FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

上司Mの登場

j_bond

ぐでんぐでんに落ち込んでいたわたしだったが、ある日、『上司M』から、パソコン入力のお手伝いの仕事が舞い込んで来た。
上司Mと名づけたのは、『M』とは、007シリーズにおける、007の上司のコードネームが『M』だからである。
(↑じつは、007シリーズファン。)
べつに、まえに勤めていた会社の上司ではない。

今回、わたしに課せられた任務は、ふつーの文章入力と、ちょっとした英文和訳であった。
今日あたりはとてもしんどくて出来ないが、うつ病というのは、日内変動といって、1日のうちでも、朝は駄目だが夕方以降、元気が出てきたりすることもある。
あるいは、日によっても、「今日は歩いて2分の外出さえ無理だ…」という日と、「今朝は朝から調子がいい」という日に、分かれていたりする。
だから、うつ病患者にとっては、「○日の△時に必ず出勤」というのは難しくて、いつでも自分の体調のいいときにやれる、入力作業のような内職は、とてもやりやすいのだ。

しかし、過去に精神科系のチャット部屋でさんざん聞いたところによると、「内職」をネットで探すと、たいていヒットするのはパソコンの入力関係の仕事で、しかもほとんどがブラックだという。
わたしも、いろいろ訪ねてみたことがあるが、多くのところは、《研修期間》なるものがあって、その間は無給だとか、ほとんど無給に近い状態だったりして、限りなく怪しいのであった。
そりゃ、その人がどの程度の作業が出来るかを見極める必要はあるかと思うが、これだと使い捨てにされる可能性がある。
まー、やった人たちが口をそろえて、「あれは、ほとんどは駄目だよ」と言うんだから、そういうもんなんだろう。

そんななかで、上司Mの指令は、わたしにとって、とてもありがたいのであった。
「やるべきことがある」というのは、力になる。
生活習慣だって、だらだら1日を過ごすのではなく、「この日までにこれだけのことをやる」という目標が出来ると、変わってくるだろう。

わたしは元来、サラリーマン体質で、課題を与えられて遂行することに、生きがいを感じる人間である。
商人や企業家のように、自分の裁量で、なにかを考えたり、造り出したりするのは、てんで駄目なのだ。
ああ…、漫画描きは別だけれどね。
しかし、あれだって、ちゃんと締切日があって、それに向かって、プロたちはうんうん唸っているんだから、自由勝手にやっているというのとは違うよな。

そゆことで、ちょっと、これから頑張ってみようと思う。
「だめだぁ~、やっぱり無理」ってなったら、上司Mに殺しのナンバー・00を外されるかも知れないけれど、それはそのときのことだな。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。