かわいそうになあ。
でもこの人、どっか性格的に詰めの甘いところがあるんじゃないかな。
かの飲酒運転にしても、「まいっか」って気持ちがあったからだと思うし、靴ひも切れもあらかじめわかっていたのに、「ま大丈夫だろう」と思っていたからこそ、そのまま出たんだろう。
「まさか」の事態に備えて、万全を期す、余計な石は先に取り除いておく、という作業を、彼は怠るところがあるのかも知れないなあ。
この教訓を生かして、あと1回、オリンピックに出れるといいんだけれどね~。

しかし、男子のフィギュアスケートは、4回転がカギになる、とか大会前に言われていたのに、結果的に優勝した米国のライサチェクは、4回転を回避した選手だった。
一方、4-3回転を決めたロシアのプルシェンコは、大ミスもなかったのに2位になってしまった。
結局、大きなプレッシャーのかかる4回転に挑むよりも、確実に綺麗な3回転をやった方が、今回は勝ちってことになったわけだ。
男子フィギュアスケートは、しばらくは、こういう流れになっていくのかなー。
ちょっとつまらん気もするな。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。