FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

今度は皮膚科

kusuri_atopi

顔! 顔がかゆい~~!!!

昨日から、顔面肌がザラザラになって、ピリピリかゆいなと思っていたが、今朝は起きたときからなんだか我慢できん!!
わたしは午前中、歩いて3分の最寄の皮膚科(わたしは皮膚がとても弱い)へ行った。
ここは、けっこう遠方からも患者が来る、知る人ぞ知るの皮膚科なのである。

うちの母も長期にわたって、ここのドクターのお世話になっている。
母は、ひどい皮膚のアレルギーを持っているのだ。
もとは、白髪染めから起きたらしいが、しばらくの間原因がわからず、身体中に発疹と痒みが出て、大変だったらしい。
いまでも毎日、寝ている間に手を引っかきむしっては傷だらけにし、「あーーかぃい!(大分弁)」と事あるごとに言っている。

そんな常連の母なので、ドクターは、わたしが彼女の娘であることを知っている。
「あなたは皮膚が弱いからねえ…、お母さんもそうやし…、そういう家系なんやろうねえ…」
そう言いながら、おでこの皮膚をカサカサと削り、顕微鏡で見る。
「アトピー…とかね…」
「えっ?! あれって成人型アトピーなんですか?! あんなん、なったら嫌ですよ!!」
「うーん…」
――なんだかよくわかっていないか、悲惨だから黙っておこうって感じなのかな。

「とりあえず、感染はありません」とドクターは顕微鏡から目を離した。
「ワセリンとステロイドを塗って…、あと飲み薬も出します」
「あのお、なにが原因なんでしょう? 化粧も全然してないんですけど」
「春やから、やっぱり花粉とかいろんなもんが飛んでるからね、あと紫外線も強いし」
「うちの双子の妹、ぜんっぜん、こんなの出ないんですよ。アレルギー体質でさえないんですよ。何故なんでしょう?」
「一卵性?」
「はい、顔もそっくりです」
「へえ……、(もそもそもそ)」

家系っていうなら、双子の妹も同じ症状を持っていそうなもんなのに、なんであいつは化粧も毛染めも日焼けも平気なんだ?
まー、一卵性双生児における各疾患の罹患率は、片方発症でもう片方もというのは、よく見る数字が高くて50%くらいで、遺伝子疾患以外で100%っていうのは、あまりないか、わたしは見たことがないんだけれどね。
ともかくドクターは、薬を塗って飲んで、それから1週間後にまた見せに来てください、と言った。
あー…辛い。
顔がかゆいのがまず辛い、その次が医療費がかさむのが辛い。

そんでわたしは、交通費を削減したい精神科の方も、先だって目星をつけておいた、往復500円で行ける某クリニックに電話した。
「セカンドオピニオンって、いくらくらいですか?」
「はぁあ?」
みたいな出だしだったが、状況を説明すると、受付は「ちょうど明日の午後1時45分なら空いています」と言うので、さっそく予約した。
セカンドオピニオンは、健保3割負担だと3,000円くらいらしい。
そのくらいの出費なら、今後のためにも必要だろう。…

……あー…、そういえば、いままでの経過を書いて来いって言ってたな。
どうしよう、長すぎて書けないよ。
2ヶ月前に現担当医Kっちに書いてもらった診断書のコピーを持っていくつもりだけれど、あれとて、完全じゃないんだよなー。
Kっちが知らない時期のことがあるんだよ。

顔はかゆいし、右目は痛いし(←まだ完治していない)、明日の準備もしなきゃいけないし、なんかもー、ヘトヘト。
そういえば、今日、まだなんも食べてないわ(午後7時半現在)。
あと、固定資産税は払った。以上。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。