FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ヘルパー派遣問題の続き

soujiki2

市役所に行く。
用事は、自立支援法の病院・薬局切り替え(読み飛ばしていいですよ)、それと、無料ヘルパー派遣相談である。

無料ヘルパー派遣の問題は、簡単に片付いた。
わたし:「あれって、うつ病患者にはしんどいと思います…」
担当者:「そうですね、日にちを決めて家事を一緒にやるっていうのは、しんどいって言ううつ病患者さんはいますね…」

それで、担当者さんは、代わりに有料家事援助の案内をしてくれた。
それは、シルバー人材派遣会社が請け負うもので、要するに、手の余っているシルバーが、家事を1時間1,000円ちょっととかでやってくれるというサービスであった。
いわば民間と同じで、家事の時間をお金で買うというわけだ。
「1時間、掃除して」「1時間半、料理して」とお願いしたら、そのあいだ寝ていてもやってくれる。
ただし、電池の切れたロボットのように、時間が切れたら帰ります、契約以外の仕事はしませんということになる(当然だろ)。

でも、これがわたしのニーズに合っているように思われた。
「1時間、こことあっちを掃除してください、お願いします」
その間は、自分は寝ていてもかまわない。
お金はかかるが、ここは大きな違いですよ。
無料の方は一緒にやるのが基本、しかも○曜日とか、日時を決めて一緒にやれって言うんだもん、ふつーのうつ病患者はしんどいよ、これは。
何回も言うが、これでは、ほんとーの寝たきりうつ病患者は利用出来ない。

ということで、もし、わたしがこの有料サービスを受けるとなったら、当然やって来るヘルパーはシルバーなわけで、なんかお母さんに「ごめんね、掃除も出来なくて」みたいな感じになっちゃうなーと思ったりする。
やって来たヘルパーの腰が曲がっていたりなんかしたら、どうしよう。
「ごめんね、ごめんね、高齢者にこんなことさせて」みたいな感じになっちゃうな、困っちゃうなー。
もしかしたら、嫌味の一つでも言われるかも知れないしね、「どっこも悪くないのに、いい齢してあんた、ちゃんと働きなさいよ」みたいな。

まーこのへんは言われ慣れているので、「へっ、素人にわかってもらおーとは思っちゃいねーよ、わたしがガンガン働いて、勉強しまくっていた時期の話なんて、理解出来ないだろ、あんたに」って、わたしは考えると思うのだが、言われて平気平然でいられるかっていうと、案外そうでもない。
過去の栄光、自分に誇りを持っていた頃の自分を、まったく知らない人間―ーわたしが親にずっと甘えて育ってきたと勘違いしている人間――から中傷されると、「人を根拠なく中傷するてめーなんかより、わたしはずっと上行ってたよ、バカ!」と嫌味返しの一つも言いたくなるわな。

ああ、なんか気分が荒れてきた。よくないな。
ということで、ヘルパー話は、とうぶんおあずけだ。
5日間飲んだクソ新薬《リフレックス》のおかげなのか、気分はやや上昇している。
食欲は出ているけれど、これはふつうの食欲で、異常ではないと実感出来るので、安心してばくばく食べている。
いま考えてもおかしいよ、あの抗鬱剤《リフレックス》の過食症的食衝動の出方は。
明日、通院日なので、新しいクリニックドクター(名まえつけてやらんとな)に、相談するつもりでいる。

該当の記事は見つかりませんでした。