LIFE,LOVE&PAIN(旧)
FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

アルコール依存症専門病院を調べる。

sake9

で、結局また夕食にワインを飲んだ。
一日じゅう、アルコール依存症についていろいろ調べたのだが、あたまが混乱してしまって、疲れたのである。

それと朝、お酒なしでごはんを食べてみようと思ったのだが、ぜーんぜん楽しくも美味しくもないので、やっぱりビールを飲んだ。
食事だけなんて、味気なさすぎるよ。
空腹を満たすための食事なんて、ただの作業に過ぎない。

J医師からもらったアルコール専門病院のHPも、すべて調べた。
だが、これと思われるのは府内で1ヶ所だけだった。
じつは、もう1ヶ所あったのだが、そこは男性のみ受け付けであった。
なんでだろ…。やっぱり、圧倒的に男性が多いのかな。

そして、さらなる困難が待ち受ける。
病院に訊いてみないとわからないが、治療カリキュラムを見ていると、ビデオ鑑賞だのカラオケだの読書だの、いまの自分に出来ないことだらけだ!
いま、わたしは体調が悪くて、TVの音だって、モノによっちゃーうるさいのにさ。
だいたい、うつ病患者独特のしんどさと、アルコール依存症の禁断症状とを、どう区別するのだ。
わたしの場合、たぶん禁断症状が抜けたあとでも、ずっとしんどいぞ。
そのしんどさを、何年間も引きずって、ボロボロになったあとで、「ああ、やっとうつ病が治った」と思ったときには、すでに高齢になっていて、職もなく金もなく。
いったい、なにが楽しいんだ? そんな人生。
もうすべてが遅すぎる、って感じ。

また、入院の治療カリキュラムを見ていたら、「家族はぼろぼろのはずです」というのが前提になっていて、まーぼろぼろだけれど、それはうつ病のせいであって、アルコール依存症患者に困り果てた家族らとは事情が違う。
なーんか、ちょっとやっぱり違うんじゃないかなあ。
ちなみに、毎日通院して薬を飲むという治療もあるが、わたしの場合、毎日の外出は無理だ。
なんだかな~。
J医師、大げさじゃないのかなあ。

そんなわけで、いまいち入院なんて考えられない現状なのである。
うつ病は治したいけれど、方向を間違ったら、苦しいだけで意味ないしなあ…。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。