FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

【五輪】真央ちゃん無念!

100226asada_mao

五輪=フィギュア女子で浅田が銀メダル、キムが史上最高点で金(ロイター)

フィギュアスケートファンのわたしが、今日、この話題に触れないはずがないのである。
正直言って、最初の数組のあいだは、うたた寝していた…。
見ようと思ったんだけれど、なんか眠くて。

鈴木明子選手が出る組からは、しっかり見ていた。
うーん。どの選手も素晴らしいですねえ。
やっぱり、オリンピックにかける意気込みは、他の試合と全然違うなと感じた。

で…、メダル争いの最終組である。
わたしは、もしキム・ヨナ選手がノーミスで終えたら、たとえ真央ちゃんに大きなミスがなくても、なんか負けるような気がしていた。
それくらい、真央ちゃんのプログラムは難しすぎるのである。
完璧にやったら勝つけれど、完璧以外だったら負けるというプログラムである。

トリプルアクセルを2回成功させたのはよかったと思う。
けれど、そのために、彼女は後半の演技のための体力・精神力を使い果たしてしまった。
よくやったね、と言いたいが、本人はまったく納得していない様子。
インタビューにまともに答えられず、ずっと泣いている姿は、あまりに痛々しかった。

……ほんとに…。なんで、世界最高得点を叩き出し続ける、キム・ヨナみたいな天才的選手と同じ歳に生まれてしまったのか…。

それとね、わたしはまえから言っているけれど、真央ちゃんはタラソワコーチ(♀)とは決別した方がいいと思うよ。
女子マラソンや女子バレーボールの話になるけれど、女子選手の場合、男性コーチに死んでも死んでも食らいついていくような練習、そういう形が、なぜか試合でのいいパフォーマンスにつながるんだな。
理由なんかわからんよ。そういう結果が出ているだけ。
それに取材を聞いていたら、真央ちゃんがタラソワコーチに見てもらっている時間は、すごく少ない。
一人でやっているようなものだ。
荒川静香が、はじめタラソワコーチに見てもらっていたのを、途中でニコライコーチ(♂)に変えたそうだが、正解だったと思う。
健康に不安を抱えるタラソワコーチのもとに、真央ちゃんがこれからもついていく必要はないと思うよ!

選手は懸命だから、「先生、先生」と言って必死でついてくる。
それにちゃんと答えられる「先生」でないと。
わたしは、今回はほんと、作戦負けだと思っている。
コーチが違えば、キム・ヨナに勝てたとまでは言わないけれど、もう少しいい線いったんじゃないのかな。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。